« 眠りを誘うセルフオイルマッサージとヨガニードラ | トップページ | ブルガリアからやってきた薔薇の精油 »

2012年10月30日 (火)

インナーチャイルドカードのリーディング

インナーチャイルドカードというのをご存知ですか?
アメリカの占星術家、フラワーエッセンスのクリエーターでもあるIsha Lernerさんが作ったカードです。
今年の9月に来日されたIsha のセミナーでじきじきにご指導いただいてきました。
5129d9gv4dl__ss500__2

11月27日のかおりとヨガのワークショップでもご希望の方にミニリーディングを体験していただけます!
また、毎週月曜日のインスパイア吉祥寺での鑑定でも使用しています。
それ以外の曜日は都内で出張鑑定もいたしますので、お気軽にこのブログのメッセージ機能でお問い合わせください。


このカード、本当に絵柄が可愛くて、子供からお年寄りまで、男女問わずどなたでもリラックスして楽しめるんです。
展開したカードの組み合わせで物語ができて、セッションではクライアントの方もストーリーテラーになれる面白さがあります。
タロットというと、死神や悪魔のカードなど出たらドキっとするような絵柄があり (解釈の上ではむしろポジティブなサインであることもあるんですが)、身構えてしまう方もいらっしゃいます。
タロットリーダーがカードを表に返すときに、どきどきひやひやするとおっしゃる方もいますね。
でもこのカードは怖いカードはないので安心してください。

このカードは伝統的なタロットがベースになっているのですが、その中にある叡智は残しながらも、宗教性、教義性、ジェンダーは絵柄からは読み取れなくなっています。
これがユニバーサルににどなたでも親しんでいただける新しい時代のカードである要因です。

更に赤頭巾ちゃん、三匹の子豚、オズの魔法使い、アリスの不思議な旅、ピノキオなどみなさんがなじみのあるおとぎ話のエッセンスが含まれています。
カードからはシンボル、数秘、錬金術の思想、ときにはヨガ的な考えが読み取れ、とても奥深いです。
インナーチャイルドカードがくれるアドバイスは優しく背中を押すように温かいですが、非常に的確でシンクロニシティに満ちてきます。

リラックスして楽しめるので、クライアントの方の心の奥深くにある、もう解放するときがきたものを自然に手放すことができるようです。
セッション後に、ポジティブな変化を起こした方もたくさんいます。

タロットは一般的にはっきりと占うテーマを決めた方がいいんですが、このインナーチャイルドカードは特にテーマを決めずに展開しても、クライアントさんがそのとき一番気になっていることが現れます。
絵柄を眺めているうちに、クライアントさんのハートが開き、話す準備ができたことをお話になるので、私がそのサポートをさせていただくような流れになることも多いです。

私が大好きなピーターパンのカード。
タロットの大アルカナ 7番 戦車に対応しています。
1


初めてこのカードを引いたのは、イーシャさんのセミナーのときでした。
このカードには3人の子供とピーターパンが描かれていますが、セミナーの昼休みに受講生仲間3人で短いアドベンチャーの旅に出て、タクシーで急いで午後のセミナーに戻ったんです。
そのアドベンチャーの旅がとても楽しく、子供に帰るような経験だったので、このカードの持つエネルギーと親和性があったのでしょうね。


|

« 眠りを誘うセルフオイルマッサージとヨガニードラ | トップページ | ブルガリアからやってきた薔薇の精油 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 眠りを誘うセルフオイルマッサージとヨガニードラ | トップページ | ブルガリアからやってきた薔薇の精油 »