« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木)

かおりとヨガ: トゥルシのレスキューバーム作りとゆったり呼吸法

9月のかおりとヨガのお知らせです。

トゥルシのレスキューバーム作りとゆったり呼吸法
9月24日(月))19時半から21時半
場所: インスパイア吉祥寺
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺 南町2-13-4 ユニアスオフィスワン201 (吉祥寺駅公園口から徒歩4分)
受講料: 2500円(材料費、*寄付込み)
お申し込み、お問い合わせ: こちら または こちらから。

今回は毎週月曜日に占いを鑑定している、インスパイア吉祥寺での開催です。
大きなタイルガラス窓が印象的なプライベート空間です。
その日は12時半から19時半までインスパイアのお店に出ているので、ワークショップの前に占い鑑定も対応させていただきます。

インスパイアのサイトでもご紹介いただいています。ありがとうございます!

是非、お友達とお誘いの上、ご参加くださいね!お待ちしています!!

~詳細~
☆トゥルシのレスキューバームとエアーフレッシュナー作り
インドで聖なるハーブ、ハーブの女王と呼ばれるトゥルシ(ホーリーバジル)。
心身への浄化力が高い植物です。
九州の自然農の畑で育ったトゥルシと清浄な井戸水+朝日の光で作ったフラワーエッセンスに、そのトゥルシで作ったチンキ剤をメインに、ホホバオイルや蜜蝋も使ってバーム(軟膏)を作ります。
エアーフレッシュナーにはトゥルシのフラワーエッセンスとチンキ剤の他、空気清浄作用のあるエッセンシャルオイルを使用します。

このバームとエアーフレッシュナーで、心やお部屋をリフレッシュさせ、実りの秋を迎えましょう。

☆ゆったり呼吸法
暑さ過ぎ去った秋は何となく寂しくなったり、バランスを崩しやすいときです。
仕事中や電車の中でもできる、気持ちを落ち着かせる呼吸法を行います。
座ったままで行いますので着替えは不要です。

受講料: 2500円(材料費、*寄付込み)
当日お持ちください。
*お一人の参加費のうち500円を、福島の子供たちの疎開支援を行っているNPO団体、「つなぐ光」に寄付させていただきます。

お申し込み、お問い合わせ: こちら または こちらから。

講師: 文香
アロマテラピーインストラクター
2000年より自宅、アロマテラピー専門学校での講師
ヨガインストラクター
(2011年 ニーマルヨガ ティーチャーズトレーニング修了。2年間、ハタヨガとアーユルヴェーダ、自然療法を学ぶ)
いけばな古流松藤会師範
西洋占星術、タロットリーダー (Fionaの名前でインスパイア吉祥寺にて毎週月曜日鑑定中)

Photo


| | コメント (0)

2012年8月29日 (水)

かおりとヨガのご報告: ヘンプの日焼けケアジェルと夏の終わりのヨガ

先日開催したヘンプの日焼けケアジェルと夏の終わりのヨガのご報告です。
参加者の皆さんに喜んでいただき、本当に良かったです。ありがとうございました!

2

作ったのは日焼けケアジェルと美白用のトリートメントオイル。

21日間カレンデュラやローズ、ヒースなどのオーガニックハーブを浸出させたヘンプシードオイルを使いました。
暑さに強くないヘンプシードオイルの特徴を考え、最初の数日に朝日の間接光を照てるにとどめ、後は冷暗所でじっくりと保管しました。
21日間大切にお世話したのもあり、21日目にさらしで漉したオイルは本当に滑らか。
自然の恵みの愛が一杯でした。
5

日焼けケアジェルにはその他にアロエヴェラジェル、ラベンダーの精油、トリートメントオイルにはホホバオイル、ククイナッツオイルを使いました。
炎症を抑え、ほてりを冷まし、細胞の再生を促したり、皮膚に潤いを与える働きがあります。

日焼けの後はとにかく冷まして、保湿、保湿!
やけどのようなひどい日焼けの場合は念入りに冷やすことが大事です。

このジェルを冷蔵庫に入れるとヒンヤリした触感が気持ち良くて一気にクールダウンします。冷蔵庫に入れるのは変質を防ぐのも目的です。

今は日焼けと汗疹が気になる時期なので、早速作ったジェルを使ったらお肌が落ち着いたと参加者さんからうれしいお声をいただきました。
私もダンスをしていることもあって、今年はたくさん汗をかき、首の周りに汗疹で赤みができたりしたのですが、このジェルを塗って寝たら、朝には綺麗な肌に戻っていました。

ヘンプシードオイルって、本当にすぐれものなんです。
体内で作ることができない必須脂肪酸の不飽和脂肪酸が豊富に含まれます。
成分とその効能を挙げると:
リノール酸(皮膚の再生)、オレイン酸(皮膚の保護)、α-リノレン酸(血行促進、細胞修復)、γ-リノレン酸 (神経性皮膚炎、皮膚の痒みに)、ω(オメガ) -3-ステアリドン酸 (ホルモンバランス、神経、筋肉、血圧の調整)
汗疹が改善したのはヘンプシードオイルの働きが大きかったようです。

ヘンプ=大麻というと、ハッシッシなどの麻薬を想像される方も多いと思うんですが、違法なのは花穂や一部の葉だけであり、成熟した茎と種子には麻薬成分のTHCは含まれないのです。
ただし、大麻草の栽培は都道府県知事の許可を得ないといけず、現在入手できるヘンプシードオイルは海外産のものばかりです。

ヨガの方は、夏の終わりの体を労わることを目的に行いました。
立秋過ぎても暑い日々が続いていますが冷房や冷たい飲み物で意外に体が冷えています。
特に首、手首、足首、腰のあたりに冷えが溜まっている方も多いです。
頭から爪先まで首と名のつくところを緩めたり回すヨガをしました。
また、Swarという鼻の息の強さを呼吸法でバランスさせ、季節の変わり目の心身のストレスを解消する方法をお伝えしました。
Swarについては過去の記事をご覧ください。

次回は9月24日(月)夜、吉祥寺(予定)にて、インドで聖なるハーブと呼ばれているトゥルシ(ホーリーバジル)のエッセンスを使った、レスキューバームやエアーフレッシュナー作りを予定しています。
エッセンスは九州の友人が運営している自然農の畑で育ったオーガニックのトゥルシを使った自家製です。

後日ご案内しますね。

| | コメント (0)

2012年8月 3日 (金)

ヘンプオイルの浸出油 - Day1

8月26日のかおりとヨガのワークショップで使う、ヘンプオイルの浸出油を仕込みました。
日焼けからの回復を促進するハーブと、美白が期待できるハーブを瓶に満杯にいれたところに、静かにヘンプオイルを注ぎました。
材料は全てオーガニックか農薬不使用のものなので安心です。
今日から21日間、朝日や月光が当たる東の窓辺に置いて、ハーブの有効成分をじっくり浸出させます。
2


なぜ21日間ということなんですが、2 つの理由があります。
アーユルヴェーダでは、21日(3週間)が治癒のプロセスの1タームと考えられているからです。

アーユルヴェーダの処方で、色のカラーボトルにセサミオイルを入れて、21日間太陽のあたるところに置いてその色光を吸収させたオイルをマッサージに使うというものがあります。

また、21日という数字は、タロットでも特別な数字です。
大アルカナは22枚ありますが、0番の愚者から始まり、21番の世界というカードで大アルカナに象徴されている人間の成長のプロセスが完了します。
一つの思いを遂げるとか、"完成"という意味があるんですね。
Photo

参加者のみなさんの美肌を願って、21日間大切にオイルの世話をさせていただきます。
このオイルの使い心地を体感したい方は、8月26日(日)のワークショップ、「ヘンプの日焼け後ケアジェルと夏の終わりのヨガ」にお越しください。
すべすべ肌で秋を迎えましょう♪
お問い合わせ、お申し込みはこちらから。

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »