« ドイツのアロマテラピーカード | トップページ | Fionaの吉祥寺通信 3寺目 »

2011年6月19日 (日)

今日のココカラセミナー (養生の大切さ)

今日のココカラセミナーも和やかに終了しました。

前回と同じく、男性の一見さんがお越しになりました。午後から休日出勤とのことで、忙しい時間をやりくりしてのご参加、本当にありがたいです。

ココカラセミナーはストレスコーピングについての座学とヨガの二本立てなので、男性も参加しやすいのかもしれませんね。

いつかサラリーマンのメンズ向けヨガのワークショップをやろうかな。

きっとマインドが強く、体が疲れるのも気づかないまま頑張っちゃう人が多いと思うから。

ノー残業デーに会社の会議室などで。

企画出しますので、ご興味のある企業様はご連絡くださいませ。

今日のセミナーでのヨガは、体をほぐすマイクロヨガの後、太陽礼拝(スリアナマスカール)を何度か繰り返してジワっと汗をかきました。

梅雨のだるさって、体に余分な湿気が溜まっているのも一つの原因。

少し汗をかいてすっきりするのもダルさ解消に効果あります。

その後、口からストローで吸うように息を吸い、鼻からゆっくり吐く呼吸法を。

これはクールな空気を体に取り込み、体内の余分な熱を排出する目的があります。

最後はヨガニードラ。

今日のヨガニードラは、水のエレメントを使いました。

ひんやりした雨粒を顔に感じながら、風に乗って空中庭園まで上って行き、七色の噴水で一休み。そこで女性のガイドに出会い、ハグしてもらう。

帰り際にメッセージを書いた手紙を手渡される。というストーリー。

さぁ、どんなメッセージをもらってきたかなと楽しみにしてたのですが、ほとんどの方が完落ちで気持ちよく寝てしまい、覚えていなかったんです。

みなさんお疲れだったのですね。短時間でしたが深くお休みできてよかったです。

セミナーの後は、参加者の皆さんと健康談義。

実感したのが養生の大切さ

私もよく失敗するのですが運動量が自分のキャパを越えてしまうと、いくら体に良い運動でも逆効果になってしまいます。

漢方で言う先天の腎という生まれ持った生命力はろうそくの炎が燃えるように年々減るばかりです。

しかし、後天の腎は養生することで増やすことができます。

一番手っ取り早い養生は、寝ること。睡眠です。

22時から2時は明日のための体を作る大事な時間。

各種ホルモンが分泌され、新しい細胞が作られ、老廃物もどんどん排出されます。

その間に熟睡すると翌朝のお肌も気分も、体調も全然違います。

特に悩み事が多かったり、怪我をしている方 (腰痛、膝の痛みなど)、ご病気のある方はこのゴールデンタイム睡眠をお試しくださいね。

でも、10時にベッドに入っても眠れない、眠りが浅い!という悩みのある人も多いですよね。

そんな方のために次回、7月24日(日)のココカラセミナーでは、快眠のためのヨガをします。

快眠を助けるアーサナ、呼吸法、それから最近学んでいるタッピングタッチという癒しの技法もご紹介します。

最後は畳の上に横になり、心地よい誘導でヨガニードラです。

眠っているような眠っていないような極上の時間を味わってください。

お問い合わせ、申し込みはこちらから。

261

|

« ドイツのアロマテラピーカード | トップページ | Fionaの吉祥寺通信 3寺目 »