« カラーセラピーその2 | トップページ | 携帯電話3社渡り歩き »

2010年3月14日 (日)

カラーセラピーその3

カラーセラピーの最後はインディゴヴァイオレット

インディゴは太陽(ピンガラ)、と月(イダ)の2つの神経が出会う場所、眉間チャクラに対応する色です。

ここには普段は眠っている第三の眼があると言われていて、直観や大いなる智恵、超自然的な知覚をつかさどります。

眉間のチャクラはメラトニンを分泌する松果体や各内分泌腺からのホルモン分泌をコントロールする脳下垂体に対応しています。

インディゴは顔の周りの器官 (眼、耳、鼻、喉)のトラブルの他、神経の問題にも効果を発揮するそうです。

血流や気の流れを浄化し、コントロールすると言われています。

ニーマル先生によるとインディゴには良い方にも悪い方にも「固める」効果があるので、準備ができてから利用した方がいいそうです。

ヒーリングクライシスのときに使うのには適しておらず、ヒーリングが終わってから、良い状態を確固たるものにするために使う方がよいとのこと。

自分の行く道がこっちと決断し、そのための努力を毎日行うことができるようになったときにインディゴを使うと、更に意志をアップさせて後押ししてくれるそうですよ。

ヴァイオレットは頭頂のチャクラに対応し、宇宙からのエネルギーを取り入れる場所です。

ヴァイオレットはとても波動が高い色。日本の古典の世界でも高貴な方が身に着ける色とされていますね。

また、ヴァイオレットはインスピレーション、ひらめきの色です。

全ての芸術家は既に空気中に存在する何かをキャッチして表現するようなところがありますが、ヴァイオレットはそのための回路を提供してくれるようです。

クリエイティブ系の仕事をしている人にはぴったりですね。

でもどんな仕事でも創造的な側面があるので、何か新しいことを生み出さないといけないときにはヴァイオレットを使うと良いのではないでしょうか。

肉体的には神経の問題全般に効果を発揮します。

ただ、インディゴと同じようにヴァイオレットも準備ができていないと用いるのが難しい色です。

落ち込んでいる人がヴァイオレットを多用すると更に落ち込んでしまうことも。

インディゴとヴァイオレット。どんな色かすぐ思いつきますか?

インディゴは紺色と紫の間?

青よりは赤みが多く、紫よりは青に近い・・・

小学館の『色の手帖』によると、インディゴは「インド藍で染めた色」だそうです。

・・・と言われても難しいですね。

ヴァイオレットと紫(パープル)は同じ色?

実はヴァイオレットは青紫、紫は赤と青が50/50です。

(色の手帖は手元に置いてときどき眺めると楽しいですよ。江戸紫や京紫の違い!がわかったり、文学の中で色の表現がどのように使われているか注釈が載っています)

ティーチャーズトレーニングの授業で各人がインディゴとヴァイオレットと思うものを持ち寄ったのですが、それぞれ微妙に異なる色でした。

要は、インディゴもヴァイオレットもカラーセラピー的には上級者色だということです。

まずはから使って、真実を見分ける眼を養うのが先ですね。

もう迷いがなくなったという人はインディゴ、ヴァイオレットへGO!です。

インディゴとヴァイオレット色を体感するために、キャンドルを作ってみました。

キャンドルの青の色素を多めに入れて濃く青を作った後、その中に赤の色素を少しずつ混ぜていくと、こんなのができました。

045

太陽の下に置くとかなり明るめになってしまいますが・・・

036_2

上の写真の洋梨型のキャンドルの下部はかなりインディゴに近いんじゃないでしょうか。

奥の小さいキャンドルはディープパープルですね。オーラソーマのメタトロンのボトルの色に近いかな。

最近、緑や青のウェアが増えてきました。まずは緑、青を多めに使います。ヴァイオレットは後回し。

004

|

« カラーセラピーその2 | トップページ | 携帯電話3社渡り歩き »

コメント

ふ~む、インディゴとヴィオレットは、行く道が
はっきり決まってから使ったほうがいいのかぁ。
きぃがこの冬、よく着てたセーターの色、ヴァイオレット
かな? まだ決まってなかったのにぃ(^^ゞ
3部作、楽しかったしためになりました。
ありがと~~~(#^.^#)

投稿: きぃ | 2010年3月14日 (日) 19時12分

 3回にわたってのカラーセラピー、最高でした。
 紫は憬れの色ですが、使いこなすにはまだまだ修業が足りないかもしれません。
 それにしても色って不思議です。もし、私たちの世界から色がなくなってしまったら‥‥つまらないし、味気ないですよね。

投稿: corgiville! | 2010年3月14日 (日) 20時39分

きぃさん、ヴァイオレット似合いますよね!
大きな決断をした後だから自然にヴァイオレットを着たくなったのかな。
私は受験勉強をしているとき全身ヴァイオレットでしたよ。

投稿: Fiona | 2010年3月14日 (日) 21時40分

corgiville!さん
そういえば紫系はあまりお召しにならないんでしたっけ?
お似合いになると思いますよ。
日本の色には紫系が特に多いような気がします。日本人の憧れの色なんでしょうね。
昔観た「カラーオブハート」という映画で、主人公が白黒のテレビドラマの世界に迷い込んで「色」を持ち込み、世界がカラフルに変わっていくシーンがありました。色の美しさが強調されていて面白い映画でしたよ。

投稿: Fiona | 2010年3月14日 (日) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラーセラピーその2 | トップページ | 携帯電話3社渡り歩き »