« Love in action~ マザーテレサ映画祭 | トップページ | 梅見には蕎麦 »

2010年2月 6日 (土)

節分と立春は京都で

節分と立春は京都で。

節分は冬の最終日、立春は春の初日。節目になる日を旅先で迎えました。

055

神社仏閣いたるところで節分会をやっていて、しんとした静けさの中にも、華やいだ雰囲気がかすかにうかがえました。

蓮華王院三十三間堂では、ご本尊の千手観音の前を通りかかるとナイスなタイミングで、節分の法要が始まり、私たちも隅の方で参加させていただきました。法要の後は福豆も授与されてラッキー。

Ca371192

20名ほどのお坊さん方が般若心経を一心に唱えてくださり、音のさざ波で心の澱みが洗い流されるようでした。

読経が徐々に遠くになり、観音様と一対一で対話してしまいました。

この千手観音さんにお詣りするのは3回目です。

観音様には千の手があり、迷える衆生をさまざまな方法で助けてくださるそうです。

1回目と2回目はすがるような思いで、ただただ助けてくださいしか言えませんでした。

今回はいつも見守ってくれてありがとうとお礼を言うことができました。

2回目におまいりした後2年半が過ぎましたが、今思うと観音様はいろいろな人を代理として送り、私が元気になるようにサポートしてくれました。

私のヨガの先生のニーマル先生は、神様にお金や物や成功を頼んでも、神様はそれらを持ってないので与えることはできないと教えてくれました。

神様があげられるのは、エネルギーや力だけ。

神様のご加護に感謝した上で、何かをするための力をくださいとお願いするとよいらしいですよ。

三十三間堂の後に訪れた八坂神社では景品付福豆を求める人で混雑していました。

舞妓さんの踊りの奉納もあったようです。

033_4

冬と春がせめぎ合っているような空ですね。

032

|

« Love in action~ マザーテレサ映画祭 | トップページ | 梅見には蕎麦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Love in action~ マザーテレサ映画祭 | トップページ | 梅見には蕎麦 »