« 年のはじまり | トップページ | 執着を越えられるか »

2010年1月13日 (水)

復活したTea Clipper

大好きだった紅茶のお店が閉まったのは何年前だったでしょう。

そのお店が復活しているのを知ったときは飛び上がるほどうれしかった。

吉祥寺の紅茶の名店、Tea Clipper

大学時代によく通った思い出のお店です。

ポットでサービスされるリーフティーは、ティーバックで入れた紅茶しか知らなかった私には衝撃で・・・紅茶の楽しみへの扉を開けてくれたのはこのお店でした。

昼間のみの営業で、夜はバーになっています。

新しいお店はカウンターとテーブルが1台だけでこじんまりしていますが、紅茶の美味しさは変わらず。

以前の常連さんが次々に訪れているそうです。

「昔来てましたね」と、店主さんに覚えていただいていたみたい。

アッサムティーとバナナクリームパイを注文。

Ca371148_2このケーキは昔のお店にもあって、大好きでした。

甘さ控えめの生クリームの下にバナナとカスタードクリームが。

店主さんに伺ったら、南口のGRANNYさんに特別注文して昔から届けてもらってたそうです。

GRANNYさんはデコレーションクッキーが可愛いのでプレゼントに買ってましたが、この2店にそんなつながりがあったなんて。

Tea Clipperが復活するに当たり、GRANNYさんでもバナナクリームパイを取り扱うことになったそうですよ。

昔のお店は駅前の細い小路のおでんやさんの隣の階段を下りた地下にありました。

オレンジ色の照明で、壁には昔のモノクロの写真が飾られ、落ち着く雰囲気。

このお店で恋のキューピッドをしたこともあったなぁ。

ゼミの同級生の男の子と小学校からの女友達を木枯らしの吹く夜に引き合わせ、

惹かれ合っていた二人を尻目に、ジンジャーの利いたスパイスミルクティーを2杯も飲んで長居してしまうというお邪魔虫さんでした。

その二人は翌日から付き合い始め、次に会った時はペアリングをしてました。

何年か付き合って別れたらしい。残念。。

Tea Clipper

武蔵野市吉祥寺本町1-1-2 2F

吉祥寺駅の北側(中央口)に出て、バス通りを挟んだ向かい。不二家の隣のビルの2階。
※夜間は「gasumachi」として営業

最寄駅 : 吉祥寺駅下車 徒歩約1分
営業時間 : 11:00~16:30
定休日 : 月

Ca371149_2

|

« 年のはじまり | トップページ | 執着を越えられるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年のはじまり | トップページ | 執着を越えられるか »