« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月29日 (金)

Love in action~ マザーテレサ映画祭

今年はマザー・テレサ生誕100周年ということで、東京都写真美術館ホールにてマザー・テレサ映画祭をやっています。2010年2月14日(日)まで。

初公開作品を含むドキュメンタリー7本が上映されてます。

私が観た中で、亡くなる前年のインタビューを収録した『マザー・テレサの遺言』、世界10カ国におけるマザーの活動を記録した『母なることの由来』が特に良かったです。

特に後者は、マザーが祈りの人であり、素早い行動の人であったことがよくわかります。

戦禍のベイルートに取り残された身障者の子供たちを救出するシーンがあります。

病院に行くには銃弾の嵐をくぐり抜けなければならず、誰も助けに行こうとはしなかったのです。

それでも助けに行くというマザーに、危険だからせめて休戦しないと通行を許可しないと反対の声が上がります。

マザーはマリア様に一心に祈り、「明日必ず休戦します」と言いますが、周囲はまさかそんなことはあるまいと信じません。

ところが翌日奇跡的に休戦し、餓死寸前の子供たちを救うことができたのです。

このエピソードは本で読んだことがありましたが、実際のドキュメンタリー映像でそのシーンを見て、感動しました。

マザー・テレサのように偉大なる魂を持つ人の祈りの力は強力で、そういう人が一心に祈ったことは必ず現実化すると聞いたことがあります。

祈りは創造の源に最も近いところにあり、目に見えないけれども非常にパワフルです。

私は神様の鉛筆です」とマザーは話してました。

創造の源に完全に身を委ねたマザーの祈りは、真空管の中を通る音のようであり、妨げるものは何もなかったのでしょう。

また、映画の中のマザーの言葉の中で、"Love in action"という言葉がとても印象に残りました。

大事なことは行動の大小ではなく、その行動にどれだけ愛をこめるかだとマザーは言います。

愛は慈悲、思いやりという言葉に置き換えてもいいですね。

どんなに素晴らしい行為でもそこに愛がなければ相手に伝わりません。

例えば疲れている友達に声を掛けたり、誰かにお茶を淹れてあげるなど、日常の一つ一つの行動に思いやりをこめることができたら素敵ですね。

マザーの出生占星図を作成したところ、地の星座が最も多く(10天体中6つ)、太陽星座は乙女座です。

地の星座は現実的で、物事を安定化させる性質があります。

乙女座のテーマは、目の前の人に具体的に役に立つことです。

貧困や病気や災禍に苦しむ人々を前にして、現実的に何が必要か考え、行動したマザー。

路上で瀕死のホームレスの人を施設に連れて行き、その人の宗教に従って穏やかな死を迎えさせたマザー。

具体的」というのが、相手を思いやる、愛をこめることにもつながっている気がしました。

映画祭はバレンタインまでやっているので、是非行ってみてください。

017_2

| | コメント (0)

2010年1月22日 (金)

お茶の香りに誘われて

いただいた一保堂のお茶で、ゆったり午後のひととき。

きちんと入れたお茶は美味しい!テアニンの甘い味がちゃんと出てます。

お茶と一緒に入っていたリーフレットの指示にしたがって、茶葉の分量を計って、ちゃんと80度に湯冷ましして。

普段は湯冷ましなんかしないんですけどね。

1つの茶碗に入れるごとにマイナス10度、60度のお湯で入れる玉露は、3つの茶碗に順番に入れるといいそうです。

京都に行ったとき、一保堂の本店に併設された茶房、嘉木でいただいたおいしいお茶を思い出しました。

お茶のいい香りを味わっているうちに、旅心がむくむくと湧き上がり・・・・

シンとした空気と温かいお茶を味わいに、冬の京都へ行ってきます。

019

| | コメント (0)

2010年1月15日 (金)

執着を越えられるか

ヨガのティーチャーズトレーニングの1年目が終わり、お祝いランチの席にて。

「今年1年学んだことを一人ずつ一言」と先生に言われ、すぐに口をついて出たのが、

「自分がどんなにたくさんのことに執着(Attachment)しているか。

物 (特に食べ物)、人、認められること、失ったもの etc.

そして私の苦しみの多くは執着から来ていることを実感した。」

ということでした。

これは、ランチの席に向かう電車の中でしみじみ思いました。

先生の教えやヨガの練習を通じて自分の人生を振り返り、

あのときもああだった。そしてこのときもと思い当たることばかり。

つい先日は、そのヨガにも執着していたことを発見して愕然としました。

特に失ったものへの執着は長く、ひどく、私を苦しめてきました。

五感を持って生きている以上、悲しむときは悲しむことも必要だけど、

あまりにも長くそれを引きずるのはその対象に執着していることにほかならないのかもしれません。

執着があることに気づくのが第一段階。

あとはじわりじわりと執着から後ずさりしていき、ついには執着を越え (Dettachment)、

そして最終的には、AttachmentもDettachmentも両方を超越するときが来る?

ヨガの古典であるパタンジャリのヨガスートラに vairagyam (Non-Atachment) についての説明があります。

通常の vairagyam は、今まで執着していたものに惹かれはするけど、マインドにNo!と言ってコントロールできる段階。

その段階ではサムスカーラ(習癖のようなもの)にその対象への記憶が残っています。

その記憶はある段階に来ると消失します。

それは、大いなる自己(アートマ、Self) であることの真の平和と至福を味わったときだそうです。

なぜなら、絶対的な至福を経験すると、それまで執着していた一時的な楽しみは霞んでしまい見えなくなってしまうから・・・

本当にそんなときが来るのか、今年は更に一歩前へ!

017

| | コメント (2)

2010年1月13日 (水)

復活したTea Clipper

大好きだった紅茶のお店が閉まったのは何年前だったでしょう。

そのお店が復活しているのを知ったときは飛び上がるほどうれしかった。

吉祥寺の紅茶の名店、Tea Clipper

大学時代によく通った思い出のお店です。

ポットでサービスされるリーフティーは、ティーバックで入れた紅茶しか知らなかった私には衝撃で・・・紅茶の楽しみへの扉を開けてくれたのはこのお店でした。

昼間のみの営業で、夜はバーになっています。

新しいお店はカウンターとテーブルが1台だけでこじんまりしていますが、紅茶の美味しさは変わらず。

以前の常連さんが次々に訪れているそうです。

「昔来てましたね」と、店主さんに覚えていただいていたみたい。

アッサムティーとバナナクリームパイを注文。

Ca371148_2このケーキは昔のお店にもあって、大好きでした。

甘さ控えめの生クリームの下にバナナとカスタードクリームが。

店主さんに伺ったら、南口のGRANNYさんに特別注文して昔から届けてもらってたそうです。

GRANNYさんはデコレーションクッキーが可愛いのでプレゼントに買ってましたが、この2店にそんなつながりがあったなんて。

Tea Clipperが復活するに当たり、GRANNYさんでもバナナクリームパイを取り扱うことになったそうですよ。

昔のお店は駅前の細い小路のおでんやさんの隣の階段を下りた地下にありました。

オレンジ色の照明で、壁には昔のモノクロの写真が飾られ、落ち着く雰囲気。

このお店で恋のキューピッドをしたこともあったなぁ。

ゼミの同級生の男の子と小学校からの女友達を木枯らしの吹く夜に引き合わせ、

惹かれ合っていた二人を尻目に、ジンジャーの利いたスパイスミルクティーを2杯も飲んで長居してしまうというお邪魔虫さんでした。

その二人は翌日から付き合い始め、次に会った時はペアリングをしてました。

何年か付き合って別れたらしい。残念。。

Tea Clipper

武蔵野市吉祥寺本町1-1-2 2F

吉祥寺駅の北側(中央口)に出て、バス通りを挟んだ向かい。不二家の隣のビルの2階。
※夜間は「gasumachi」として営業

最寄駅 : 吉祥寺駅下車 徒歩約1分
営業時間 : 11:00~16:30
定休日 : 月

Ca371149_2

| | コメント (0)

2010年1月 5日 (火)

年のはじまり

遅ればせながらあけましておめでとうございます!

今朝、実家から戻る飛行機の中で、雲海の向こうに富士山が見えました。

雲が多かったので見えないかと思ってたんですが、白い雪を抱いた富士山の姿が目に入ったときは胸が一杯になりました。

故郷から戻って来たのに、ふるさとに帰ってきたような気がして。

普段、日本人としての帰属意識をあまり感じずに生きていますが、一年の始まりに見る富士山、心を揺さぶるものがあります。DNAに埋め込まれているものが発動したような感じです。

今年のお正月のリースは、出来上がってみたら風がテーマになりました。

扇をたくさん作って、鶴を飛ばして凧も揚げました。

リースの全体の形は何だかよくわからなくなってしまいましたが・・・

いい風がたくさん吹いてくる年になりますように!

018

| | コメント (4)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »