« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月26日 (月)

第2回Sunday Lunch

前回盛況につき、第2回 Sunday Lunch を開催します。

Sunday1108front誰でも参加できるピクニックです。

2009年11月8日(日) 12時から日没ごろまで(時間未定。ご参考までにこの日の日の入りは16時40分です)

集合、解散は自由 (雨の場合は木陰に移動予定)
場所:明治神宮の芝生広場

明治神宮宝物殿の近く。JR代々木駅から徒歩8分位、小田急線参宮橋駅から徒歩12分くらい

持ってくるもの:マイ箸、マイカップ、マイ食器、食べるもの
費用:フリー、予約:不要
問い合わせ:info@nirmalyoga.com
        Tel 03-3445-9984
運営:Sunday Lunch実行委員会
主催:ニーマルヨガ

ぬくぬくできるような暖かい格好で来てくださいね。

前回のSunday Lunchの様子はこちら

会場の明治神宮芝生広場への行き方はこちら

Sunday1108back

| | コメント (0)

サンセットは見れなかったけど

サンセットYOGA in 江の島 は降りしきる雨の中で。

来年こそはサンセットが見れますように。

最後まで残ってくださったお客様方、ありがとうございました!

開始時刻と場所を変えてのヨガと瞑想のクラスになり、ご不便をおかけしました。

私は参加せずに傍で見ていましたが、冷たい雨の中、コンクリートの上という決して快適とはいえない環境の中でも、皆さんが熱心に取り組まれているのがよくわかりました。

どんな環境においても平常心を失わないのもヨガということを、お客様に教えていただいた気がします。

主催の江ノ電のスタッフの方々には、天候の急変にも臨機応変に対応していただき、急遽ステージ上にもテントを設営してださったり、本当にお世話になりました。

それから、瞑想中も奏でてくださった竹笛奏者のインドラ·グルンさん、バジャンで同じステージに立たせていただいたニシュチャラ·あやこさん(リードボーカル)、 アーラティ·ももこさん(ハーモニウム)、田畑俊明さん(タブラ)、素敵な思い出をありがとうございました。

バジャンのステージでは最初は緊張していましたが、徐々に集中度が増し、ステージ上のみんなの奏でる声と音と心が一つになりました。

バジャンの歌詞はサンスクリット語です。サンスクリット語の発音自体にエネルギーがあり、正確に発音することで音のバイブレーションが心と体にまでも影響を与えると言われています。

しかし、生まれてから一度もサンスクリット語を話したことのない私たちが正確に発音しようとしてもほぼ不可能。

そんな私たちがバジャンを歌うときはDevotionが大事だと教わりました。

私たちの歌声は江の島の弁天様や龍神様に届いたでしょうか。

歌っているとき、空との距離が近かったです。心も空に近づいていくように静まっていきました。

不思議ですが、悪戯好きのクリシュナのバジャンのときは一瞬雨が止み、女神のバジャンが始まるとまた雨が降ってきました。

最後になりましたが、先生方、屋台のカイラス·ヴィラのみんな、ほぼ休みなくヒーリングとアーユルヴェーダ·マッサージを施術した、Atsukoさん、Makiちゃん、ボランティアのみんなお疲れさまでした。

010

| | コメント (2)

2009年10月21日 (水)

ポプリ

先日レイを作った残りの薔薇の花びらや、デンファレ、キンセンカの花びらでポプリを作りました。

本当はシリカゲルを使って乾燥させるそうですが、ドライな10月の空気で自然に乾燥できました。

そういえば最近、お肌も乾燥してきました。ヴァータの季節到来です。

香りづけはローズアブソリュートとサンダルウッドの濃厚なオイルで。

蓋付きのガラスの器に入れて、玄関に置きました。

玄関を通るたびに香りを嗅いでます。

001

| | コメント (2)

2009年10月19日 (月)

カレー at House of Lotus

元麻布にある桐島かれんさんのギャラリー、House of Lotus にて、料理研究家のケンタロウさんご本人が作られたカレーと、フードコーディネーターの柳瀬久美子さんのお菓子をいただきました。

002

限定100名とのことでしたが、あっという間に完売したようです。

ケンタロウさんが夜なべして作ってくださったカレーは、野菜ときのこ、チキンが入っていました。

チキンの出汁を丁寧に取られたのがわかる、優しいコクがあります。

スパイスの組み合わせはインドっぽくなく、懐かしい日本のカレーに近かったです。

でも、簡単には真似できない味です。

005

かれんさんとかれんさんの妹のノエルさんがお料理をよそってくださいました。

21年前にサディスティックミカバンドのステージで見たかれんさんが、私のお皿に蕪のお漬物を乗っけてくださるなんて!感激。

「お天気になってよかったですね」と短い言葉を交わしましたが、弾けるような笑顔でお返事をくださいました。

しなやかで自然体の方。惚れ惚れ。

縁側に座ってカレーを食べていたら、床にムーミンが!

007

House of Lotus はかれんさんが以前ご家族と住んでいた一軒家がギャラリーになっています。

実は1週間前にも来たんですが、家族の思い出が伺える木造の建物に、芝生のお庭が気持ちよくって。一日お留守番したい。。

008

Ca371040_2

| | コメント (4)

2009年10月14日 (水)

サンセットYOGA in 江の島

来たる10月24日(土)、江の島展望台で開催される無料ヨガイベントのご案内です。

サンセットYOGA in 江の島

Sunsetyoga_front_2

江ノ電さん主催、ニーマルヨガ Presents のイベントです。

江の島の展望台にウッドデッキがあるのをご存知ですか?

そこでヨガをしたり、インド音楽(竹笛)、ネパール料理やヒーリング、マッサージを楽しんでいただけます。

当日の日の入りは16時55分。ステージの後方に夕陽が沈みます。

ちょうどニーマル先生のガイドによる瞑想の時間です。

お天気が良ければ、お顔にゴールドの光を感じながら瞑想ができます。

登る朝日と同様、沈む夕陽にも癒しのパワーがあると言われていますよ。

私はバジャン(キールタン)という歌のコーナーに出させていただく予定です。

今、鋭意練習中! 一つ一つの音に心を込めて歌えますように。。

バジャンのリードはニシュチュラあやこ先生です。素晴らしい美声の持ち主!あやこ先生の歌声を初めて聴いたとき、広い麦畑に夕陽が沈んでいく映像が目に浮かびました。

バジャンの歌詞はほとんどが神様の名前 (クリシュナ、シバ、女神など)、神様への賛美の言葉で構成されています。

同じフレーズを何度も繰り返すうちに、音と自分が一体化していって瞑想状態に近づくんです。

バジャンは難しい経典の勉強や厳しい修行をしなくても神様に近づける、一般の人向きの修行方法とされています。日本でも踊り念仏の空也という人がいましたね。

最後のライブはヨガ仲間のMarboさんがDJを勤めます。

この方は知れば知るほどすごい方で、日本人として初めてイギリスのグラストンベリー・フェスティバル(有名な大規模野外ロックフェスティバル)でDJをした人です。

きっと脳みそグルグルになる音を提供してくれると思います!

お料理の屋台は人形町にある、カイラス・ヴィラのネパール料理と、マクロビスイーツ。ネパール料理は辛いのが苦手な人も大丈夫ですよ。

アーユルヴェーダのマッサージセラピストはティーチャーズトレーニングの同級生の真紀ちゃんです。力強いタッチで凝りも解消できますよ。

いろいろと楽しめるので、江ノ電に乗ってふらりとお越しください。

****

日時:2009年10月24日(土)14:00〜19:00
場所:江の島展望台サンセットテラス
参加費:無料 (予約不要) 
*江ノ島サムエル・コッキング苑+展望灯台入場料大人500円/小人250円

プログラム:
14:00〜 オープニング演奏 by インドラ・グルン(バンスリー)
14:10〜 ニーマルヨガ by ニーマル&ナレッシュ
15:25〜 休憩
15:40〜 バジャン(キールタン)by ニシュチャラあやこ他
16:10〜 瞑想ライブ 
インドラによる瞑想的なソロ演奏に続き、ニーマルによるガイドで夕日とともにさらに深い瞑想を体感〜。
17:20〜 DJライブ by Marbo
みんなで気持ちよく踊った後は、最後はシャバアサナでリラックス!

*プログラムは予告なく変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
*マットは基本、ご持参ください。

ブース:
ネパール料理:Kailash Villa
マクロビスイーツ:Vida
ヒーリング:ニーマルヨガヒーリングクラス
アーユルヴェーダマッサージ:相良真紀(ニーマルヨガ)

****

この前、ブログに書いたMadeleineさんが、愛車にサンセットYOGAのチラシを貼ってくださいました。

ありがとうございます!

Ca371048

| | コメント (2)

2009年10月11日 (日)

花に学ぶ

花の美しさは無償の愛そのもの。

大事な命を差し出してくれているのだから、人間の私は敬意を払って活けて、その美しさを愛でてあげようと思います。

このところ花と縁が深い日々が続きました。

先日、尊敬する方のお誕生日に薔薇の花を使ったアレンジを作りました。

イメージするカラーが、朱色、インディゴ、黄色なので、

赤はザクロの実、スプレーバラ、蘭、インディゴはリンドウ、黄色はキャンドルで表現しました。

花の隙間は緑色の葉は、うちのベランダのローズゼラニウムとニームの葉で埋めました。

アレンジを作っているときは、瞑想しているときより集中しています。

一つ一つの花の美しさが引き立つように、用意した花が無駄にならないように、小さなパーツも活かして挿していきます。

002

9月末にはいただいたオータニの優待券でお泊り。

友達が買ってくれたピンクの薔薇の花を部屋に飾って、ヨガや瞑想の練習をしました。

薔薇の存在が部屋の空気を和らげ、練習も集中できました。

020_2

滞在中、アロマのセラピストであるお友達から薔薇づくしのフェイシャルマッサージを受けました。

良い香りとやさしい指先の動きに包まれて、忘我のひととき。

本当に気持ちよかったです。

私は習ったばかりのハワイのカヒロアというヒーリングを友達にしてあげ、お互いに癒し技を交換です。

(カヒロアは火、水、風、石、植物、動物、人間の7つのエレメントを象徴するタッチで、意識レベルに願い事を植え付け、動かしていくヒーリングです。興味がある人は、施術させていただきますのでご連絡ください。)

10月5日は、うちのヨガスタジオのナレッシュ先生の30回目のバースデーパーティーでした。

お祝いにフラを踊ることになり、素敵な30代になるようにとの願いを一針ごとにこめながら、生花でレイを作りました。

使用したのは白いデンファレ、黄色いバラ、黄色い蘭、バラの花びら、ゼラニウムの葉、ポイントにククイナッツ。

バラの花弁はその前日に女神のプージャ(儀式)を受けたときのプラサードです。

レイを首に下げ、女神の恩恵に包まれて2曲踊りました。

1曲は自分で振り付けをしていましたが、曲が始まると全部忘れてしまい、即興の踊りとなりました。はっきり言って、どう踊ったのか覚えていません。

でも不思議と体が軽く、音に乗って踊りそのものになれたときが一瞬だけありました。

気持ちよかった。

最近、私の踊りに対する考えが徐々に変わってきました。

今まではもっと上手になりたい、もっと自分を良く見せたいと踊っていました。

だんだんとその思いが自分を縛り、踊るのが苦しい時期がしばらく続きました。

自己表現も踊りの醍醐味ですが、それだけではないんじゃないかとどこかで予感していました。

花は自分のために咲いているのではなく、美しさを他者に捧げるために咲いているように思います。

プージャのときに、女神に自分を捧げる喜びに打ち震える花を見て、そう確信しました。

いつの日か、花のようにエゴを取り外して踊れるようになりたいです。007

| | コメント (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »