« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月29日 (火)

目黒川沿いの Madeleine

中目黒で友達と食事をした帰りに、目黒川沿いをブラブラ。

暗がりの向こうにポッとともった灯りに引き寄せられ近づいてみると・・・

車を利用したカフェ Madeleine でした。

Ca371025

クリーム色に丸っこいカーブがかわいらしい車が駐車場(借りているそうです)に停まっています。

「あ、ワーゲン!」と言ったら、ほかのお客さんから、

「ルパン三世がカリオストロの城で乗ってたフィアット(500) だよ」と声が掛かりました。

周りに白いカウンターテーブルが何台か置かれ、お客さんたちが寛いでいます。

野外ですが、フワーッとした空気が漂い、居心地がいいんです。

なぜかお客さんは全員男性。優しい雰囲気の方ばかり。

店主さんのほのぼのした人柄に惹かれて集まっていらっしゃるのでしょう。

何と、7割くらいは名前を知っているお客さんとのこと。

近くのお客さんだけでなく、遠くからここに来るためだけに来る人もいるそうです。

東京を離れるお客さんが、最後にここにご挨拶に見えることもあるとか。

その人の東京の思い出の多くのシーンに、この Madeleine が登場するんでしょうね。

1杯、1杯丁寧に煎れてくださるので、カウンターに「お待たせします」のメッセージがありました。

友達はエスプレッソを甘く味付けした、カフェ・マドレーヌを。

私は抹茶オレを、シュガーフリーで蜂蜜入りに変更してもらいました。

お茶の葉の苦味が力強くて美味しかったです。

目黒川沿いは一時期に比べて人通りが少なくなったそうです。

食事をしたお店も、お昼は多いそうなのですが、夜はガラガラ。

この話、他の街でもよく聞きますね。

でもこんな温かいオアシスがあったら、またその街にフラーっと行きたくなります。

Madeleine の営業日、営業時間はブログにて確認してください。

雨が降ってきたらお休みです。

10月は元麻布にある桐島かれんさんのギャラリー  House of Lotus の前で営業ということです。

かれんさんが以前、ご家族と住んでいた洋館がギャラリーになっています。

高校のとき、サディスティック・ミカバンドのコンサートで、かれんさんを間近で見たことを思い出しました。

ギャラリーでお会いできるといいな。

Ca371023

| | コメント (0)

2009年9月22日 (火)

巾着田の曼珠沙華

埼玉県日高市の巾着田の曼珠沙華が見頃を迎えています。

この巾着田は春は桜、菜の花、梅雨はアジサイ、夏は、秋は曼珠沙華とコスモス。

四季折々の花が楽しめます。

巾着田の奥の方にカーペットのように咲き乱れている赤の世界です。

私が行った22日は薄曇の午後でしたが、グレーの空と赤がよく合っていました。

046

お彼岸の頃、血の道のように畦道に咲く彼岸花は怪しいイメージです。

球根の部分にアルカロイドを含み、田んぼを荒らすモグラもコロリの猛毒性があります。

でも、近くで見るととても繊細です。特に蕾が可愛い。

044_3

赤の中に一厘の白い彼岸花。

061

曼珠沙華のお祭りは、10月10日まで。

今がピークですが、早咲き、遅咲きのもあるので、もう少し見れるかもしれませんよ。

曼珠沙華のお祭りは、10月10日まで。

今がピークですが、早咲き、遅咲きのもあるので、もう少し見れるかもしれませんよ。

吊橋の上から見たところ。

077

帰りは阿里山Cafeへ。

オーガニックの食材を使った美味しい料理を出しているお店です。

ここのアップルパイと、キャロットケーキが好きなんですが・・

今日は胃腸お休みデーなので温かい野菜スープをいただきました。

オーガニックの食材も販売していますよ。

074_2

045

| | コメント (4)

2009年9月18日 (金)

バースデーのニコちゃんマーク

9月がお誕生日のお友達2人のバースデーお食事会がありました。

その2人のために作ったのがこれです。005

ニコちゃんマークのペンダント。

手芸やさんで、ニコちゃんマークのパーツとシルクの手染めリボンを買い、ヤットコで丸カンを付けて、リボンを通しただけです。

いつも素敵なカラーコーディネートをされてるIさんは、私の中ではマゼンダやパープル、オリーブグリーンのイメージ。

第2チャクラ強化中のMちゃんには、元気色のオレンジで。

それぞれ同じ色調のお花も付けてプレゼントしました。

今年一年を笑顔で過ごせますように!

パーツやリボンにはいろいろカラーバリエーションがあるので、これから誰かお誕生日の度に作ろうかな。

材料を買ったのは、吉祥寺のCOTTONFIELD というお店です。

ここ、手芸をしない私でも一回入ったらしばらく出て来れなくなります!

国産生地、USAコットンなどの輸入生地や、ボタン、リボン、ビーズ、他所では見たことない可愛いパーツなどがたくさん。

服飾系の専門学校の学生さんらしき人、お子さんの洋服を作るお母さんなどでいつも賑わってますよ。

| | コメント (2)

2009年9月14日 (月)

サンデーの Sunday Lunch

昨日、カラっとした晴天の中、Sunday Lunch が無事終了しました。

前の日は雨だったので、太陽が出てサンデーになってくれてほっと安心。

11時半から17時くらいまで、入れ替わり立ち代り、30名くらいかな。

予想よりたくさん来てくださって、感激でした。

参加してくれたみなさん、ありがとうございました!

友達が友達を連れて来て、美味しいご飯を媒介に楽しい会話の輪が広がりました。

007 以前通っていた、フラの学校のクラスメイトに偶然再会したり、

参加者のお友達が偶然ピクニック現場を通りかかり、彼女さんと急遽参加してくださったり・・

ニーマル先生のインド人のお友達が、罰ゲーム付きの面白いゲームをしてくださったり、

今度、バジャンを習う先生が即席のレッスンをしてくださたり・・・

私たちが輪になって歌っていたら、隣でピクニックしていたご家族の赤ちゃんが手拍子で応援してくれました。

バジャンは、ヒンドゥーの賛美歌のようなもので、リードに合わせて、コール&レスポンスで一小節ずつ歌っていきます。

みんなで歌う楽しさと、繰り返し歌うことで心もチューニングされていくという効果も!

楽しそうな雰囲気が伝わったのか、「何やってるんですか?」と通りすがりの人に尋ねられましたよ。

日曜日、太陽、芝生、美味しい食べ物、そしてみんなの笑顔

これは今の私の幸せのキーワードです。

最初から最後までほぼノンストップで食べに食べてしまい、ちょっと反省。

次回は11月。寒くならないうちにまたやろうと話しています。

004

これは私の友達が作ってきた可愛いお弁当の写真です。

カボチャの皮が葉っぱになってる!

巧みな包丁技に脱帽です。

| | コメント (2)

2009年9月10日 (木)

早朝神宮芝生にて

今年は芝生に本当に縁があります。

Park Yogaフラピク、そして来る13日の Sunday Lunch

照り返しでかなり日焼けしてしまいましたが・・・初夏から夏まで爽快なシーズンを過ごしました。

今朝は頑張って早起きして、Sunday Lunch 会場の明治神宮芝生で早朝の自主練習をしました。

6時ちょっと前には到着。今の開園時間は5時20分です。

澄んだ空気に澄んだ空がいっぱいです。気持ちいい!

008_2

下弦の月を過ぎた朝の月が青い空にもうすぐ沈みそうです。

まだ日の差していない部分が多い芝生には朝露が一杯。

毎朝の処方もできちゃう。

ビルケンシュトック脱ぎ捨て、歩き周ります。草がびっしりだから足の裏も汚れないんです。

016_3 6時半からのラジオ体操を目指して、トレーニングウェア姿のご近所の方がだんだんと集まって来る時間なので、朝早くでも安心感があります。

ここは監視カメラがあり、セキュリティ面もしっかりしています。

飲み会で完徹した後、この芝生の上で上半身裸で寝ていたら、警備員さんがすっ飛んで来たそうですよ。

神聖な場所なので、神様もしっかりと護ってくれますね。

ドコモタワーが見える丘の上に座って早速練習。

019 ラジオ体操が始まるとうるさくなるかなと、いつもとは順番逆になりますが、まず、呼吸法のカパラバティーとナーディショーダンの後に、しばし瞑想

スーッと頬を撫でる風がクールで気持ちいい。雑念が少なく、集中のステージに入れました。

その後、ラジオ体操が賑やかに始まったので軽くマイクロヨガ、アーサナを数個やった後に、フラのベーシックステップと振りの復習。

実はフラのハラウ(教室)を移ったので、周りの生徒さんに早くキャッチアップしたくて。今度は伝統的な踊り(カヒコ)に力を入れて学ぼうと思っています。

帰ってからヨガの先輩のKさんに聞いたら、

ヨガの練習の順番はとても大事で、グロス(肉体)→サトル(精神、見えないもの)の順に手入れ(マッサージ)や練習した方がいいよとアドバイスをもらいました。

宇宙から微細な空気をいただくのに、まず器を綺麗にするのが当たり前ですよね。

次回は、ラジオ体操が終わるまでに身体を動かして、ラジオ体操後、人気が少なくなってから呼吸法と瞑想をやろうかなと思ってます。

楠の木でしょうか、Sunday Lunch でも待ち合わせのポイントにしている大木が朝日を浴びています。

この芝生広場のシンボルツリーと呼ばせていただきます。日曜日よろしく!とご挨拶。

024

練習後、本殿に参拝して本日のお礼と、Sunday Lunchで場所を使わせていただく許可をお願いし、晩御飯の買い物をすませて帰宅。

自宅近くの駅に着いたのは何とまだ9時です。何という生産性でしょう。

神宮で良い空気をたくさんいただいたので今日は断食しつつ、終日自宅でお仕事です。

私のように在宅の方は、生活にメリハリがなくなりがちなので、早朝に運動とか、散歩の習慣を付けると体調のためにも仕事の効率の面でもいいんではないでしょうか。

出勤される方も、ラッシュ前の電車で出発して、どこか気持ちの良いところ経由で会社に行けば月曜日の憂鬱も改善するかも。

いつもは午後に眠くなるのですが、今日は睡眠時間短めだったのに今のところ居眠りなしです。さすが神宮のエーテル効果です。

毎朝は無理だけど、できたら毎朝行きたいな。

寒くなったら辛くなるので、今のうちに!

| | コメント (2)

2009年9月 6日 (日)

Sunday Lunch 会場への行き方

いよいよ来週、9月13日(日)に迫りましたSunday Lunch です。

イベントの詳細はこちらへ。

会場の明治神宮芝生広場は、ふかふか芝生の、本当に気持ちの良い場所です。ここを知っている人はまだ少ないらしく、土日でもチラホラとしか人影がありません。

神様がお住まいになっているエリア内なので、清浄な空気が漂っています。イベント当日は神様を敬う気持ちをもってこの場所を利用させていただこうと思っています。

今の時期、朝は5時20分から開門しているので、出勤前のお散歩にいかがでしょうか。

「芝生広場ってどうやって行くの?」という声もあるので、原宿駅からの道順を書いておきますね。

本殿を抜けて行くので、先にお参りしたい人は原宿駅からどうぞ。

(代々木駅からも行けます。JRの西口を出て、北参道から入り、宝物殿を目指します。)

明治神宮芝生広場への行き方
*「明治神宮宝物殿」を目指して行く。徒歩約15分。

(1)JR原宿駅(千代田線明治神宮前駅) 表参道口に出る。

027_3

(2)右手の橋を渡る。

026_2

(3)明治神宮の入り口右手の鳥居をくぐる。

025_2

(4)そのまままっすぐ行き、酒樽を越えて。

024_2

(5)二股にわかれたところに来たら左に曲がり、鳥居をくぐる。

023

(6)突き当り右に曲がり、本殿の鳥居をくぐる。

019_2

(7)本殿広場の左手の門をくぐる。

020_2

(8)鳥居をくぐり、鎮守の森を抜ける。

021_2

(9)三叉路に来たら一番右の道へ。(宝物殿方面)

026

(10)芝生広場に到着! 小川の手前の大きな木の近くが集合場所。

004_2

005_2

| | コメント (0)

2009年9月 2日 (水)

アーユルヴェーダ的マッサージの効能

ヨガのティーチャーズトレーニングでも、マッサージのところを学んだばかりなので、アーユルヴェーダにおけるマッサージの効能について書いておきます。

マッサージは5元素のうちAirエレメントのトリートメントの一つです。

Air(空気)のエレメントは、QualityではTouch(手触り)、五感では皮膚感覚(触感)を担当します。

施術者が手や腕、場合によっては足を使って、クライアントの皮膚や筋肉の上にTouchを加えると、風(流れや動き)が起こります。

それによってクライアントの末端の毛細血管にいたるまで血流が促進し、プラーナの流れも活性化。筋肉も柔らかくなります。

背骨には中枢神経や自律神経が通っていますが、背骨の周辺をマッサージすることにより、神経のブロックが解き放たれ、浄化されます。

Air はFireを生み出します。

施術者の手がクライアントの身体の上を滑ることにより、クライアントの体表に熱が生じます。また、マッサージで血行がスピードアップすると、血液の中の成分がぶつかり合い、血管の中で熱が生じます。

このというのがポイントなんですね。

熱が血液中の老廃物の排出を促進し、その老廃物は汗や尿として排出されます。マッサージにより血液が浄化されると、酸素が体内の隅々まで行き渡りやすくなり、細胞が生まれ変わります。

また、この熱により、マッサージに使うオイルがすばやく体内に吸収されます。

マッサージオイルは人肌に温めた後、手の中でも体温になじませてから使いますが、これも同じ理由から。

マッサージオイルに使うセサミオイル、アーモンドオイル、オリーブオイルなどの植物オイルの中にはたくさんの栄養が含まれていますから (リノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸、ビタミンE、ミネラル類など)、有効に吸収したいですよね。

セルフマッサージするときも、もみもみ、捻りのストロークの合間に、高速でシュシュシュっと掌を前後に滑らせて熱を起こすようにしてオイルを刷り込みます。

次の部位に移るのはオイルが吸収されて肌がドライになってから。

オイルを塗布した肌をべたべたのままにするのはよくないそうです。

もしマッサージ後に肌に油が残っていたら軽くタオルで拭くか、シャワーを浴びた方がよいようです。

マッサージ中に油性の老廃物が肌の表面に浮いてきますが、べたべたのままにしておくと老廃物が再吸収されることもあるとか。

自己流でやっていたときは、そのうち吸収されるだろうとベタベタのまま外出したりしていました。

あ、今年の夏は腕がこんがりウェルダンになったのですが、マッサージオイルのせいかもしれません!

また、マッサージはアーユルヴェーダの3つのドーシャ(ヴァータ、ピッタ、カファ)のうち、ヴァータのインバランスを治します。

ヴァータ(エーテル+空気)のバランスが崩れると、筋肉の凝りや関節の問題、肌の乾燥、気分の落ち込みなどの症状が起こります。

夏から秋に季節が移っていくとヴァータのバランスを崩しやすくなるので、今の時期からセルフマッサージをしたり、サロンでマッサージを受けるのはとてもいいですね。

長期間マッサージを続けていると、体内に取り込んだオイルが7つの段階を経てオージャスという活力源になるそうです。

マハトマ・ガンジーは健康の維持にマッサージを推奨し、毎日セルフマッサージをしていたそうですよ。

私も毎朝のセルフマッサージを始めて5ヶ月くらいになりましたが、今年の夏は冷房の中でも冷え知らず。徐々に体質が強くなっていっているのを感じます。

毎朝のマッサージは心の贅沢でもあります。

たった15分くらいを割くだけで、幸せ~な気分で一日をスタートできますよ。

008_2

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »