« Sunday Lunch | トップページ | アバヤンガ体験 »

2009年8月28日 (金)

YOGA茶話会

友達と3人でYOGA茶話会。

YOGAした後、お茶とお菓子でおしゃべりタイム。後半の方が実は楽しみだったりします。

ヨガのティーチャーズトレーニングを受けている最中で、まだ先生といえる立場ではないですが、今学んでいることを友達にシェアしたいと思いまして。

教えることで、こちらも学ばせてもらうことがたくさん。ありがたい。

一応先生に了解を取り、「たくさん詰め込みすぎず、楽しんでやれるくらいにしておきなさい」とアドバイスをもらいました。

あと、腰が痛い人がいる場合は、前屈のポーズはしないようにとも。

場所は公民館の和室を借りました。

イグサの香りも芳しく、3人にはもったいない広いスペース。30畳くらいあったかな。

足首、股関節、腰、胸、肩をほぐすマイクロヨガをした後・・・

三角のポーズ、山のポーズの変型バージョン、途中でチャイルドポーズ、シャバアーサナで休憩を取りながら、ねじりのポーズ、魚のポーズでフィニッシュ。

ヨガがほとんど初めてのお友達だったので、肩立ちや鋤のポーズはスキップしました。

呼吸法はアーロンビロン(左鼻から吸って右鼻から吐く、右鼻から吸って左鼻から吐く)とナーディショーダン(途中で息を止めるクンバカのある片鼻呼吸)をやりました。

いつもは先生のガイドに従って呼吸法をやっていますが、ガイドする立場は難しい!

特にナーディショーダンは4秒で吸って、16秒止めて、8秒で吐くので、カウントを正確に、右鼻と左鼻のガイドを間違えないようにするのに気を遣いました。自分でやるときは右左ときどきわからなくなるので!

呼吸法の後、友達は、「鼻からの呼吸法をして、初めて鼻が詰まっていることに気づいた」と言っていました。普段口から呼吸していることがあるのかな。

その後、ヨガニードラでゆるりと。ニーマル先生の誘導によるCDをかけながらです。

ヨガニードラは Yogic Sleep - ヨガ的な睡眠のこと。
シャバアサナの姿勢で横になり、意識を保ったまま、体、感情、心を全て開放していく究極のリラックス方法です。

通常の睡眠では癒せない筋肉の深い部分に蓄積された疲労や、知らず知らずに溜め込んでいた感情的なストレスの解消にも効果的です。

誘導に従って足先から頭の先まで順番に緩めていき、大空へ、海の中へとヴィジュアライゼーションと想像の翼を広げて自由に遊ぶことができます。

意識を保ったままというのがポイントですが、最初はなかなか難しいです。

身体は完全にリラックスしていて、寝ているか寝ていないかの狭間に癒しの時間が訪れます。

ヨガニードラに入る前に、「私はこのセッションの間、決して眠りません」と自分自身に宣言をします。

でも気持ちよくて一気に深いところまで寝てしまうこともしばしばです。

眠ってしまっても奥深いところで何かしら癒しが起こっているようなので、何らかの効果はあります。

ヨガニードラはヨガを全くやったことなくてもできるのでお勧めですよ。

こんな感じで結局盛りだくさんの内容になってしまいましたが・・・

終わった後、友達の表情がいい感じに緩んでいたのでうれしかったです。

二人とも今後新しい展開があるようなので、お家でヨガして心身を労わりつつ、変化の波を乗りこなしてほしいな。

glassyちゃん、ayaちゃんありがとう!

今日受けてくれたglassyちゃんが感想をブログに書いてくれました。

|

« Sunday Lunch | トップページ | アバヤンガ体験 »

コメント

教えながら、カウントしながらの
目配り。上手だったよ♪

あれから、気がついたときには
骨盤を立てるように意識してます

歩いているときだと、なんだか
歌舞伎役者のように、ズイズィ~と
歩く感じに?! ヘンかしら?

投稿: ゆきりん | 2009年8月29日 (土) 00時24分

ゆきりんちゃん、先日はありがとう。
まず腹筋を鍛えると、自然に骨盤が立つようになるかも。
次回は腹筋を重点的に!
歌舞伎役者のような歩き??歩くときは腿の付け根から脚を動かした方がいいんだよね。
かえって疲れるんじゃないかな。

投稿: Fiona | 2009年8月29日 (土) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sunday Lunch | トップページ | アバヤンガ体験 »