« 酸素はトランキライザー | トップページ | 鼻の穴と息の力(つづき) »

2009年8月13日 (木)

鼻の穴と息の力

右鼻の穴、左鼻の穴、どっちが通りが良いですか?

いつもどちらかが詰まっている。または日によって、時間によって通りが良い方が変わる場合もありますね。

どっちかわからない場合は、指でどちらかの鼻の穴を押さえて、もう一方の手の平の上に息を吐き出し、手の平に感じる風圧の違いで判断すると良いです。

ニーマルヨガのティーチャーズトレーニングで学びましたが、この風圧はSwarといいます。

Swarをコントロールする方法は、ヨガの経典でも1つのチャプターが割り当てられているくらい、ヨガでは重要なものとされています。

プラーナヤーマ(呼吸法)は、呼吸をコントロールするだけでなく、呼吸を通じて神経系をコントロールすることも目的です。

脊髄は8の字を横にしたような形をしており、右側にはピンガラー  (Pingla)という神経が、左側にはイダー (Eda)  という神経が走っています。

ピンガラーは陽(太陽)の神経。右の鼻のSwarが強いとき、つまり、右鼻の方が通っているとき、その人は活発な活動をするのに適しています。

スポーツやエクササイズ、肉体労働、食事や入浴、そして夜の生活など。

要はエネルギーをいっぱい必要な活動ですね。

イダーは陰、月の神経。Swarが強いとき、つまり左鼻の方が通っているとき、静的な、落ち着いて行う仕事をするのに適した時間です。

治療や身体のトリートメントを行う、神様を称える歌を歌う、宗教的な儀式を行う、家の建築を始める、旅行を始める、物の売買、種まき、勉強を始めるなど。

神経を鎮め、集中力を要する仕事ですね。

バーゲンに行くときは、左鼻の方が通っているときですよ!その場の雰囲気に飲まれて、安物買いの銭失いをしないためにも。

そして、両方の鼻が均等に通っているとき。たまにありますよね?

脊髄の8の字の真ん中のところに、脳につながる中枢神経が通っています。

中枢神経の場所とはイコールでない、別の場所に、スシュムナー(Sushumna)という管が通っています。

スシュムナーは下は仙骨の神経そうのそばから、脊髄の上の終点(延髄の中)までつながっており、修行を積んだヨギーはクンダリーニというパワーをスシュムナーを通じて上昇させることができます。

クンダリーニについてはまだまだ私には想像の範囲ですが。

両方の鼻のSwarが均等のとき、両方の鼻が通っているとき、このスシュムナーが通っています。

スシュムナーがアクティブなとき、ヨガや瞑想、思索の時間です。

逆に言えば、スシュムナーがアクティブでないときは、深いヨガはできていないということです。

もちろん、ピンガラが優勢なときは活動的なエクササイズとしてのヨガはできます。

イーダが優勢なときは、バランスを取って静止するようなポーズには適していますね。

朝目が覚めたとき、どのSwarが優勢かチェックしてみてください。

私の経験ですが、スシュムナーが通っている状態で目覚めたときは、睡眠が深いことが多いです。普段たくさん夢を見るタイプですが、夢も見ず、寝相も悪くなく、深い休息が取れています。

また次の記事で、Swarを切り替える方法を書きますね。

Ca370974

|

« 酸素はトランキライザー | トップページ | 鼻の穴と息の力(つづき) »

コメント

ニーマルに習って以来時々チェックしてみています。
クンダリーニとスシュムナーの関係、忘れていました。(2年前にNZのあるパワースポットと言われる場所で瞑想状態に入ったとき、突然、黄色と緑の二つの線光のようなものがらせん状に脊椎の周りを上がるような感じになって、クラウンチャクラに達して、あまりの(美しい)エネルギーに倒れそうになりました。。。)
そぅいえば、滅多に夢を見ず、4時間ぐっすり寝ると満足して目が覚めて、それは睡眠が短すぎ、と周りに言われているのですが・・・自分ではOKな感じなのです。
このような有益情報、またいろいろ教えてくださいね。すっかり忘れてしまっていますので!

投稿: Si-ma | 2009年8月13日 (木) 21時09分

Si-maさん、この前のNZ訪問時の出来事ですよね?黄色と緑のらせんの光!キウィカラーだわ!
素晴らしい体験をされたんですね。
その後のUFO目撃はこの体験につながっているのかしら?
きっとSi-maさんの今までの積み重ねでスシュムナーがクリアになっていたから起こったことだと思います。
その場所の強力なパワーを持ち帰って、ふかーいスシュムナー睡眠してるから睡眠時間の長さは必要ないのでしょうね。
私も新潟のリトリートに行ったときは、1週間くらいそんな感じでした。
ニーマル先生からTTの内容を何でも書いていいと言われています。
私のフィルタを通した情報ですが、よかったらまた読んでくださいね。

投稿: Fiona | 2009年8月14日 (金) 00時19分

えーと、それは2007年の7-8月の訪問の時だったはずです。寒い時期でしたから。カイコウラというところで、UFOの目撃談がたくさんあり、沖に海底基地がある、と現地の人たちは真顔で話すという・・・w
UFOをNZで目撃したのは今年の1月だったかな。今年はUFOをNZと日本と、2回見たことになります^^
これからも日記、楽しみにしています♪

投稿: Si-ma | 2009年8月17日 (月) 08時59分

Si-maさん、カイコウラって宇宙へとつながるポータルのようなところなんですかね。
海底基地! すごい!
UFOといえば、アミを読み返したくなりました。私もアミに会いたいなぁ。
さきほどSwarを切り替える方法について書きましたので、参考にしてみてください!

投稿: Fiona | 2009年8月17日 (月) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酸素はトランキライザー | トップページ | 鼻の穴と息の力(つづき) »