« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

アバヤンガ体験

ニーマル先生の120分間のアバヤンガを2回に渡って受けました。

アバヤンガはアーユルヴェーダのオイルマッサージです。

他所ではアバヤンガを受けたことがないので比べることはできませんが、とても良かったです。

アバヤンガには無数の手法やストロークがあるそうですが、クライアントの状態に応じたオーダーメイドの施術をしてくださいます。摘んだり、叩いたり、ねじったり、流したり、揉んだりetc.

アロマのトリートメントなどリラックス系のマッサージを受けたことがある人は、かなりパワフルなマッサージだと感じるかもしれません。筋肉にしっかりとアプローチされますので。

でも、痛くはないですよ。痛くしてしまうと心がブロックされてマッサージが効果を発揮しづらくなるので、絶えず痛くないか聞かれます。

また、ニーマル先生のマッサージは火のトリートメントではないかと思われるくらい熱くなります。

温めたオイルを皮膚に塗布した後、ストロークの合間に、多分、目にも留まらない速さで掌を上下に動かしますが、誰かが私の上でキャンプ用の火を起こしている?というくらい熱いです。

これはオイルを皮膚の中に確実に吸収させるため、マッサージで生じた熱により、血液中の老廃物排出を促進するためです。

また、ドライフリクションといって、マッサージを施す前にオイルを使わないで肌をアクティブに擦り、血行を促進し毛穴を開かせることによって、オイルの吸収度をアップさせる方法も使われる場合があります。

症状によっては、骨格の歪みへの働きかけも行われます。一度の施術では矯正することはできませんが、マッサージやストレッチ的な施術により骨の周辺の筋肉がほぐれ、骨があるべき場所に動きやすくなります。

また、これはニーマル先生独自の特徴だと思いますが、サトル(微細)な部分でのトリートメントも行われます。

臓器やチャクラ、プラーナ、心など表から見えない部分にも働きかけます。

先生の掌から放たれるプラーナで、不随意筋で覆われているはずの私の腎臓がプルプル反応し、びっくりしました。

2回目の施術では背骨を流れるナーディ(神経)のクレンジングと、プラーナ(気) の調整をしていただいたようで、終わった後は重い荷物を手放したように軽くなりました。

私だけの感想かもしれませんが、面白い体験をしたので書いておきますね。

アプローチされる身体の部位によって、それぞれ異なる感情が湧き上がってきたんです。

肺や心臓のエリアにアプローチされていると、理由のない悲しみが。

胃腸の部分にアプローチされている間は、無性に楽しくウキウキした気分が。

そけい部のときは、身を守りたい、防衛本能が。

顔、頭や髪の毛のときは平和で落ち着いた気持ちが。

身体のいたるところに感情が溜まっているんだなぁと思いました。

アバヤンガを受けた後も数日は反応が続いていて、心身に変化を感じる人が多いようです。

私は最初に受けたときは特に熱を発生させるマッサージが行われたので、夜中に身体が熱くて目が覚めました。マッサージ後も老廃物の排出が活発に続いていたようです。

2回目の後は、サトルな部分への働きかけが多かったせいか眠くなり、長時間のお昼寝をしてしまいました。

本当はお昼寝は短時間にしないとタマシック(不活性)になってしまうのですが、眠りの世界でマッサージの反応の余韻を吸収しているようです。

健康な人は1ヶ月に1回、何か治したい症状がある人は2週間に1度、アバヤンガを受けると健康の増進に効果的だそうです。

そうそう、120分のコースにはスチームバスが付きますが、これも爽快です。

木でできた小型サウナボックスのようなのに首から上だけ出して入ります。

毛穴が開いて汗がたくさん出てマッサージオイルを吸収しやすい状態になりますよ。

ちょっとお高いですが、じっくりと施術してもらえる120分のコースが結局はお得です。

次回は、アーユルヴェーダのマッサージの考え方について書きますね。

005_2

| | コメント (0)

2009年8月28日 (金)

YOGA茶話会

友達と3人でYOGA茶話会。

YOGAした後、お茶とお菓子でおしゃべりタイム。後半の方が実は楽しみだったりします。

ヨガのティーチャーズトレーニングを受けている最中で、まだ先生といえる立場ではないですが、今学んでいることを友達にシェアしたいと思いまして。

教えることで、こちらも学ばせてもらうことがたくさん。ありがたい。

一応先生に了解を取り、「たくさん詰め込みすぎず、楽しんでやれるくらいにしておきなさい」とアドバイスをもらいました。

あと、腰が痛い人がいる場合は、前屈のポーズはしないようにとも。

場所は公民館の和室を借りました。

イグサの香りも芳しく、3人にはもったいない広いスペース。30畳くらいあったかな。

足首、股関節、腰、胸、肩をほぐすマイクロヨガをした後・・・

三角のポーズ、山のポーズの変型バージョン、途中でチャイルドポーズ、シャバアーサナで休憩を取りながら、ねじりのポーズ、魚のポーズでフィニッシュ。

ヨガがほとんど初めてのお友達だったので、肩立ちや鋤のポーズはスキップしました。

呼吸法はアーロンビロン(左鼻から吸って右鼻から吐く、右鼻から吸って左鼻から吐く)とナーディショーダン(途中で息を止めるクンバカのある片鼻呼吸)をやりました。

いつもは先生のガイドに従って呼吸法をやっていますが、ガイドする立場は難しい!

特にナーディショーダンは4秒で吸って、16秒止めて、8秒で吐くので、カウントを正確に、右鼻と左鼻のガイドを間違えないようにするのに気を遣いました。自分でやるときは右左ときどきわからなくなるので!

呼吸法の後、友達は、「鼻からの呼吸法をして、初めて鼻が詰まっていることに気づいた」と言っていました。普段口から呼吸していることがあるのかな。

その後、ヨガニードラでゆるりと。ニーマル先生の誘導によるCDをかけながらです。

ヨガニードラは Yogic Sleep - ヨガ的な睡眠のこと。
シャバアサナの姿勢で横になり、意識を保ったまま、体、感情、心を全て開放していく究極のリラックス方法です。

通常の睡眠では癒せない筋肉の深い部分に蓄積された疲労や、知らず知らずに溜め込んでいた感情的なストレスの解消にも効果的です。

誘導に従って足先から頭の先まで順番に緩めていき、大空へ、海の中へとヴィジュアライゼーションと想像の翼を広げて自由に遊ぶことができます。

意識を保ったままというのがポイントですが、最初はなかなか難しいです。

身体は完全にリラックスしていて、寝ているか寝ていないかの狭間に癒しの時間が訪れます。

ヨガニードラに入る前に、「私はこのセッションの間、決して眠りません」と自分自身に宣言をします。

でも気持ちよくて一気に深いところまで寝てしまうこともしばしばです。

眠ってしまっても奥深いところで何かしら癒しが起こっているようなので、何らかの効果はあります。

ヨガニードラはヨガを全くやったことなくてもできるのでお勧めですよ。

こんな感じで結局盛りだくさんの内容になってしまいましたが・・・

終わった後、友達の表情がいい感じに緩んでいたのでうれしかったです。

二人とも今後新しい展開があるようなので、お家でヨガして心身を労わりつつ、変化の波を乗りこなしてほしいな。

glassyちゃん、ayaちゃんありがとう!

今日受けてくれたglassyちゃんが感想をブログに書いてくれました。

| | コメント (2)

2009年8月24日 (月)

Sunday Lunch

イギリス発祥のBig Lunchというムーブメントにインスパイアされ、イベントを企画しました。

その名もSunday Lunch

知ってる人も知らない人も、太陽の下でみんな一緒にお昼ご飯を食べましょう!というのが唯一の趣旨です。

もちろん無料、予約も不要。

9月13日の日曜日、明治神宮の芝生広場でお会いしましょう!

多分、晴れます。大丈夫。

****Sunday Lunchへのお誘い****

子供からお年寄りまで

みんなとわいわい がやがや

ぽかぽかな太陽と青い空

緑いろの芝生の上で

素敵な午後のひとときをすごしませんか

いつもの仲良しメンバーだけでなく、友人の友人

そのまた友人も集まって、色んな人が集まって

みんなと一緒に。みんな笑顔に。お顔がSUNSUN

しあわせいっぱい♪

おなかもいっぱい♪

ごちそうさま~~

日時:9月13日(日)11時半~(集合、解散時間は自由。雨の場合は木陰に移動予定♪)
場所:明治神宮の芝生広場

明治神宮宝物殿の近く。JR代々木駅から徒歩8分位、小田急線参宮橋駅から徒歩12分くらい

持ってくるもの:マイ箸、マイカップ、マイ食器、食べるもの
費用:フリー、予約:不要
問い合わせ:info@nirmalyoga.com
        Tel 03-3445-9984
運営:Sunday Lunch実行委員会
主催:ニーマルヨガ

Sunday   

| | コメント (0)

2009年8月18日 (火)

弦巻茶屋のミントティー

桜新町駅から徒歩10分くらいの住宅街にある、弦巻茶屋に行ってきました。

真鍮のポットに入った、ミントティーを飲みに。

宗教の関係でお酒を飲まないモロッコでは、客人にミントティーを勧めるのが習慣だそうです。

フレッシュのスペアミントと、少しのお砂糖が入った熱いミントティー。

003

暑さを忘れるような清涼感と甘い後口です。

ガラスのコップでいただきます。

こちらはもともと茶室として使われていた日本家屋です。

お庭はそのまま使われているようで、茶花がひっそりと咲いていました。

日本の家にモロッコから取り寄せた家具がマッチしていました。

お料理はスペイン料理やモロッコ料理。

私たちはモロッコつながりで、魚介類のクスクスをいただきました。

007 010

005

モロッコの雑貨も購入できます。

モロッコ料理のタジン用のお鍋。インテリアとして飾っておきたい。

011

灯りたちも綺麗です。

015

008

021

| | コメント (2)

2009年8月17日 (月)

鼻の穴と息の力(つづき)

前の記事で、Swar (鼻の穴から出る息の力) について、左鼻が優勢のとき、右鼻が優勢なとき、両方の鼻の穴が均等な場合はどんなときかについて書きました。

今回はSwarを右→左、左→右と切り替える方法についてです。

いつもどちらかの鼻が詰まっている方は是非試してみてください。

鼻詰まりによる不快さも解消でき、気持ちまで切り替えられるかもしれませんよ。

まずはどのSwarが優勢かをチェックします。

チェック方法については前記事を参照してください。

1. 優勢でない方(詰まっている方)の鼻の穴を親指でふさぎ、優勢な方(通りが良い方)の鼻の穴から息を吸います。

今度は、息を吸った鼻の穴を指で押さえ、優勢でない方の鼻の穴から息を吐きます。

鼻水が出てきたら一休みして途中で鼻をかみます。

これを数回繰り返すうちに、Swarが切り替わります。

詰まりがひどい場合、この方法では切り替わらないこともあります。

その場合は次の方法を試してください。

2. 優勢な方の体側を下にして、横になります。

右の鼻が通りが良い場合は、身体の右側を下にします。

その状態で、1 の方法を数回繰り返します。

または、次の方法もあります。

3. 優勢な方の体側を下にして、横になります。

しばらくそのまま静かに休みます。

では、両方のSwarを均等にして、スシュムナーを通すにはどうしたらいいでしょうか。

スシュムナーがアクティブなときは瞑想に適した状態ですよね。

私が受けているクラスでは、瞑想は呼吸法(片鼻呼吸法 ナーディショーダン)などの呼吸法をを10分くらい行った後にやります。

呼吸法の後は、スシュムナーがアクティブになっていることが多いです。

陰でもない、陽でもない、その中間。身体の中の陰と陽が溶け合っているときは瞑想に入りやすい状態になっているんですね。

たまに呼吸法のときに意識が飛んで眠ってしまうときがありますが、そういうときはスシュムナーの通りが悪いのか、瞑想に入っても意識があっちからこっちへ動いてしまいます。

ニーマル先生によると、急に生じた不快な症状、痛みやだるさ、凝りなどは、Swarを切り替えることで解消できる場合があるそうです。

その症状が生じたときに、すぐどのSwarが優勢かをチェックします。

そして、その逆のSwarに切り替えます。

言うまでもないことですが、慢性の症状や急性の中でも重い症状はお医者さんの治療を受けてくださいね。

004

| | コメント (2)

2009年8月13日 (木)

鼻の穴と息の力

右鼻の穴、左鼻の穴、どっちが通りが良いですか?

いつもどちらかが詰まっている。または日によって、時間によって通りが良い方が変わる場合もありますね。

どっちかわからない場合は、指でどちらかの鼻の穴を押さえて、もう一方の手の平の上に息を吐き出し、手の平に感じる風圧の違いで判断すると良いです。

ニーマルヨガのティーチャーズトレーニングで学びましたが、この風圧はSwarといいます。

Swarをコントロールする方法は、ヨガの経典でも1つのチャプターが割り当てられているくらい、ヨガでは重要なものとされています。

プラーナヤーマ(呼吸法)は、呼吸をコントロールするだけでなく、呼吸を通じて神経系をコントロールすることも目的です。

脊髄は8の字を横にしたような形をしており、右側にはピンガラー  (Pingla)という神経が、左側にはイダー (Eda)  という神経が走っています。

ピンガラーは陽(太陽)の神経。右の鼻のSwarが強いとき、つまり、右鼻の方が通っているとき、その人は活発な活動をするのに適しています。

スポーツやエクササイズ、肉体労働、食事や入浴、そして夜の生活など。

要はエネルギーをいっぱい必要な活動ですね。

イダーは陰、月の神経。Swarが強いとき、つまり左鼻の方が通っているとき、静的な、落ち着いて行う仕事をするのに適した時間です。

治療や身体のトリートメントを行う、神様を称える歌を歌う、宗教的な儀式を行う、家の建築を始める、旅行を始める、物の売買、種まき、勉強を始めるなど。

神経を鎮め、集中力を要する仕事ですね。

バーゲンに行くときは、左鼻の方が通っているときですよ!その場の雰囲気に飲まれて、安物買いの銭失いをしないためにも。

そして、両方の鼻が均等に通っているとき。たまにありますよね?

脊髄の8の字の真ん中のところに、脳につながる中枢神経が通っています。

中枢神経の場所とはイコールでない、別の場所に、スシュムナー(Sushumna)という管が通っています。

スシュムナーは下は仙骨の神経そうのそばから、脊髄の上の終点(延髄の中)までつながっており、修行を積んだヨギーはクンダリーニというパワーをスシュムナーを通じて上昇させることができます。

クンダリーニについてはまだまだ私には想像の範囲ですが。

両方の鼻のSwarが均等のとき、両方の鼻が通っているとき、このスシュムナーが通っています。

スシュムナーがアクティブなとき、ヨガや瞑想、思索の時間です。

逆に言えば、スシュムナーがアクティブでないときは、深いヨガはできていないということです。

もちろん、ピンガラが優勢なときは活動的なエクササイズとしてのヨガはできます。

イーダが優勢なときは、バランスを取って静止するようなポーズには適していますね。

朝目が覚めたとき、どのSwarが優勢かチェックしてみてください。

私の経験ですが、スシュムナーが通っている状態で目覚めたときは、睡眠が深いことが多いです。普段たくさん夢を見るタイプですが、夢も見ず、寝相も悪くなく、深い休息が取れています。

また次の記事で、Swarを切り替える方法を書きますね。

Ca370974

| | コメント (4)

2009年8月 9日 (日)

酸素はトランキライザー

酒井法子さんが覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕されましたね。

同郷で、同じ学年ということもあり、のりピー失踪というニュースを聞いて、ある種のシンパシーを感じながら心配していました。

ところが、失踪でなく逃亡だったと知り、愕然としてしまいました。

それも尿検査に覚せい剤吸引の痕跡が発見されにくくなる1週間を待つような形での出頭。

とても、とても残念です。

芸能界は浮き沈みが激しく、並みのストレスではないということは一般人の私でも何となくうかがい知ることができます。

でも、精神的に不安定になったとき、覚せい剤でなく、もっと酸素を吸ってほしかったですね。

酸素は何物にも勝る、トランキライザーだと思うからです。

ストレスに対抗するホルモンを出す臓器は副腎です。

副腎髄質からはアドレナリン、ノルアドレナリンが、副腎皮質からは糖質コルチコイド(血糖値の増減に関係する)が放出されます。

このホルモンの放出には交感神経と副交感神経(自律神経)が密接に関わっています。

私たちの意思で直接自律神経をコントロールすることはできませんが、呼吸を通して間接的に影響を与えることができます。

深く吸う息で酸素、新しい命、健康を意識的に吸収し、深く吐く息で二酸化炭素、老廃物、要らなくなった感情を排出します。そうすると自律神経が整えられ、ストレスに対抗するホルモンもコントロールされるということです。

酸素は脳の活動を助ける栄養でもあります。

午後にボーっとしてしまう人は、部屋の換気をしたらいいですよ。

早朝は新鮮な酸素が豊富にある時間です。

のりピーも一緒に朝の散歩をしてくれる人がいれば、もっと事態は変わっていたのかもしれません。

それにしてもアイドルとは因果なものです。

人々に夢を与える仕事だけでなく、薬物への悪影響を知らしめる役割まで担わされたような、そんな感じがします。

016

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

江ノ島花火大会

江ノ島の展望台で花火を見ない?とお誘いを受け、一路、江ノ島へ。

前日の予報では雨だったのですが、晴れ女の本分を発揮して、江ノ島の夜は澄んだ空です。

025_3 ドキドキのカウントダウンの後、巨大な二尺玉の花火で5000発のショーが幕を開けました。

花火が打ち上がると、内側からマグマのようなパワーが湧いてきてじっとしてられなくなる私。

047 火と音を見て興奮する。

これってみんな共通して持ってる原始の本能のようなものでしょうか。

人類が最初に火を見たときの驚きを再現しているのかな。

花火のクライマックス、大乱舞のときは私も周りの人たちも歓喜の声を上げていました。

058_2 先日、外国人の方に、「Hanami と Hanabi どっちがどっち? 」と聞かれました。

音が似ていて、よく間違うそうです。

花見も花火もお花を愛でるのは共通していますね。

春には地に咲く花を、夏には空に咲く火の花を。

カメラのレンズ越しじゃなく、肉眼で見ようよといいつつ、打ち上げ音が聞こえるとついカメラを構えてしまいます。

129

112 毎回思いますが、花火の写真を撮るのって難しい。

打ち上がって花開いた後にシャッターを押しても遅く、打ち上げ音を聞いたらシャッターに指を置いてセットし、花開く寸前に押すといいようです。

デジカメの花火モードがありますが、シャッターがゆっくり切れるので三脚がないとブレてしまいます。

100枚以上撮った中で、辛うじて花火のシェイプを捕らえているのはほんの数枚でした。

127_2 帰りは江ノ島の橋のところが大混雑です。この橋を渡らないと帰れない!

あぁ、花火大会の帰りはこの苦行がありました。

1時間以上も人ごみの中を足止め。周りはティーンズから20代の若者ばかりです。

ヨガで身体を鍛えていてよかった。何とかへばらずに駅までたどり着きました。

花火の余韻は今朝まで身体に残っていました。

火のパワーですごく、元気になった気がします。166

193

197

172_2 200

| | コメント (6)

巾着田の蓮の花

埼玉県の高麗にある阿里山Cafeに行ったついでに、巾着田をお散歩。

巾着田は近くにある山から見下ろすと巾着のような丸い形をしているので名づけられた水田です。観光用に整備され、ぐるりと田んぼの周りを散歩できるようになっています。

秋には曼珠沙華が田んぼを赤く染めるそうです。

6月始めに訪れたときには青々とした蓮の葉に雨の雫が光って綺麗でした。

今回、もしかしたら蓮の花が見れるかも・・・・と吸い寄せられるように蓮の一角へ。

咲いてました!

058

時間は14時過ぎ。蓮の花は早朝に花を開き、午後には閉じてしまいます。

080_2 本日は終了しました。と閉じている花も多かったですが、まだまだ咲いている花もあります。

074_3

八重咲きの蓮。頭頂のチャクラを意識する瞑想のとき、たくさんの花弁の蓮をヴィジュアライズするのですが、この花、そのイメージに近いかもしれません。

077

少し閉じ気味のこの蓮は、仏様の台座のよう。059

花を終えて実がなっています。

蓮の実は中国では餡に使われたり、お薬としても使われるそうです。

気分を鎮める効果があるとか。

巾着田の蓮はまだ蕾がたくさんあったので、もう少しの間見ることができそうですよ。

今年は府中の蓮も見たし、蓮に縁がある夏です。

蓮が咲くときにポンっという音がするそうなのですが、来年はその音も聞いてみたい。

日の出頃に行けば聞けるんでしょうか。

075

| | コメント (4)

2009年8月 1日 (土)

生活の木 薬草香園

ハーブやアロマの製品を出している、生活の木直営のハーブガーデンに行って来ました。

生活の木 薬草香園

西武池袋線の飯能駅から徒歩15分のところにあります。バスで行くと目の前に止まるので便利です。

ハーブガーデンだけでなく、生活の木のショップ、アロマの教室、アロマトリートメントとアーユルヴェーダのサロン、レストラン、ベーカリーもあり、ゆっくりと芳香に浸れる素敵な環境です。

大きな水蒸気蒸留装置がお出迎え。

027

ハーブを蒸留すると、芳香成分のうち水に溶ける成分はフラワーウォーター(芳香蒸留水)、油に溶ける成分は精油に分けられます。

043

晴れ女2人集まると、カンカン照りになるのが法則のようです。

この日は夏日となり、ハーブガーデンは照り返しが厳しかった!

サングラスと日傘でガードしながらガーデンをお散歩。

ハーブもちょっと暑そうでしたが、エキナセアやセージのお花が元気に咲いてました。

035

紫の花はメドーセージ

033

小さなマーガレットのような花はジャーマンカモミール

お茶にしても美味しいけど、アズレンという成分が含まれ、高い抗炎症作用を持っています。

032

045 ラベンダーはもう花盛りを終えてましたが、香りは残っていましたよ。

奥の糸杉と、乾いた小路がイタリアで見た風景に似ていました。

048 温室の中ではハーブの苗も販売しています。

朝取りのハーブで作った冷たいハーブティーがサーブされていました。

049_2

ローズゼラニウム、ステビア、レモングラスのブレンド。

ローズゼラニウムは薔薇と同じ成分が含まれ、とても良い香りです。精神的なショックやストレスを和らげる働きがあります。

ステビアはほのかに甘いです。お砂糖の代わりになりますね。

レモングラスはトムヤムクンでお馴染みのハーブ。レモンと同じ成分も含まれ、消化を促進する働きがあります。

フレッシュハーブティーはどうしても青臭くなりますが、レモングラスを加えるとすっきりとまとまりますので、お勧めです。

ランチまでの時間は手作り工房で化粧品作り。

材料費のみ(700円くらい)のお値段で、スタッフの方が随時教室を開講してくれます。

私はコーンスターチ、ネトルパウダー、カオリンをベースにラベンダーとスペアミントの精油をブレンドしたボディーパウダーを作りました。

Ca370965

材料を混ぜるだけで簡単です。

ネトルは解毒作用や抗アレルギー作用があるハーブとして知られています。汗をかいた時に失われるカリウムが含まれているのでお肌のためによいそうです。

別名いらくさ。棘がある植物です。グリム童話で白鳥に変えられたお兄さんを助けるために妹が指を傷つけながら上着を編む話が出てきますね。

レストランはスリランカ人のシェフによるカレーのメニューや、ハーブがアクセントになった欧風料理がありました。

ベーカリーで焼いたパンは、ハード系ではないオーソドックスなもので美味しかったです。

053

ハーブに興味のある人は半日楽しめる場所ですよ。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »