« 恐れとの付き合い方 | トップページ | 脳のマッサージ - シロダーラ »

2009年5月25日 (月)

アンマの抱擁

今日、抱きしめる聖者アンマのダルシャン(抱擁)を受けてきました。

アンマはインドの女性の聖者で、抱擁を通じて純粋な愛を伝えてくださいます。

集まった寄付は貧しい人や苦しむ人を助ける慈善活動に使われています。

過去37年間で何と2800万人以上の人々を抱擁してきたそうです。

席も立たずノンストップで来た人全員をハグするので、大変なご負担だと思います。

今日、アンマの大きな胸にすっぽり包まれたとき、始めも終わりもない宇宙の空間に浮いているような感じがしました。

アンマが耳元で囁いてくれたマントラ(一人ひとり違うらしい)は軽快なリズムの音楽のよう。

マントラの言葉を覚えておこうと思ったのに、抱擁が終わったらすっかり忘れてしまいました。

*2012年追記。抱擁のとき耳元で囁かれるのはマントラではありませんでした。 アンマが普段お使いになっているマラヤラム語で「私の娘よ」、「私の息子よ」 という意味の言葉とのことです。 また、「どうしますか?」「どうしますか?」と聞こえることがありますが、日本語を話されているわけではないです。 マントラは最終日の夜の部で希望すればアンマから直接いただくことができます。

でも音のエネルギーは耳が覚えているはずです。

抱擁が終わると、パーっと光り輝く笑顔をくださり、手の平にキャンディーを握らせてくれました。

無条件の愛を子供に注ぐお母さんのような微笑み。

自分の順番が来るまで3時間かかりましたが、来てよかった。とそのとき思いました。

終わってからお傍で他の人たちが抱擁されるのを拝見しましたが、アンマの前ではどんなおじさんも誰もが無垢な子供に戻ります。

事前に色んな人の体験を聞くと、アンマに会ったらきっと私は泣いてしまうだろうとか、超ハイな気分になるのでは?と予想していましたが、意外に落ち着いていました。

抱擁の直後からニュートラルな感覚、心地よい凪の状態がずっと続いています。

その感覚が薄れても、アンマの母性そのものの笑顔は、映画のシーンを切り取ったみたいに私の心に刻まれると思います。

東京で明日、5月26日(火)までです。

詳しくはこちら:

http://amma-rainichi.org/

午前の部 開場  9:00 開演 10:00~(予定)
午後の部 開場 17:30 開演 18:30~(予定)
<特別プログラム>
世界平和を祈るセレモニー(18:30~20:00)
*開場時間から整理券が配られます。

008

|

« 恐れとの付き合い方 | トップページ | 脳のマッサージ - シロダーラ »

コメント

だるシャンのときにささやくマントラは、「私の愛しい娘」だそうですよshine

それにしても、今日もあんまのことをこうやって思い出すだけであの感覚が戻ってくる!

投稿: kaori | 2009年5月29日 (金) 15時57分

kaoriちゃん、「私の愛しい娘」だったんだね。
仕事中にダルシャンで囁かれた言葉が急に蘇ったりします。kaoriちゃんにとっても素晴らしい2日間になってよかったね!

投稿: Fiona | 2009年5月30日 (土) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐れとの付き合い方 | トップページ | 脳のマッサージ - シロダーラ »