« 澄んだ瞳 | トップページ | 3回考えてから »

2009年3月26日 (木)

Unconditional Love

Unconditinal Love (無条件の愛) と聞いて思い出すのは、バチカンの聖ピエトロ大聖堂にあるピエタです。

聖母マリアがキリストの亡骸をやさしく抱きかかえている姿。

その人の信念をどこまでも信じ、どんな見返りも求めずに愛を注ぐ。

愛し返されることも求めずに、その人の行く末をそっと見守る。

なかなかできるものではありませんよね。

恋愛は愛し返されないと終わってしまうでしょ。

夫婦の愛は同士愛に近いし。

親子の愛には存在するのかな。

私は親になったことがないので、愛を受け取る方が多かったかもしれません。

唯一、私が無条件の愛(に近いもの?)を注いだ人といえば、かつて勉強を教えていたある男の子です。

野球が上手くて、元気いっぱいの子でした。

最初に会ったときお勉強は今一つで、どうやって教えたらいいか頭を抱えたことを覚えています。

でも地頭はすごくいい子で、机に座って勉強する癖が付いたらグングン伸びました。

私の方の事情で、あるとき教えるのをやめなければなりませんでした。

もう手を離す時期が来ていると直感的に感じたのも理由の一つです。

子離れのような辛さを、遠くから見守ることで慰めました。

その後志望校に合格した彼は、小さい頃からの夢だった晴れ舞台にも立つことができました。

「夢は叶うんだ」と全身で主張しながら行進する彼をテレビで見たとき、マリア様の気持ちに一歩近づいたような気がしました。

私たちは創造主と同じエレメントでできているから、創造主の愛、マリア様の愛も私たちの中に眠っているはずです。

エゴや損得勘定のヴェールに邪魔されて、無条件の愛を表に出すことができないだけなのでしょう。

本当は全てのものに無条件の愛を注ぐのが理想ですが、それは聖人の域ですから。。

普通は愛を注ぐ対象がいて初めて、無条件の愛がその対象に向かって流れていくということになるでしょう。

私の中で眠っていた愛を引き出すきっかけを与えてくれた、あの男の子に感謝の気持ちで一杯です。

Unconditional Love について書いていましたが、むしろ「負うた子に教えられ」の世界ですね。

もう私のこと忘れてるかなと思ったら、大舞台の前日に報告のメールをくれ感激でした。

メールの返事に、以前一緒に聴いたQueen の We are the Championsを聴きながら応援してるよと書いたら、そのことも覚えていたみたいでうれしかった。

これからもずっと見守っていくつもりです。

Ca370657

|

« 澄んだ瞳 | トップページ | 3回考えてから »

コメント

ヨガナンダと彼のグルジの愛もすごいですよ〜。
親との愛よりも強く、固く揺るぎないものでその情熱は読んでいる手にも熱く伝わってきました。
エゴや現世の執着を超えたところの愛はまさに無条件!
きっとその子もFiona姉さんの愛をずっと覚えているに違いない。手放すのも愛なんですね〜。深い〜。

投稿: カオリ | 2009年3月26日 (木) 22時07分

早実、1回戦は、近畿王者の天理にサヨナラ勝ちを収めましたね!
今年のチームは、甲子園に行けただけでもよかったと思っていましたが。こうなると、ついつい期待してしまいます。

Fionaさんの教え子さんって。
もしかして…!?

投稿: 原口マルクス達也 | 2009年3月27日 (金) 00時37分

カオリちゃん、まだ本が途中で、グルジは出てきてないんだけど、2人の熱い関係を読むのが楽しみです。親子の愛よりも深いのね~
教え子ちゃんとは一緒に遊びながら学んだので、教師と教え子との関係とはまた一味違うな。教えられたことも多かったし。

投稿: Fiona | 2009年3月27日 (金) 08時18分

原口さん、早実と天理の試合は見ごたえがありましたね!両校とも投手が素晴らしかった。特に早実の小野田くんは投げるばかりでなくホームランとサヨナラヒットまで打って。途中から登板した鈴木くんの落ち着きぶりには何者?とびっくりしてしまいました。
2人も新2年生なので、今回センバツで経験を積んだら更に成長することでしょう。今年の夏がまた楽しみになってきました!
教え子くんは同じ大会に出てましたよ。

投稿: Fiona | 2009年3月27日 (金) 08時23分

お久しぶりです。
この2年は「愛」で悩まされました。
許すのも愛、目をつぶるのも愛、忘れてあげるのも愛、親への愛、友人への愛。。。
表現をするのが下手で裏目にでる時もあります。
ふとした時に、ヒトからの愛に気ずかされ自分が恥ずかしいと思う瞬間がある私は、まだまだ愛を語るには未熟ものです。
もう少ししたら、Fionaさんの穏やかな言葉で私の愛に活力を与えてください。

投稿: ayaya | 2009年4月 1日 (水) 01時23分

ayayaちゃん!ほんとに久しぶりだね。
月日が経つのは早いものです。
この2年間、貴重な経験をしたんだね。もう少し時間が経ったら、その経験はayayaちゃんにとって宝石のような財産となることでしょう。
愛をテーマに記事を書きましたが、私もまだまだ甘ちゃんです。ただ愛を注ぐ相手がいて始めて実践の中で愛を学ぶことができるんだよね。出逢いのありがたさが身に沁みます。
落ち着いたら会いたいね!

投稿: Fiona | 2009年4月 2日 (木) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 澄んだ瞳 | トップページ | 3回考えてから »