« 桜を咲かせるもの | トップページ | Unconditional Love »

2009年3月23日 (月)

澄んだ瞳

WBC 日米対決、9対4で勝ちましたね。明日は韓国と決勝戦です。

今日はどの選手も輝いていましたが、一番印象に残ったのは、ソフトバンクの川崎宗則選手の活躍でした。

WBC通して初スタメン出場です。ベンチで大きな声を上げてチームを盛り立てている姿が印象的でした。

スタジアムにも誰よりも早く入り、練習していたといいます。

見かけによらず剛派な彼に我が家はずっと声援を送っていましたが、今日はやっとスタメン。

彼の強い思いが日本を勝利に導くのではと思っていました。

4回裏に逆転、岩村選手が三塁打を打って4対2。ここはダメ押しであと1点欲しいというときに打席に立ったムネリン。

自分自身に何かを言い聞かせるように口元が動いています。

瞳は千里も見通せるくらい澄み切っています。

このとき、彼は自分のマインドも、ボディも、スタジアム全体の気も制御しているように見えました。

これは絶対打つ。そう確信してました。

予感通り右前にタイムリーを放ち、三塁の岩村選手が戻ってきて5対2になりました。

試合後、WBCで初めてのスタメン出場の感想を聞かれてムネリンは、「ベンチですべて試合に出てました」と一言。

ぐっと来ますね。

野球がチームスポーツだということを改めて感じさせてくれました。

どんな環境でもそのとき自分ができることを精一杯している人って応援したくなります。

地道に練習を積み、ここ一番のときにあんな澄んだ目をできる人は、天も地も味方したくなるんじゃないでしょうか。

試合を見終わった後、鏡で自分の瞳をチェックしてしまいました。

006

|

« 桜を咲かせるもの | トップページ | Unconditional Love »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜を咲かせるもの | トップページ | Unconditional Love »