« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月25日 (水)

三文の得

今日は盛りだくさんの一日でした。

今朝はまだ暗いうちから起き出し、ヨガの朝練に初めて出席しました。

朝の空気は気持ちいい!これだけで一文は得した気分です。

駅前のカラスさんは朝食の時間。

ボーっとお友達と話しながら歩いていたら、頭上をカラスの翼でバサっとやられちゃいました。餌場を侵すなと威嚇されたんでしょうね・・・

カラスの羽の触感は意外に艶やかでしたよ。

朝練は7時から8時なので、出勤前の人もちらほら。

内容的には起きたばかりの体をシャキッとさせるように構成されていました。

バストリカ(サンスクリット語で"ふいご"の意味)というアクティブな呼吸をしながらジャンピングとか、アーサナも太陽礼拝、前屈、腹筋など活力増進系が主でした。

クラスの最後にはオンカといって、蓮華座に座り、呼吸を意識しながら声(マントラ)を出すのをやりました。

オンカもいくつか種類があるのですが、今朝やったのは頭蓋骨に音のバイブレーションを感じるものでした。

人によって違いがあると思うのですが、私は後頭部に音がビンビン当たる感覚がありました。歌を歌うときと同じかな?

脳ミソも響きのシャワーで洗い流され、集中力が増したよう!

クラスが終わってもまだお昼まで4時間あります。

折りしも今日は魚座の新月。お祈りには最適の日でしたので、朝練の後、先輩と一緒にスタジオの氏神様に参拝し、日頃のご加護に御礼を申し上げました。

その後、姪の大学合格祈願をしていた北野神社へお礼参りに。

お正月に姪の勉強を見たときはギリギリ受かるかどうだなと思っていた、第二志望の大学に合格したんです。

昨年は甥、今年は姪に夫(資格試験)とお願いを三度も聞いてくださった神社です。

手を合わせてお礼を言っている間にちょうど新月になりました。

普通はこれぐらいで一日終わるところが、今朝はスタートが早いものだからまだこの時点でお昼前です。

早めの昼食後は仕事に行き、夕方からは水曜レディースデーの映画へ。

マンマミーア』でギリシャの海とアバの名曲に浸るか、『7つの贈り物』で一味違うウィル スミスを見るか迷っていたところ・・・・

一足先に映画を見終わったお友達から号泣速報が入り、7つの贈り物を選びました。

ネタばれになるので多くは書きませんが、良い作品でしたよ!お勧めです。

一言だけ言うなら、『譲り葉』という言葉が浮かぶ映画でした。究極のGIVEです。

以上、これだけ密度が濃い一日を元気に過ごせて、夜こうやってブログまで書けているのは早起きと朝練のおかげです。

朝練は家庭の事情もあって頻繁には出れないけど、早起きは続けてみようと思います。

馴化といって、面倒なことも習慣になってしまえば続くらしいですよ。

Ca370617

| | コメント (0)

2009年2月18日 (水)

モモナイト

2月18日から月末までマヤ暦では高いエネルギーが地球に降り注ぐ期間らしいです。

翌日からの新しいウェイブを祝おうと、17日のヨガクラスの後に恵比寿にあるネパール料理やさん、Soaltee Modeへ。

モモというネパールの餃子が美味しいとのことで、常連のお友達が予約してくださいました。

別のネパール料理屋さんで、多分作り置きしたショウロンポーのようなものは食べたことCa370610 はあったのですが、こちらのお店は注文を受けてから丁寧に皮を包んで作ってくれます。

ベジタリアン仕様でお願いしてもらっていたので、ひき肉の代わりに大豆グルテンが入っていました。お肉と変わらない食感と旨みがあります。

そのほかにカリフラワーなどの野菜が入っていました。

スパイスの味付けもほどよい感じ。

赤いペーストはアチャールといって、トマトやスパイスが入っています。コリアンダーの香りがモモにとっても合います。

体を動かした後ということもあって、各人一皿をペロリ。美味しかったです。

もちろんこれだけで終わるはずもなく、ダルバートというネパールの定食をいただきました。

ダルバートはダルという豆のスープとライス、タルカリとアチャールというおかずがセットになっています。

更に締めにサモサを追加注文 (締めにサモサを食べる人はあんまりいないと思いますが)。

サモサは油たっぷり、しっとりとうお店は多いですが、こちらのお店のは皮はカリっとしてCa370611 中身はほっこり。

これもベジタリアン仕様でジャガイモなどの野菜が入っていました。

私自身はベジタリアンではありませんが、最近はお肉はほとんど食べてないです。

だんだんとお肉へのクレービングがなくなってきました。

まだ蛋白源を野菜だけで摂る自信がないので魚介類は食べてます。

ベジ料理というと生野菜バリバリをイメージされるかもしれませんが、意外に満足感があります。

使われる食材はさっぱり系の葉物に根菜やキノコ類といったコクのある野菜、豆類、ナッツ、乳製品に卵 と幅広いです。(ビーガンという完全ベジタリアンの人は乳製品や卵は食べないそうですが)

食材に合ったスパイスで味付けされ、調理法も揚げたり蒸したり工夫されています。

野菜中心だと消化もスムーズなんですよね。

消化には特別なエネルギーを使うので、疲れているときは野菜中心のメニューがお腹にやさしく感じます。

そうそう、高エネルギー初日の帰り道に流れ星を見つけました。

スモッグのかかった都会の空に負けないくらいブリリアントな星がビュンと飛んでいましたよ。

流れに乗れてるようです!

| | コメント (2)

2009年2月16日 (月)

ル・クルーゼでチョコレートフォンデュ

最近引越ししたお友達にいただいた、ル・クルーゼのチョコレートフォンデュ鍋。007_2

バレンタインはチョコレート解禁ということで使ってみました。

本体の色はかわいいチェリーレッドです。同じ色のお鍋も持ってます。

ル・クルーゼはいろんな色が出ていますが、私はこの色が一番好きです。

台に載せて、キャンドルの炎で熱してじんわりとチョコレートを溶かします。

ガスと違って温度が低めなので、チョコレートが沸騰しないのがよいですね。

009_2 ピックスティックは4本付いていて、1番から4番までの連番が振ってあります。

フォンデュパーティーのときにスティックを取り違えないようにでしょうね。

作り方としては、チョコレートを溶かし、後はお好みの食材を銘々スティックに刺してチョコレートをお好きなだけつけて食べるだけです。

チョコレートだけでは硬めになるので、牛乳やシャンパンなどのお酒といった水分を追加します。

食材はフルーツ、ナッツ、フランスパンなど。お鍋をいただいた人からはサツマイモも合うよ!とアドバイスもらいました。

今回はお手軽にガーナチョコと、ピエールエルメのアステカの神様の顔型のビターチョコを1個だけ載せて溶かしました。ちょっと不気味ですね。

本当はもっとじゃんじゃんチョコレートを入れたいところですが、これくらいの量で我慢。

練乳+少量のお水で延ばしました。

食材は水分をよくふき取った苺とキウィです。

苺はOKでしたが、キウィは断面の水分が多くてチョコレートをうまくコーティングできませんでした。

あと、バナナがあったらよかったと思いました。チョコバナナ基本ですよね。

チョコ苺は冷蔵庫に少し入れてチョコレートが固まる頃にいただきました。

濃厚&フレッシュで美味しかったです。018_2

| | コメント (4)

2009年2月10日 (火)

最後のネイル

ネイル大好きなんですが、またしばらくお休みすることにしました。Ca370576

ほぼ毎日ヨガをしているので、ポーズを取るとき長い爪が気になることもしばしば。

カルジェルをしていると4、5週間はそのままなので爪がかなり伸びます。

指先を綺麗にしたいのは山々だけど、今の生活を優先して諦めるしかないかなぁと。

ヨギーニとして生活をシンプル化するという狙いもあります(笑)。

最後のネイルとなったのは白のグラデーションに大、中、小の透明のストーンを爪の側面に配置したデザインです。

ストーンが正面ではなく側面にあるというのが、いろんな角度から光を集めるのでGood!

友達にも好評でしたし、オフする頃になっても飽きないデザインでした。

今回カルジェルのオフを初めて自分でやりましたが、なかなか面白かったです。

サロンでやってもらっていたのを思い出しながら・・・・

ジェル専用のリムーバーを含ませたコットンを爪に当て、上からアルミホイルをキュキュっと巻いて固定。

上から蒸しタオルで包み数分放置。

そうするとしっかり爪に張り付いていたジェルがポロッと取れます。

取れにくいところは古いお箸で擦り取りました。(専用の道具がなかったので)

散らばったネイルの破片を見て、夢の後のような気持ちになりましたが、

下からは意外に血色のいい地爪が現れ、うれしかったです。

これからは地爪磨きにいそしむとしましょう。

| | コメント (4)

2009年2月 4日 (水)

人生のAim

先月からニーマルヨガというところで、ヨガのティーチャー トレーニングコースを受講し始めました。

アーユルヴェーダ医師でもあるニーマル先生から2年間ヨガとアーユルヴェーダを学びます。

将来的にヨガを教えることができるかまだわかりませんが、まず自分自身が健康でハッピーになることが目的です。

初回の授業で、"What is your aim in life? "と壮大な質問を先生から投げかけられ、「えっ 人生の目的ですか?」と焦ってしまいました。

限りある人生、Aim を持って生きたいとは思いますが、普段は毎日を過ごすので精一杯です。

同級生たちは人を助けたいとか、主に利他的なことを人生の目的として挙げている人が多く、素晴らしいなと思いました。

私は何も言えないかも・・・と思っていたら、自分の番になると、意外に答えが口をついて出てきました。

"I want to love everything I see in my life. "

目の前のものを全て愛する・・・なんて考えたことあったっけ?

手放しで愛せるものはもちろんあるけど、愛せないもの、愛せない状況だって多い。

大人になると、愛せないものに対して、"I hate you" と面と向かって言うことはなくなったたけど、

"I don't care about it." "I don't see it." とスルーする技術が身に付きました。

嫌いなものや人や状況を積極的に愛するなんてとんでもないというのが私の今の現状です。

上の言葉がどこから来たのか不思議に思っていたところ、後日携帯電話のメモ帳を何気なく見ていたらそれらしきことをずいぶん前に書いていたのに気づきました。

「宇宙があなたを愛するように周りのもの全てを愛する」

(たまにピンときた言葉をササっと書き留めているのです。ちょっと恥ずかしいですが)

人生の目的でもあるし、自分自身の課題として潜在意識にずっとあったテーマのようです。

ところが2回目の授業で、先生から「前回から人生の目的は変わりましたか?」と聞かれ、

口から言葉が出るに任せたところ、"I want to be rich, wealthy, and healthy. "

とかなり現世的な目的が追加で出てきました。

私の場合、日本語では頭で用意した答えが出てきますが、英語だと使うチャネルが違うのか、本心が出てくるようです。

人は変わるものだから、明日になるとお金はいらないなんて言ってるかもしれません。

そんなことないか。

ティーチャー トレーニングコースを終える頃になったらどう変わっているのか楽しみです。

でも一番に答えた、「愛する」というテーマは変わっていないようにも思います。

002

| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »