« 受験勉強の引き出しを開けると | トップページ | 2月の楽しみ »

2009年1月21日 (水)

目で食べる

以前、2ケ月ほど全く砂糖を摂らない時期がありました。

お肌は調子よくなり、血糖値が安定して感情も安定と、砂糖断ちが体にいいことはよくわかりました。

でも何か潤いが足りないのです。

人生の楽しみの一つを失ったような物足りなさがありました。

なぜ私は甘いものを求めるんだろう?と考えてみました。

頭が疲れたときや、手持ち無沙汰のとき、寂しさを感じているときは特に食べたくなります。

そんなとき、麗しいケーキや色とりどりのお菓子やショコラを見て口に入れると、フっと気持ちがほぐれるんです。

この瞬間の潤いが欲しくて甘いものを食べているのかも!

こんな気づきを得た頃、友達にもらったドラ焼きを「せっかくもらったのに悪いわ。これ1個だけね」と食べたのを契機に、再び甘いものと仲良くする日々に逆戻り。

それで買ってみたのがこれです。023

Q-Pot のストロベリーホイップクリームの携帯ストラップ。

定食屋さんの見本のような素材でできていて、手触りもプニプニしています。

ほぐれたいとき、甘いものを食べる前にこのストラップを見ると、気持ちが和んで目的を達成できるかもしれません。

幸い、長いこと甘いお菓子を食べ続けてきて、目で見るとその味まで想像できる達人になっています。

でも目の前に現物があると誘惑に負けてしまいますね。

家族が買ってきたアイスクリームを見て、頭でそのアイスクリームの味を再現し、「しょせんあの味がするだけよ」と意思の力で跳ね除けようとしたこともありましたが、やせ我慢は続きません。

このストラップは食べられませんし、これを齧り始めるほど追い詰められることはないでしょう。多分・・・

家には甘味持ち込み禁止、家族にはお土産遠慮します宣言しました。

その代わり、友達とのお食事会などではデザートを我慢しないことに。

完全断ちというのが諸刃の矢だということを身をもって知っていますから。

あと、サロン・デュ・ショコラでのチョコレート買いも例外。

毎年行っているのでこれは趣味の範疇です。

例外が多すぎますかね?

|

« 受験勉強の引き出しを開けると | トップページ | 2月の楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 受験勉強の引き出しを開けると | トップページ | 2月の楽しみ »