« クリスマスって なあに | トップページ | 初春のリース »

2008年12月25日 (木)

理想の肩

理想の肩といえば雪だるまの肩。
まぁるくストンと落ちて (肩がないとも言えますが)、いい具合に力が抜けている。035

フラやヨガのとき、「肩が上がってるよ」、「肩の力を抜いて」とよく注意されます。

肩と腕を下ろして胸板をアップさせるのがフラポジションの基本ですし、心身のリラックスを目的としたヨガで肩の力が入っていたら逆に緊張してしまいます。
いくら力を抜いたつもりでも肩が上がっているように見えるようで、これはいかり肩という骨格のせいだと思っていました。
が、そうではなかったことにあるとき気づきました。

ヨガで鋤のポーズといって、肩立ちの後に足を頭の後ろに持っていき、逆Vの字の形になるポーズがあるのですが、慣れないうちは形をつくるだけで精一杯。ホールドする時間が永遠に続く苦しみのように思えていました。

あるときポーズを作った後フーっと息を吐いたら、急に楽になったんです。
あぁ、重力に委ねればいいんだと気づいたとたん、頭の皺が伸びるような幸せなひとときが訪れました。

あと、道を歩いているときにも気づきました。
「この後、あれしなきゃ。これしなきゃ」頭を未来に急がせているときせているとき。
「あのときああすべきだった。」過去をぐるぐる堂々巡りしているとき。
いずれも肩が緊張しています。
頭を忙しくするのを止めて、今見える風景を楽しむと、自然と肩から力が抜け、心も穏やかになってきます。

最近、表情が柔らかくなったと言われるようになったのは、大きな副産物でした。
肩や首のあたりは広い筋肉の僧帽筋に覆われ、僧帽筋は顔の筋肉にも影響を与えています。
僧帽筋は自律神経にも関わりが深いそうです。

「委ねる」、「今を楽しむ」ことによって得た大きな気づきが、今年一番の贈り物でした。

|

« クリスマスって なあに | トップページ | 初春のリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスって なあに | トップページ | 初春のリース »