« 雨夜のメディテーション | トップページ | 思い立ったらハローコール »

2008年6月26日 (木)

ダブルハート

Rちゃんからのいただきもののハートのお皿です。

ピンクゴールドとゴールドのお皿を大小2枚重ねてダブルハート。Heart080621_5

ハートがハートが包まれて優しい気持ちになれます。

一緒にいただいた薄紫の薔薇を撮影の間だけ載せてみました。

外は雨模様でしたが、2つのハートがピカピカ光を放っていています。

ハートは私の大好きな形で、グリーティングカードを書くときは、サインの代わりに羽の付いたハートを書いています。

私のフラの先生は、それはもう、本当に美しくて見とれてしまうぐらいの方なんですが···

アロハスピリットに溢れたハート、語る言葉の美しさ、代々受け継がれてきたフラの伝統をそのまま生徒に伝えようとする熱意、それらの内側の輝きが外側までに放射し、眩しいくらい。

ハートに色が付いていたとしたらきっとゴールドだろうなという方です。

その先生がおっしゃっていましたが、

"何かに対して「美しいな、素敵だな」と感じるということは、自分の中にも同じ種が眠っているということ。

大事に育てていけばきっと芽が出て花が咲くでしょう。

人生のある日に雨が降ったとしても、それを恵みの雨としてとらえ、「あぁ、今、私の種が育っていっている」と思って過ごしましょう。"

たくさん花が咲いたら、周りの人ともシェアできるようになり、ハートの輝きを放つことができるんでしょうね。

そう考えるとどんな雨も嵐も無駄ではないです。

ハワイの人が虹を大事に思う気持ちがわかるような気がしました。

Flower080621_2

|

« 雨夜のメディテーション | トップページ | 思い立ったらハローコール »

コメント

滴のように少し流れたハートが素敵なお皿ですね。瀬戸ですか?それとも違う素材かしら? 何歳になってもハート型のアイテムはときどき心をくすぐる不思議な魔力があります。フラの先生がおっしゃった「自分にも同じ種が‥‥」の言葉、私も心の支えにしたいです。

投稿: corgiville | 2008年6月27日 (金) 20時42分

Corgiville!さん、ハートのお皿は陶器にコーティングしてあるような感じです。昔、オープンハートのネックレスが流行りましたね。私は身につけるものにはハートのものは持ってないですが、何か作ったりするときにハートの形を選ぶことが多いです。
普遍的な魅力があるシンボルですよね。

投稿: Fiona | 2008年6月28日 (土) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨夜のメディテーション | トップページ | 思い立ったらハローコール »