« メドーセージ | トップページ | 雨夜のメディテーション »

2008年6月17日 (火)

夏至の「100万人のキャンドルナイト」

「2008年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、みんなでいっせいにでんきを消しましょう」という100万人のキャンドルナイトCandle_2001

もともとは2001年から始まったカナダの自主停電運動がヒントになり、明治学院大学教授の辻 信一さんが2003年に始めたムーブメントです。

カナダでは全部電気を消して真っ暗闇にするそうですが、それだと子供が怖がるので、キャンドルを灯すことにしたそうです。

呼びかけ文の「プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくこと」という言葉が私の心をひきつけました。

現代は昼夜問わずプラグインの生活です。

電気だけでなく、感情や意識のプラグを常時多方面につないでいると、大切なものを感じる時間が少なくなるような気がします。

敢えてプラグオフすることで何を感じるのか、試してみると面白そうです。

もちろん、多くの人が実行すれば省エネという点でも効果が高いですね。

夏至は地球上で共通のイベントですから、キャンドルの炎を眺めながら地球のどこかで苦しんでいる人に愛を送ることもできそうです。

電気のない時代の夜はどんなだったでしょう。

月や星の輝きがありがたく感じられたり、焚き火に照らされる大切な人の横顔に愛おしさが増したりしたのではないでしょうか。

数年前、古い民家で開かれたインディアンフルートのコンサートに行きました。

夏の満月の夜、電気を消した空間でインディアンフルートは奏でられました。

曲はドヴォルザークの『家路』。

暗がりの中で風のそよぎを感じ、虫の調べを聴きながら家路についていたことが、いつの世かわかりませんが確かにあったことを思い出しました。

まるで太古の記憶が蘇ってきたよう。

心を澄ませばいつでもアクセスできる安らぎを体験しました

100万人のキャンドルナイトのサイトには、日本各地で開催されるさまざまなイベントも紹介されています。

私は夏至が誕生日なので、バースデーケーキのキャンドルを灯すか、ヨガの先生が開く瞑想と呼吸法のワークショップに参加するつもりです。

キャンドルを使用するときは火の取り扱いにはくれぐれも気をつけてくださいね!

|

« メドーセージ | トップページ | 雨夜のメディテーション »

コメント

こんばんは。日が長くなりましたね。
キャンドルナイトの話を聞いて、
真っ先にFionaさんからもらった、
ブルーローズのキャンドルを思い出しました。
きれいだし勿体ないので飾ってますが、
持ち歩けないので携帯の写真にも入れてます。
私も家でキャンドルナイトしてみようかな。
今は雨続きですが、
21日は素敵な夜空が見えそうな気がします。


投稿: ein | 2008年6月17日 (火) 18時24分

「百万人のキャンドルナイト」、私の勤める会社でも、全従業員に働きかけています。
というか、私がその事務局をやっています。

同時に、家庭でできる省エネ作戦も、展開して。少しでも、地球の未来に役立てたらいいなと、思っています。

投稿: 相馬マルクス達也 | 2008年6月18日 (水) 00時27分

einちゃん、ブルーローズのキャンドル大切にしてくれてありがとう!夏至の日に灯してみてね。深い器に入れて火を付けた方がよいかも。そちらは梅雨本番のようですね。明日は満月、続いて夏至とお空のお祭りが続くので、晴れても雨でも空の声に耳を傾けてみてね。

投稿: Fiona | 2008年6月18日 (水) 12時48分

> 「2008年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、みんなでいっせいにでんきを消しましょう」

ブログを読みました。
キャンドルナイトもそろそろ世間に知られてきました。福岡市の中央公園でもなにかやるらしいと耳にしました。しんみりしたものでなくきっと太鼓や笛で大騒ぎするのでしょう。

> 曲はドヴォルザークの『家路』。

そうっ。インディアンフルートでドボルザークの家路が吹けると、まさに最近気がついたんです。インディアンフルートの音域は1オクターブしかないため、ふつうの曲を演奏するにはまず音が足りません。インディアンフルートで吹ける、みんなの知っている曲って希少なんです。
ブログにインディアンフルートの試聴サンプルなどアップしています。よろしければぜひいらしてください。↓
http://oto.temiruya.com/archives/9000/

投稿: すだれ | 2008年6月18日 (水) 12時52分

相馬さん、ご勤務先でキャンドルナイトを推進されてるとは!素晴らしいですね。企業が社会に与える影響力は大きいですし、社員の方から家族やお友達に広がっていくでしょう。空から見たら夜でも東京は不夜城のように煌々と光っていますが、夏至の日はいつもより薄暗いかもしれないですね。

投稿: Fiona | 2008年6月18日 (水) 12時57分

すだれさん、初めまして。コメントありがとうございます。先ほどすだれさんのブログにお邪魔してインディアンフルートの音を聴かせていただきました。日本の田舎の夜を感じる素敵な音色でした。ご自身で演奏もなさるんですね。
インディアンフルートは1オクターブしかないんですか~『家路』はネイティブアメリカンの歌がルーツという話を聴いたことがあります。そういえばカリンバを持っているので、家路が弾けるかやってみます。
天神の中央公園、懐かしいです。(福岡が実家なので)土曜日のキャンドルナイトは賑やかになりそうですね。

投稿: Fiona | 2008年6月19日 (木) 00時00分

Fionaさん
> 天神の中央公園、懐かしいです。(福岡が実家なので)

おやそうだったんですか。ピンポイントでご存じでしたかっ。
週間天気予報によると土曜はどうも雨っぽいです。それならそれで、居間の照明を消して蝋燭に火を灯しましょう。

投稿: | 2008年6月19日 (木) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メドーセージ | トップページ | 雨夜のメディテーション »