« ヒマラヤの青いケシ | トップページ | ローズフェスティバルその2 »

2008年5月24日 (土)

ローズフェスティバル

Arkrose2008_5_2 アークヒルズで開かれている、ローズフェスティバルに行ってきました。

5月23日と24日のみサントリーホール屋上ローズガーデンが特別公開されています。

サントリーホール屋上のガーデンは春と秋、5月の薔薇の季節のみの公開です。

去年の春のガーデンはこちら

カラヤン広場ではモダンローズに囲まれたローズテラスが5月31日(土)まで8時から23時まで公開されています。

18時から23時まではライトアップされますので、お仕事帰りに寄って薔薇の香りに包まれたらいかがでしょうか。

Arkrose2008_8 昨日は写真家の

長塚誠志氏の「バラの写真を撮ろう」というミニ講座をカラヤン広場でやっていました。

写真を撮るときは好きなもの、いいなと思うものを撮るのが大切で、それによって撮影者自身の個性が写るというようなことをおっしゃっていました。

撮った写真を選ぶ際は、写真全体をスキャンして無駄なものが写っていないか、伝えたいことにフォーカスした写真かに気をつけるようにとのこと。

Arkrose2008_6 また薔薇を撮るのは時間帯が大事で、午後になると太陽光にオレンジ味が強くなり、赤っぽく写るとのことです。

朝一番に朝露が薔薇の花びらに載っている様子は美しいですが、かといって霧吹きで朝露を演出しても、見る人が見たらフェイクだとばれるそうです。

自然を撮るときは自然のままに、撮らせてもらうという謙虚な姿勢が大事ということですね。

講座の後半は先生から実際に撮った写真へのアドバイスを受けられるということで、私もベテランの写真愛好家の方に混じってローズテラスで撮ったばかりの写真を先生に見ていただきました。

Arkrose2008_1_4 蓮の花がフワっとほころぶように咲いているところ、午後の日差しが背景のグリーンを通して感じられるので、私自身気に入った写真です。

開口一番「いいんじゃない。」と、褒められてうれしかったです。

もちろん欠点はあり、ハンディタイプのデジカメで撮ったのでフォーカスがうまくいってないこと、その場合はもっと自分が対象に寄って撮ることというアドバイスを受けました。

今までも好きなものや綺麗だなぁと思ったものを撮って来ましたが、対象とのコミュニケーションが足りなかったかもしれません。心理的、物理的にももう一歩、踏み込んだ写真を撮れるようになろうと思います。 Arkrose2008_7_2

|

« ヒマラヤの青いケシ | トップページ | ローズフェスティバルその2 »

コメント

綺麗なものを綺麗に写すのって、簡単なようで難しいよね。
ブログの写真、綺麗なものを感じ取る瑞々しい感性が素敵だなぁと思いながら、いつも見てます。
私、うーなの写真、好きだなぁ。

投稿: こんちゃん | 2008年5月25日 (日) 21時01分

こんちゃん、コメントありがとう!特にお花などの植物は、一生のうちで一番綺麗な瞬間を撮ってあげたいなと思います。撮影するタイミングだけでなく撮る側の気持ちも大事だと今回学びました。今回載せたのは期間中常時公開されてるカラヤン広場の写真です。特別公開されたガーデンの写真はまた後日アップしますね。今年の秋にも公開されるはずなので、一緒に行きたいね!

投稿: Fiona | 2008年5月26日 (月) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒマラヤの青いケシ | トップページ | ローズフェスティバルその2 »