« 桜色の季節 | トップページ | 桜のブルーミングパワー »

2008年3月29日 (土)

ホームケアでホットストーンセラピー

サロンでのマッサージやヒーリング。今までいろいろ体験してきましたが、ホームケアが一番という結論に行き着きました。

相性のいいセラピストさんにトリートメントしてもらうととても気持ちいいですが、家に帰って2、3日経つとまた疲れが蓄積してきませんか?

自分でやるのは大変だけど、思い立ったときに、時間のあるとき、いつでもできる。

少しずつの積み重ねがうれしい結果につながります。

私が今うちでやってるのはホットストーンです。

ちょっと前までは自分で足にお灸したり、夫に腰にお灸をしてもらっていました。

彼はもちろん素人ですが、正確にツボを捉えるんです。これはもう天性のものですね。お陰でダンスができるまで腰の調子がよくなり、同時にウェストもサイズダウン!

この様子ではもっとマイルドで手軽なものでOKかなと思い、ホットストーンを選びました。

ホットストーンはアメリカ西海岸から始まったセラピーで、暖めた玄武石などの石を体に置いたり、オイルを付けてマッサージをするものです。ハワイのロミロミマッサージと一緒に提供されることもあります。

石の持つパワーと遠赤外線効果で体の奥までじっくり温まり、太陽が燦燦と降り注ぐ露天風呂の岩に抱きついているように安らぎます。

ストーンはラベンダーヒルさんという、アリゾナやハワイから調達したセラピー用の石を扱っているお店で買いました。

最初に購入したのは足指用の小さな玄武岩です。Hotstone

足の指と指の間に挟んだり、ツボの上に置けばマイルドなお灸のような効果があります。煙が出ないのでいつでも使えます。お店の方のお話では鍼灸師さんも買って行かれたそうです。

たくさんの石の中から、「うちに来てくれる?」と話しかけながら8つ選びました。

すべらかで、ソラマメのようなかわいいシェイプです。

ストーンの温め方にはいろいろあるようですが、私はココットに入れて湯煎にかけています。

茹で上がったストーンは最初は熱いので、小さな布の袋に入れて腰に当てたり、程よい温度になったらお腹のツボに乗せたり。

Hotstone2 ストーンを置いてしばらくすると、体の末端の毛細血管が息を吹き返したように澱みを流していくのが感じられます。

ストーンは人肌ぐらいの温度になってもじんわりと温かみが伝わってきます。

熱すぎるお風呂に入ると体表で熱がブロックされ、ぬくもりが深部まで到達しないといいますよね。

38度位のぬるめのお風呂が体を芯から温め、神経系をリラックスさせます。

ある整体師の方も本に書かれていましたが、カイロよりも蒸しタオルの方がよいそうです。

カイロは高めの温度が持続する反面、正しく使わないと低温やけどの心配もあります。蒸しタオルは温->冷へ温度が変化する過程で血管にいい刺激が伝わるようです。

Jade しばらくするともっと広い面をカバーできる大きな石がほしくなり、ジェイド(翡翠)のストーンを購入しました。

手の平のほどの大きさがあり、仙骨の上に乗せるのにちょうどいいです。

石を立てて先端をツボに当てマッサージすることもできます。

30分ほどぬくもりが持続しますので、そのままウトウト寝てしまうこともあります。

色はエメラルドグリーンと白のマーブルで、 抹茶ミルクのよう。

よく見ると満月のような白い斑点があるのが気に入っています。

ジェイドはスペイン語のpiedra de ijade (腰の石) が語源です。南米を植民地化したスペイン人は、温めたジェイドを先住民が腰に当てているのを見てこの石のことを知ったそうです。

中国では繁栄を象徴する石ですし、世界のさまざまな民族が魔法の石としてあがめていいます。

ホームケアの一環で魔法のパワーまで吸収できたら楽しいですね。

東京では桜が満開になりこれから春本番ですが、この時期お勧めのツボは腎愈というツボです。

(背中の腎臓の付近にあるツボです。うつぶせになって腕を下に下げると、ちょうど肘のぐりぐりの高さで、背骨より外側の両側に2箇所あります。詳しくはプロの鍼灸師さんにお聞きになるか専門のサイトを参考にしてください)

腎愈は五行でいうとのパワーを養うことができるツボです。

腎は季節は冬、四元素では水、体の機能では泌尿器系、生殖器系など広い意味で生命エネルギーに関係します。

寒い冬の間、体は冷えを経験し、腎に負担がかかっています。

春は (肝臓、胆嚢)が乱れやすいとき。肝は怒りの感情をつかさどるので、肝が乱れると些細なことにイライラしたりします。

腎は肝を助ける (相生) ので、春の入り口のこの時期、腎を十分養っておくことで、新生活のスタートを軽やかに切ることができると思いますよ。

よかったら、蒸しタオルで腎愈の辺りを温めてみてください。

*私は医療従事者ではないので、自分の理解の範囲で書いています。詳しくはお近くの専門家の方までお問い合わせくださいね。

|

« 桜色の季節 | トップページ | 桜のブルーミングパワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜色の季節 | トップページ | 桜のブルーミングパワー »