« ポルトガルの台所 | トップページ | 桜色の季節 »

2008年3月20日 (木)

自作の花器で

一日陶芸体験で、お花器を作りました。

信楽の土を捏ね、細い紐を積み上げて、指でならし、の繰り返し。

(信楽焼きで有名なのはよく居酒屋の入り口にいる狸の置物です)

土の塊だったものがだんだん形を得ていくプロセスが面白かったです。

コネコネしていくうち、手の平に溜まった日頃のストレスのようなものも薄らぎます。

粘土のひんやりした触感もヒーリング効果がありますね。

焼きと釉薬塗りは先生にお任せし、焼き上がりの日までドキドキして待ちました。

Ans1_2 作ったときより少し小さく締まって、無事に焼き上がっていてほっとしました。

この器にはどんな花を活けたらいいかな?

花屋さんを何軒か回り、春の伊吹を感じられる花材を選びました。

アンスリウム (バニラ)、キイチゴ、グリーンベル、スイトピー(黄)、ローズゼラニウム

バニラ色と若葉色と少しだけピンクの色使いです。

Ans3_2 実はこのお花器には耳があります。

最初から兎をイメージして作ったわけではないですが、仕上げのときにどうしても耳を2つ付けたくなりました。

たまに兎の夢を見ることがあるんですが、何となく兎の形になりました。

小さめのサボテンの鉢をいくつか入れて、植木鉢カバーのように使ったら、耳が映えるかもしれません。

Greenbell2 グリーンベルはこんなに可愛いんですよ。

グリーンの風船の先にピンクの小さい花びらがピピっと出ています。

あまり見たことがないので、最近出回るようになった新種のお花かもしれません。

残った粘土で小鉢も作りました。

これにもついつい耳と眼を付けてしまいました。

一緒に作った友人は、トトロと言っていましたが、確かにとぼけた様子は似てるかもしれません。

Totoro白いガーベラをくわえさせたら、ちょっと面白い顔になりました。

次回は小さなフローティングキャンドルを浮かべようかと思っています。

|

« ポルトガルの台所 | トップページ | 桜色の季節 »

コメント

手作り感、いいですねー。
私も前に一日体験しましたけど、あの手に伝わるひんやり感、すき♡

いろんなお花をいけてみると、表情も変わりますね。素敵。
私は先生のつけてくれた釉薬が気に入らなくて、めっきり出番がありません。
(手作りの間接照明の中に入れてる電球の受け皿に使っています。。小鉢のはずが。)

投稿: 里子 | 2008年3月22日 (土) 19時50分

里子さん、陶芸は奥の深いよね。ほんの入り口だけを体験したけど、また機会があったらやってみたいと思いました。
焼きと釉薬塗りも自分でできるようになったら、更に違う世界が広がりそう。
里子さんちの手作り間接照明を見てみたい!
猫型じゃないよね!?

投稿: Fiona | 2008年3月23日 (日) 18時56分

手作りと書きましたが、実は姉の手作りなんです。正方形のテラコッタの焼き物で、ところどころ筋状の穴?があいていて、そこから光を楽しんでまーす。

残念ながら猫型ではなく 笑
でも猫村さん3巻、愛読中です。

投稿: 里子 | 2008年3月26日 (水) 09時19分

里子さん、お姉さんも手作り好きなんだね。
穴の開いた正方形のテラコッタに電球・・・ということは、プラネタリウムみたいな光の感じかしら?素敵だね。
猫村さん3巻、とりあえず立ち読みでパラっと読みました。
家の近くの本屋には去年と同じく猫村さんの張り子の人形が飾ってあったよ。

投稿: Fiona | 2008年3月26日 (水) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポルトガルの台所 | トップページ | 桜色の季節 »