« チョコレートの祭典 SALON DU CHOCOLAT | トップページ | スウェーデンのセルクロス »

2008年1月29日 (火)

削ぎ落とす

NISHIURA STYLE の西浦喜八郎先生に茶花を教えていただきました。

茶花は四季折々のお花を茶室に活けるものですが、いろいろな決まりごとがあり、とてもTsubaki1 難しいです。

普通の生け花との大きな相違点は、

削ぎ落として花材の本質を活ける」ということだと思いました。

自分なりに控えめに活けたつもりでしたが、垂れ下がりすぎた枝や、不要な葉を整理するよう先生にアドバイスを受けました。

足していく方が実は簡単。

ここの空間を補強するのにこの枝も、あの葉もと、饒舌な作品が仕上がります。

普通の生け花ならそれでOKですが、茶花は逆のベクトルに向かう必要があります。

削ぎ落として、削ぎ落として、植物に対峙していると、植物の方が活ける私の本質を観察しているような気がしました。

「え、これも要らないんですか!? え、これも?」

先生のお手は容赦なく動きます。

でも仕上がりを見ると、私の表現したかったもの (お花のエッセンス) は十分現れているので不思議です。

花材は白玉椿、土佐みずき、紅葉ヒペリカム (活けたのは12月中旬)

虫食いの葉で空間の広がりを表現し、開き始めた椿を巣篭もり卵のように葉の間から覗かせてみました。

最後に前面の椿の葉がまだ若干重いということで、手前の葉をちぎることを先生に勧められました。

迷っていると、「迷わず、作為なく」とのお言葉。

意を決してザクっとちぎりました。

最初の写真と比べてどうでしょうか。

Tsubaki2

|

« チョコレートの祭典 SALON DU CHOCOLAT | トップページ | スウェーデンのセルクロス »

コメント

こんばんは。この前のショコラにコメントつけたつもりで
私がミスしたかも?そうならごめんね。
私も材料がある時は家で花をアレンジします。
でも私の場合は冷蔵庫の中にあるもので
ご飯を作るのと似てるかも??
削ぎ落とすのは難しいけど、その美しさに触れるたびに
必要なことかもと思います。

投稿: ein | 2008年2月 1日 (金) 01時02分

einちゃん、ショコラの記事にもコメントしてくれたの? なぜか反映されてなかったです。ごめんね。
削ぎ落とすのは苦手な方です。。。足して、足して、あら余計だった!?というのが多いの。
茶花はほんと勉強になります。
料理は最近、作るものを決める前に冷蔵庫を覗けるようになりました!

投稿: Fiona | 2008年2月 1日 (金) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョコレートの祭典 SALON DU CHOCOLAT | トップページ | スウェーデンのセルクロス »