« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

2007年4月の12星座占い

ウーマンズキャリアナビ4月の12星座占いがアップされました。

12星座別の人付き合いの特徴とキーパーソン円滑な人間関係のためのパワーストーンについて書いています。是非ご覧ください!

4月は出逢いの季節。

新しく出会った人はあなたを映す新しい鏡のようなものです。

相手の中に自分と共通する要素、相反する要素を発見することで自分自身を発見できます。Haruameagari

その人と最初に対峙したときにどんな化学反応があなたの中に起きるでしょうか?

観察すると面白いものです。

手に汗を握る感じ。背中がヒヤリ。頬が熱い。

何となく好き、何となく嫌い。

年齢に関係なく、隕石直撃のようなLove at first sight もあるかもしれません。

また、2回、3回と顔を合わせるうち、その第一印象が急激に、または徐々に変化していくプロセスも興味深いですね。

人付き合いの醍醐味はここにあるのではないでしょうか。

初対面のとき、あなたのモラルでは受け入れられない言動を示した人が、次に会ったときに、天使のような人懐っこい笑顔で近づいてきたら、もう降参!ですよね?

反対に一番がっかりするのが、第一印象がバツグンで、第二印象が最悪なパターン。

でも両者の心身のコンディションが今一つだったのかもしれません。第三印象に期待しましょう。

春は五行でいうとが乱れやすいそうです。

木は(肝臓)を支配しています。

肝が乱れると怒りやイライラのコントロールが難しくなります。

また、4月は期が変わり、入社、転職、異動、入学、進級など環境面のストレッサーも倍増します。

ナーバスになって内に篭ったり、逆に攻撃的になったりして、人との距離感がうまく掴めない状況に陥りがちです。

そんな中、太陽星座から自分の人付き合いの傾向を探るのも、あなたの助けになります。

あなたの太陽星座から数えて7番目の星座オポジション(180度)の位置にあります。

あなたが他者に出会い、顔と顔を向き合わせているイメージです。

オポジションの星座の人は、あなたに新しい視点を提供し、人付き合いのパターンを補完、補強してくれる存在です。

あなたらしさを大切にしながら、オポジションのアイデアを取り入れていくことで、人に対するキャパシティを広げていくことができます。

オポジションの星座は、例えば牡羊座と天秤座、牡牛座と蠍座です。

エレメントでいうと、v.s. v.s.の組み合わせになります。

火(始めること) と水 (心をつなげること)は精神的なエレメント

風 (変化させること) と地 (形にすること) は物質的なエレメント

オポジションの星座同士はエレメント(興味の対象を表す) が、

精神 v.s. 物質になっています。

モード( 柔軟、活動、不動) は、両星座で同じ。

エネルギーの動かし方のパターンは似ています。

男性宮、女性宮の性も同じ。

積極的か受動的かという傾向も似ています。

このように似た動きをするにも関わらず、興味の対象が大きく異なる相手なのです。

オポジションの星座に関係するパワーストーンを身に付けたり、バッグの中に入れて持ち歩くと、人間関係を良好にするサポートになります。

詳しくは記事をご覧くださいね。

3月に別れを経験した人も、4月の出逢いを楽しんでください!

このブログに来てくださる全ての人に春が来ますように・・・・

Orangecalcit

| | コメント (7)

2007年3月26日 (月)

Happy Wedding!

Bon Voyage!

春が生まれた日Hanayomesan_1

二人の船がゆく

二匹の猫と

極上のシャンパーニュを載せて

面舵一杯 マストを張り

同じ風に髪なびかせ

同じ虹を見つめて

いってらっしゃい!

Bon Voyage!

友人のYちゃんが春分の日に都内の神社で結婚式を挙げた。

白無垢に角隠しをまとった彼女は、「花嫁さん」という表現がぴったりで、お人形のように愛らしかった。

初めてお話した旦那様は、海のように大きな人のようにお見受けした。

寄り添う二人。二人の姿をやさしく包むご家族の眼差し。

大丈夫。

この2人は、ずっと同じ船に乗っていく。

彼女の今の頑張りを、彼が両の眼でしっかり見ていてくれて、

10年、20年経ったとき、自らをスクリーンにしてリプレイしてくれるだろう。

良い旅を!

占星術で結婚しやすい時期を予測することはできる。

東西南北の軸(アセンダント、ディセンダント、MC、IC ) に重要な星 (可能性を広げる木星や変化をもたらす天王星、進行の太陽など)がやってきたり、

男性の出生の太陽の位置に進行の月が、女性の出生の月に進行の太陽がコンジャンクションしたり。

私の場合は、進行の太陽がアセンダントにやってきたときに結婚した。

私のアセンダントとパートナーの太陽星座が同じなのも大きな要因になったと思う。

アセンダントは始まりの場所なので、それ以降が人生本番という感じだった。

星のセッティングができていても、本人の意思次第なので、必ずそのときに結婚するかどうかはわからない。

そのチャンスや運の転換のエネルギーを仕事や創造活動に使う人もいる。

お互いを鏡として歩んでいくことを決意したとき、それがベストな結婚のタイミングなのだろう。

Sakurashizuku

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2007年3月23日 (金)

MUJI GIFT CARD

3月16日から発売された、無印良品のプリペイド式ギフトカード、MUJI GIFT CARD をいただいたので、早速使ってみた。

·チャージができるので、何度でも繰り返し使えるMujigift

·ネットストアでも使用できる

というメリットがある。

でも、何よりカードのデザインがカワイイのが一番気に入った。

そっけない表紙をスライドすると、!マークの付いたグリーティングカードと、ICカードが入っている。

特にいただく理由がないのにプレゼントをもらうのはうれしい。

驚きと喜びがカードの!マークに閉じ込められているようだ。

お返しするのが気恥ずかしいなら、「チャージしといたから」と無造作に差し出すのもいい。

3000円入っていたので、2人用の小型ミキサー(定価2,100円)、裾にレースの付いたスパッツ (定価1000円 「レギンス」ではない。違いは何?) を購入。

Mujigift2_1 冷え性緩和に良いと聞いたので、朝食に人参とリンゴのジュースをミキサーで作っている。

冷えはまだ感じるが、日中の頭の働きが多少、良くなったような····気がする。

| | コメント (2)

2007年3月15日 (木)

春夜のお茶

Sakuramochi_1溜息ひとつ 深呼吸もひとつ

差し込んだ鍵 ガチャリと回るまで

Repeat after me

ほら、南風が胸いっぱい

その心地 抜けないうちに

お湯を沸かして 人肌温度のお茶を入れ

春のお菓子を横に添え

一人だけのお茶会

あの日の笑顔に あの夜の涙 Dessert_rose_2

思い出すうち

つられて笑って

つられてホロリ

甘い味覚で思い出閉じ込め

常春の人になる

| | コメント (0)

2007年3月12日 (月)

La Vie en Rose

月の満ち欠け、月よりの使者が刻むバイオリズム。

女性の心と体は揺らぎと切り離せない。

深い呼吸とともにローズの香りを嗅ぐと、ピアノ線のように張った神経を緩め、安らぎへと導かれる。

女性ホルモンをバランスさせる作用もあるので、PMS(月経前緊張症候群)のイライラに悩む人にはお勧めしたい。

ローズのエッセンシャルオイルの中でも、ブルガリア産のダマスクローズを水蒸気蒸留法によって抽出したローズ・オットーは、朝露に濡れた薔薇の花に顔を埋めたときのような芳しい香りがする。

たった1gを抽出するのに約2000本のバラの花が必要な貴重なオイル。

アロマテラピーを学び、教えていた頃、1mlで数千円したローズオットーを最後のひとしずくに至るまで大事に大事に使っていた。

Rosesoap_1 先日、Natural Lawsonにて、石鹸メーカーの松山油脂と共同開発のオリジナルスキンケア商品 Rose the Rose を見つけた。

ローズ・オットー、ローズヒップエキス、センティフォリアバラ花エキスが配合された基礎化粧品ライン。

モイストピュアソープは、確かにローズ・オットーの香りがする。

これで1,575円は安い。

お風呂場にローズの香りが漂い、泡立ちも滑らかで気持ちのよい石鹸だった。

フランスのアルザス地方のChristine Feber (クリスティーヌ・フェルベール) さんが作るジャム (コンフィチュール) は、季節の果物、ハーブ、スパイス、ワインを組み合わせて作られる。

(クリスティーヌさんは、伊勢丹のサロンド・ショコラで来日されたときにお見かけしたけど、ほっこりとふくよかな女性だった)

ピノ・ノワール&ブルーベリーにするか、ラズベリー&ローズにするか迷ったけど、ローズつながりで後者を選んだ。

プチプチのラズベリーにローズの花びらが少し入っていて、食感も面白い。

ローズヒップティーにひと匙混ぜると、ローズの親子ティーに!

Ferber_1

| | コメント (4)

2007年3月 9日 (金)

愛のために欲するなら

何かを欲しているとき、自分に問いかけてみてほしい。

その願望はどこから来ているのか。

エゴから来ているのか。

それともから来ているのか。

それを思うとハートが暖かくなり、穏やかな気持ちになるなら、それは愛に根ざしたものだろう。

それを思うと頭が熱くなり、落ち着かない気分になるなら、エゴに根ざしたものかもしれない。

エゴ=自己愛が必ずしも悪いとは思わないけど、エゴからの願望はあなたを混乱させることが多い。

「あの人は持っているのに、私が持っていないのは不公平だ」

「当然持つ資格があるのに持つことができないのはおかしい」などなど。

頭があれこれうるさく言い出すなら、それはエゴからの願望であるばかりか、あなた自身の望みではない場合もある。

外の世界に慌ててそれを取りに行く前に、ゆっくりと問いかけて。

それは一体、私が心底欲しているものだろうか?と。

自分に備わっている最善のものを他者のために使いたいという願いなら、それは多くの人と共鳴し、増幅されていくだろう。

とはいえ愛という概念は、各人それぞれ定義が違う。

「愛とは何か」というテーマ自体もその人が一生かけて追求していくものだろう。

恋人への愛、家族への愛、友人への愛、地域、国、地球、宇宙と広げて、つなげていくうちに、あなたが欲しているものも自然に集まっていく。

きっと、そういうふうにこの世はできている。

Inthepark_1 

| | コメント (0)

2007年3月 8日 (木)

占い師は何故黒を着るのか

春物がお店に並び始め、パステルカラーの服をいくつか胸に当ててみたけど、どうもしっくりしない。

黒、黒、が着たい。

だけど、黒が着たいと積極的に思うのは初めて。

ここ数年はピンクや紫や茶色やゴールドだった。

求める色が変わるのは、何かが終わって何かが始まるときなのかもしれない。

黒は光の届かない闇の色。

情熱の色の赤と安らぎの色の緑を足すと黒になるし、

イロイロな色を足していくと最終的には黒になる。

全と無を併せ持った黒。

クライアントさんをサポートする占い師は、ときに黒子のように背景に溶け込む必要がある。

だから黒を着る占い師が多いのかもしれない。

パーソナルカラー診断でいうと、一番黒が似合うのは、黒い髪にくっきり黒い瞳、白い肌を持った「冬」の人。

(芸能人でいうと、江角マキコさんとか。)

私は秋と夏のミックスなので、はっきり言って黒に負けてしまう。

似合わない色でも、アイラインにその色を持ってくると馴染むらしい。

黒の目張りバリバリからスタートしてみようかな。

Korean 

| | コメント (2)

2007年3月 3日 (土)

桃の節句

桃の節句らしいことをしないまま帰宅したら、ポストに友人から福岡の柳川というところのお土産が届いていた。

ちりめん細工のかわいいお雛様!

ご無沙汰している人に手紙でも書こうと思って用意していた、

手紙用のお香シール、春らしい葉書と一緒に写真をパチリ。

Ohinasama_2 柳川は、ひな祭りの「さげもん」が有名だ。

(一文字違うと大変なことになる!)

さげもんとは、女の子の健やかな成長を願って、縁起のよい鶴、兎、宝袋、鳥、お人形などのちりめん細工をぶら下げた飾り。

毎年3月1日から4月3日までの「さげもんめぐり」では、柳川藩主の別邸、御花をはじめ、町中の至るところで、古くから伝わるお雛様や豪華絢爛なさげもんが飾られている。

水郷のまち、柳川はクリークをゆったりと川下りして、鰻のせいろ蒸しをいただく楽しみもある。

はぁ、また行きたいな。

| | コメント (4)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »