« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

2007年3月の12星座占い

ウーマンズキャリアナビ3月の12星座占いがアップされました。

トップページ右下にFionaの西洋占星術への入り口があります。

3月は「心が疲れたときにお勧めの本」を12星座別にご紹介しています。

是非ご覧ください。

3月始め、現実の星、土星と理想の星、海王星がぴったりと180度に向かい合い、お互いを引っ張り合います。

その影響で、自信をなくしたり、重苦しさを感じている人も多いかと思います。

180度(オポジション)の角度は、その二つの惑星の象徴を両立させることの困難さのほか、二つの惑星の意味を果てしなく追い求めていく姿がうかがえます。

夢を見ているだけで何もしないと、おいしい香りを嗅ぐだけでいっこうに夢を食べることはできません。

お財布とパンのことだけ考えていれば生活は安定するかもしれませんが、心がシワシワになってしまうでしょう。

夢の実現に向けて第一歩を踏みしめると、すぐさま自分に足りないところが見えてきて、ゴールの遠さに途方にくれるかもしれません。

理想を現実の生活に落とし込むこと」は、この地球上に生きる限りどんな局面においても要求されることです。

土星と海王星のオポジションはそのことを今一度私たちに示唆しているようですね。

(この配置は今年6月後半にも再び形成されます。)

このハードな時期を乗り切るには、短い時間でも意識して一人の時間を持つことが助けになります。

周囲の雑音からしばし離れ、自分自身に問いかける時間を過ごすと、本当に欲していることが明確になってきます。

あるいは、本当はそれを欲してなかったことに気付くかもしれません。

同時に、夢を実現するためにやらなければならないこと、整理しなければならないことが見えてきます。

一人で読書することもいいでしょう。

各星座の一つ前の星座 (牡牛座なら牡羊座)は、自分の力を発揮する前の準備段階、卵の状態に当たります。

一つ前の星座のニュアンスを加味しながら、「心が疲れたときにお勧めの本」を考えてみました。

参考にしていただけるとうれしいです!

Sakurazaka0702

| | コメント (6)

2007年2月26日 (月)

ハッピーターンにハートが!

昨日、ハッピーターンを食べていたら、発見!

ハートが☆Happyturn_1

最近、こういう変型が入ったの多いよね。

なーんか、いいことがあるかなぁと思っていたら、

今日、19歳の姪のことでうれしいことがあった。

悲しいことがあったり、楽しいことがあったり、

禍福はあざなえる縄のごとしだけど、

幸福感の閾値は年々低くなってきている。

少しのことでもホントに幸せ。

がっかりすることがあっても、はい、次行こ。と頭を切り替えられる。

年を取って、楽になりました。

| | コメント (0)

2007年2月24日 (土)

春待ちネイル

Kanzakura2_1先週春一番が吹いたけど、今日は冬型の気圧配置が戻って北風が頑張っている。

今朝公園に行ったら、8分咲きぐらいの河津桜が冷たい北風に大きくしなっていた.

東京では初雪前に春一番が吹くという暖冬だけど、この北風は本来2月にあるべきものなんだろう。

冬と春の拮抗をゆっくり楽しみながら春を待ちたい。

ということで、今回は桜のネイルにしてみた。

ネイリストの森さんが持ってきてくれたサンプルは、渦巻状のラメの上に、桜の花が一輪と花びらがハラハラと流れるようにデザインされている。

Nail0702_2_3 綺麗!!

彼女は手先の器用さと画才を併せ持った方で、女らしいデザインが得意。

12月の雪の結晶のネイルでは、結晶の筋の一本一本まで精緻に描いてくれた。

爪の形はずっとスクウェアだったけど、久しぶりにオーバルに変えた。

ベースは透明のカルジェル。

光によってグリーンの光を放つ薄紫のラメでフレンチに。

森さんは3Dの桜の花はピンクに近い紫で描いた後、花弁の中心にピンクを足してぼかした。立体感が出てやさしい雰囲気になる。写真ではわかりにくいのが残念。

Nail0702_2_2 どうせなら「サクラサクがいいなぁとお願いして、流れる花びらを薄いグリーンの葉に変えてもらった。

さらにシルバーの小さい玉と、グリーン、オーロラのストーンを足して出来上がり。

薄ピンク、グリーン、白の光で、ひな祭りの菱餅の組み合わせ。

受験生の皆さん、夢を追いかけてる皆さんに、早くサクラサクが届きますように!

(*写真の上でクリックすると拡大表示できます)

Nail0702_2_1

| | コメント (2)

2007年2月23日 (金)

河津桜に祝いの気持ちをこめて

近くの公園で河津桜が見頃を迎えつつある。

河津桜は静岡県の河津町の桜を原木とした桜で、毎年2月~3月にソメイヨシノより早く満開になる。Kawazuzakura

冬特有の澄んだ空にピンク色の花がよく映える。

2月は友人たちの誕生日が相次いだ。

花にあふれた春を呼び込めるようにとの願いを河津桜に託してお祝い・・・

2月4日は、ウーマンズキャリアナビの占い記事の仕事を紹介してくれたayayaちゃんと、一回り以上年下の友人TJちゃん。

昨日2月22日は、高校時代からの大親友(人生の半分以上親友でいれたことは驚異的!)と、去年お友達になったハンサムウーマンな友人の誕生日だった。

また16日はいつも刺激を与え合っている友人の誕生日だったので、昨夜、神宮銀杏並木のイタリアン、SELANにて遅めのお祝いをした。

うっかり座席に忘れ物したら、スタッフの方が並木道を追いかけて届けてくださった。とっても大事なものだったのでうれしかった。

ここは90年代の思い出が蘇るなつかしいお店だ。よくドラマの撮影現場にもなっていた。

Flowershop2 誕生日は生まれたときの太陽の位置にお空の太陽が戻ってくるとき

(太陽回帰)。

その瞬間、来年の誕生日までのあなたが生まれる。

誕生日は、去年までの古い衣を脱ぎ去って、新しい花を咲かせる意思を再確認する日でもある。

| | コメント (4)

2007年2月18日 (日)

女は自由。私らしいキャリア

女性誌のFRaUが新装刊になった。

女は自由。がコンセプト。

新装刊第一号は、ハケンの品格でバリキャリ派遣OLを演じている篠原涼子さんを表紙に、「私らしい仕事、私を変えない結婚、あります」特集。

思わず、奮いつきたくなるテーマだ。

Window_crystal3 一般的に男性と比べて、女性の方が「私らしさ」に貪欲のような気がする。

同時に、自分が持ってないもの、足りないものに敏感だ。

「私らしさ」の分析が十分でないと、理想像を他人に投影してしまう可能性もある。

持っているあの人」と「持っていない私」のような相対的な図式にしてしまうと、かなり苦しい。

現在、理想の星、海王星と現実の星、土星が真正面に対峙(180度、オポジション)しようと進んでいる。

その影響で、理想と現実の対立を心の中に抱え、モヤモヤが最高潮に達している人も多いかもしれない。

海王星は魚座を支配しているので、特に魚座や水の星座(魚、蠍、蟹)の星座の人、海王星が現在位置する水瓶座の人はダメージが大きいかもしれない。

オポジションはターゲットを決めて、黙々と追求していく配置なので、今回の海王星と土星のオポジションは、理想を現実の中に着地させようとする人には心強いサポートをくれるだろう。

Window_crystal2 私らしさと安易に口にする前に、今の私はどんな私だろう。と分析することからスタートしたらどうだろう。

今まで培った能力や才能。

何をすることが好きで、何をすることが楽しいか。

10年後、どんな人になっていたいか。

何かを勉強したいならそのためのリソース(資金、家族の協力)があるかどうか。

ありがたいことに、現代の女性はリソースを最大限に活かして自分の人生を楽しむことが可能。こればかりは先人の女性たちの苦労と努力の賜物。感謝あるのみだ。

子育て中の人は、思うように勉強や仕事ができないかもしれない。

私はまだNo kids だけど、母親になった友人たちの変化を見ているととてもまぶしく思う。

しなやかにたわむことを知った心、他人に対する思いやりの深さ、地球環境への関心の増加。火事場のバカ力だって出てくる。

子育てで広くなった視野を強みとして、今できる仕事に取り組んでほしいなと応援している。

私分析を終えたら、後は現実の生活の中で私という素材を磨いていくだけ。

太陽の光を受けたクリスタルは、磨きこまれているほどさまざまな色を反射する

女性の皆さんには自分が持っている色を思う存分に発揮してほしい。

占星術的に見た天職については、過去記事の「Calling from MC」をご覧ください。

占星術は私を知るための、一つの手段です。

キャリアアドバイザーも心強い味方。

キャリアアドバイザー(CDA)の友人、五十嵐ゆきさんが、私も占いの記事を書かせていただいているウーマンズキャリアナビにて、お仕事悩み相談の記事を書いています。

是非ご覧ください。

トップページ真ん中の、[Work]の欄に、[お仕事悩み相談室] へのリンクがあります。

Window_crystal1

| | コメント (4)

2007年2月15日 (木)

あきらめる

春一番が吹いた翌朝、「もう、いい。あきらめる。」と言って家を出た。

冷たい風がほてった頭を冷ました頃、あきらめるの語源は何だろうと、ふと思った。Yugure_0702

ネットで検索したところ、仏教に由来する言葉で、「明らかに(見)極める」がなまって、「あきらめる」になったそうだ。

物事の本質を見極める。現実を知る」ということだ。意外。

もともとは、「もうやめた!」と放り投げる言葉ではなかったのね。

仏陀の教えの根幹をなす、四諦八正道の、「」が漢字に当てられている。

(ポジシン派の私は、人生は苦しみであると説く四諦の教えに違和感を感じるけど)

Eveningstar_jochi 帰宅後、家人に、「ねぇねぇ、あきらめるの語源はね」と話したら、

「そんなの高校の古文で習ったよ。知らないの?」とあきれられた。

ひょっとして常識だった!?

未来を創るベースは今この瞬間の現実。

明らかに見極めた目だけが、未来を見つめることができる

一度は放り投げたことが、手の平に新しい顔をして息づいている。

2月18日の水瓶座の新月は、まさしくそのテーマを表していると思う。

Scabiosa_1 

| | コメント (4)

2007年2月14日 (水)

ワンセグ携帯 W51CA

ある朝突然携帯の電源が入らなくなった。

マニュアルに書いてあるとおり、電池パックを取り出し、また入れ替えたら何とお買い上げ時の状態に!

原因はわからないけど基盤をそっくり交換することになり、データは復旧しないまま。

アドレス帳、スケジュール帳、詩の書きかけのメモ帳、全部飛んじゃった。

アドレス帳は半年前の分までバックアップを取っていたので、何とかセーフ。

携帯に依存したら何かあったとき怖いなぁと思っていた矢先の出来事だった。

W51ca_1_1 これを機に、ワンセグ携帯に機種変することに。

修理から戻って来た日にちょうど発売になった au用、CASIOのW51CA

以前使っていたW41CAの後継機種だ。

·W41CAには付いてなかったサブウィンドウが付いている

·PCサイトビューアーでポインタが使える

·インターネットのページ上でコピー機能が使える

のが便利!

さて、ワンセグ携帯。どのように活用しよう。

私はテレビっ子じゃないので、どこでもテレビが見れると言われても、そこまでして観たい番組はない。

スポーツ観戦のとき、携帯でテレビ中継をチェックしながら···というのはよさそう。

去る2月4日、秩父宮で行われたラグビーのマイクロソフトカップ決勝(東芝対サントリー)を観戦した。

現役ラガーマンの方にルールを解説していただきながらという、贅沢な観戦。

ご自身も試合に集中されたいだろうに、「今のはね、こうなってこうなったから、この反則を取られたんだよ」と懇切丁寧に教えていただいた。

でもせっかく教えていただいても群集の中でモゴモゴやっているプレイは、初心者は遠目からでは判別できない。

こういうとき、ワンセグ携帯があれば細かいところをチェックできるので便利だろうな。

社会人ラグビーは初めて観たけど、学生の試合より更に激しい。

ラガーマンさんの体は年を重ねるほど強くなるのかな。

実力が拮抗している両チームは守りも堅くて点があまり入らなかった。

東芝がロスタイムに1トライ+コンバージョンキックを決め逆転。

最後の最後に14対13でサントリーを抑えて優勝した。

サントリーを応援していたのでちょっと残念。。。

W51ca_2 次回はルールブックと携帯持参で観戦に行くつもり。

ウーマンズキャリアナビで執筆した2007年の12星座占いでは、牡牛座の2007年のラッキーグッズワンセグ携帯としています。牡牛座の方、ご参考にしてください。

| | コメント (4)

2007年2月11日 (日)

たまには遠回りを

遠回りしておうちに帰った。

Yugure_1 いつもはまっすぐ行くところを右に曲がり、左に曲がるところを右に折れて。

見知らぬ道には、異なる時間が流れている。

よそ者気分が心地良い。

以前はテレビ局があった通りをずんずん歩く。

道すがら、品揃えが充実したハーブショップを発見。

今日はこれを買って帰らなきゃと思っていた品物 (死海の塩とルイボスティー)がそのお店に売っていたので、ちょうどよかったと購入。

しばらく行くと、通りに面してお花の苗を飾っているお花屋さんが。

Flowershop北米原産のルピナスが裸電球に照らされていた。

店内に入ると、ワイルドストロベリーの苗が1つだけ残っていた。

ワイルドストロベリーの伝説を信じてじゃないけど、1つだけっていうのにピンと来るものを感じて、連れて帰った。

(ワイルドストロベリーの花が咲き、無事実がなったらその人は幸せになるっていう伝説あったよね。)

結局2駅分歩き、いつも利用する駅に違う方向から到着した。

たまには遠回りもいい。

Wildstrawberry 暖かい日が続いたせいか、ワイルドストロベリーが早々と白い花を咲かせた。

いつ実がなるんだろう?

太陽と水と愛情で大切に育てよう。

| | コメント (2)

2007年2月 8日 (木)

カカオの季節

勉強を見ている中学生の男の子と、そこの家のおじいちゃんにバレンタインチョコを用意した。

Choco_ladybug2_1 日本のAlex&Michael というショコラティエのもので、てんとう虫とミツバチのマスコット付き。

先日ついに私の背を追い抜き、成長目覚しい教え子にはミルクチョコレートとフルーツ味のチョコレートが入っているてんとう虫の方を。

まだまだあどけないところもある彼には、ビターチョコレートは早い。

音楽鑑賞が趣味で、いつも手招きしてCDを貸してくれるおじいちゃんにはミツバチの方を。

Bee~♪ というミツバチの羽音が音楽を連想させるので。

カカオ豆について少々。

Cacao_mame カカオ(学名:Theobroma cacao)はアオギリ科の高木で、南米、アフリカ、東南アジアなどの熱帯雨林に生育している。

大きな実に、数十個の豆が入っている(上写真)。

カカオ豆を発酵させ、皮と胚芽を除いてすりつぶし固形状に固めたものがカカオマスといって、チョコレートやココアパウダーの原料になる。

カカオは紀元前2000年くらいから古代メキシコで食されており、もともとはお菓子ではなく、薬として位置づけられていた。

16世紀のアステカの皇帝はバニラやスパイスで香りづけしたカカオ飲料(チョコラトル)を不老長寿の薬として飲んでいたそうだ。

アステカ族はカカオ豆10粒とうさぎ1匹と交換していたそうなので、当時は貴重なものだったことがわかる。

アステカを滅ぼしたコルテスがカカオをスペインに持ち込み、スペイン人が初めてチョコレートに砂糖を入れた。

チョコレートを題材にした大好きな映画は、ジュリエット・ビノシュとジョニー・デップ主演の『ショコラ』。

お客さんの好みのチョコレートを言い当て、お薬のように処方する魔女っぽいショコラティエの女性と、ジプシーの男性とのラブストーリーだ。

原作はもっと魔女的で、重苦しい母娘の葛藤も描かれている物語だが、映画は爽やかに仕上がっている。

印象的だったのは、ヒロインが作るチョコレートを食べて、倦怠期の老夫婦が青春を取り戻す微笑ましいシーン。

カカオに含まれるテオブロミンという成分には自律神経を調整する作用と、穏やかな興奮作用があるのも納得だ。

ある友人は、「きれいな色の服が着たくなるよ」とこの映画を私に勧めてくれた。

シングルマザーのヒロインが恋によって身も心も開かれていく過程に、チョコレートが彩りを添えている。

| | コメント (2)

2007年2月 3日 (土)

節分に福豆

今日は節分。

今年も赤坂 塩野の福豆をいただいた。

(年配の方へのお遣いものには、このお店の菊最中がお勧め。つぶ餡の甘みが穏やかでおいしいです。)

Setsubun_fukumame07

お多福と鬼の干菓子に、やわらかいソラマメのウグイスきな粉がけ、カシューナッツの砂糖がけなど、本当においしくて・・・「鬼は外!」と撒くにはもったいない。

年の数は優に越えるくらい食べてしまったかも。

Setsubun07

せっかくなので、お多福と鬼を仲良くハート型にディスプレイしてみた。

お皿は奈良の赤膚焼のもの。

お殿様とお姫様、赤とんぼ、鹿の親子の古都らしい絵付けがかわいい。

(写真の上でクリックする拡大表示します)

もちろん悪い鬼には出て行ってもらい、お福さんには千客万来で来てもらいたい。

だけど、陰陽で成り立つこの世の中。

ただただ、明るいだけの良い人より、ピリっとしたところやドロっとしたところを隠し味として併せ持ち、相手の反応を見ながら自由自在に出し入れする小粋な人に魅力を感じる。

年を重ねたらそうなれますように・・・と願いを込めて、鬼の干菓子をポイっと口に入れた。

節分とは、「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことだから、本当は年に4回ある。

季節が冬から春に移る立春の前日のみを、一般に節分と呼んでいるそうだ。

東洋系の占いでは、節分を年の境目にしており、節分以前の生まれの人は前年生まれと見なす。

それが頭にあって、立春と中国の春節(旧正月)は同じ日かと思っていたけど、別の日だ。

春節は旧暦(太陰暦)の1月1日で、暦の数え方の関係で、立春より前になったり、立春より後になったりする。

今年の春節は2月18日(日)。

年が明けて既に中だるみ。。という人は、横浜中華街で爆竹の音を聞きながら、もう一回新年を迎えるのもいいかもしれない。

去年の記事: 節分に鬼を食べる

| | コメント (2)

2007年2月 1日 (木)

2007年2月の12星座占い

先日2007年の占いを書かせていただいた、ウーマンズキャリアナビ様に、今月より毎月、月間の12星座占いを執筆させていただくことになりました。

このような素晴らしいチャンスを下さった関係者の方々に、深く御礼申し上げます。

Fionaの西洋占星術 2007年2月の運勢

トップページの右下に入り口があります。

このブログの左側にも「月間12星座占い」というリンクをはりました。

毎月月末頃、翌月の占いがアップされる予定です。

今月は、12星座別の全般運、仕事運、恋愛運に加え、バレンタイン特集ということで、

各星座の彼が好きなチョコレート」も掲載しています。

是非、Happy Valentine の参考にしてください!

毎月このような企画モノも入れつつ、女性のリアルな生活に根ざした、具体的かつポジティブな占い記事を書いていくつもりでおります。

何かご意見やご希望がありましたらお知らせくださいね。

ウーマンズキャリアナビは、女性のキャリア支援の専門サイトです。

キャリアアップを中心に、女性がイキイキと生活を楽しむためのヒントがたくさん載っています。

3月4日(日)には、転職支援・人材開発の専門家やプロコーチの方々による、女性のためのキャリアアップセミナー(無料)が開催されるそうです。

総合司会は私の友人の中林亜弥さん

ゴージャスでよく気がつく彼女のことなので、セミナーも和やかな雰囲気で進むんだろうなと思っている次第です。

Hikokigumo_2

| | コメント (8)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »