« ホロスコープの中心へ | トップページ | 2007年2月の12星座占い »

2007年1月30日 (火)

愛しのショコラ

もうすぐバレンタイン。

カカオの実を咥えて生まれてきたのかな?と思うくらい、チョコレートには目がない。

ここ数年は、新宿のデパートで毎年1月に開催されるチョコレートの博覧会でまずは自分のためのチョコを品定めする。

バレンタイン本番はそれから。

どのショコラティエもカカオ濃度が70~80%の高いものや、スパイスを効かせたものに力を入れているようだ。

私の No.1 は、フランスはロアンヌ地方のショコラティエ、Plarus のピラミッド

カカオの産地別に10種類のタブレットが、カラフルな紙にくるまれて積み重なっている。

Praluschoco大事に一枚ずつ食べようと思っていたけど、締め切りの迫った書き物を夜中にやっていたら、頭がショコラの刺激を欲しがってどうしようもない。

大急ぎでブログ用に写真を撮った後、1行書いては1枚食べ、包み紙に味の印象を記入していった。

カカオ濃度は濃いけど、口当たりよくまとめられていてどれもおいしい!

一番気に入ったのは、Madagascar (マダガスカル産のカカオ)。「さっぱりとした中に干し柿のような深み」

2番目はPapouasie (パプアニューギニア)。「酸味控えめ。おいしい!」

3番目はGhana (ガーナ)。「ストロベリーのようなフルーティーな味」

4番目はTrinidado(トリニタード)。「ナッツのような香り」

5番目はVenezuela (ヴェネズエラ)。「すごく酸っぱいけど、おいしい!」

NO.2 のショコラティエは、日本の cagi de rêvesキャギ・ド・レーブ

Cagichoco大阪にお店があり、東京初出店とのこと。

マダガスカル産の厳選したカカオ豆を使用している。

心の扉を開く」とことがテーマとなった、鍵穴と鍵をモチーフにのチョコレートは、火星と金星の組み合わせ=ホットな恋愛を連想させる。

これは、既にお付き合いをしている彼へのプレゼントに最適では?義理チョコにはちょっと意味深すぎる。

店名のcagi (キャギ)は、「鍵」をもとにした造語ということだ。耳の中を転がるような語感がいい感じ。

「ノシベ」というマダガスカルの地名が付いた、カカオ77%のものを購入。

苦さはそれほどでもなく、爽やかな酸っぱ味はやみつきになりそう。

ミルキーがお好みの彼には、サンビラーノ オーレというミルク分が多く、マダガスカル産バニラが香るものがお勧め。

No.3 のショコラティエは、試食のみだったけど、イタリア、トリノのグイド・ゴビーノ

ホワイトチョコにピンクペッパーがピリッと辛い、コンファネット・ディ・スペーツィエがバレンタイン用に売られていた。

ヴェネズエラ産カカオのチョコに天然ラベンダオイルで香り付けしたものとセットになっている。

まだまだチョコレートについては書き足りないので、後日続編を。

*****

2月2日(金)まではこちらでネット通販できるものもあります。

Pralusのピラミッドは残念ながら売り切れ。店頭販売に期待。

|

« ホロスコープの中心へ | トップページ | 2007年2月の12星座占い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホロスコープの中心へ | トップページ | 2007年2月の12星座占い »