« ヌチドゥタカラ (命ドゥ宝) | トップページ | ル・クルーゼで松の実粥 »

2006年11月12日 (日)

弁天様のお膝元-井の頭公園

井の頭公園には弁財天(弁天様)をお祭りした神社がある。

Sazanka_inokashira「ここでボートに乗ったカップルは別れる」っていうよくある都市伝説は、この井の頭池にも存在する。

弁天様が女性の神様だから仲むつまじいカップルに嫉妬するって。

「あたくしが嫉妬ですって!?」という憤慨の声が聞こえてきそう。

美しい弁天様は6人の男の神様の取り巻きを引き連れていているのに!

弁天様はもとはヒンドゥー教の河の神様サラスヴァティー

河の流れの音が、音楽や言葉を連想させることから、芸術や学問の神様として信仰を集めている。

どうりで、ストリートミュージシャンやヘブンアーチストが多い。

オミゴトの人も、コレカラの人も、百花繚乱、自由に個性をアピールできるのは、弁天様のお膝元だからだろう。

月明かりの夜の七井橋(池に架かるメインの橋)は風流だ。

たまにしみじみとした声で歌っている人がいると、少しの間、足を止めて聞き入る。

Ca330905週末には自然発生的なマーケットが立つ (ほんとは売買行為は禁止だと思うけど)。

場所的には、丸井の横の通りから公園に入り、駅側を背にして七井橋を渡らず、池沿いに左側に行ったあたり。

どこからか仕入れてきた物や、手作りのものを売っているお店、カード占いや、似顔絵書きさんなどがある。

お散歩がてらときどき冷やかして通るのだけど、この前、かわいい小物やビーズのアクセCa330902_1サリーを売っているお店を見つけた。

オリジナリティ溢れる品々。丁寧に、心を込めて作っていらっしゃるのが伝わってくる。

ちょうど携帯ストラップを変えようと思っていたところなので、ピンクのバラのストラップを購入。

Ca330901_2デットストックの布を使ったクッションみたいなバッチもかわいい。

この公園の自由な空気は、きっと大らかな弁天様に守られているのね。

|

« ヌチドゥタカラ (命ドゥ宝) | トップページ | ル・クルーゼで松の実粥 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。