« しし座流星群と新月に願いを | トップページ | 幸運の木星が射手座へ »

2006年11月22日 (水)

願い事その後に

昨日の蠍座の新月にお願い事した方へ、追っかけのアドバイス。

Leaf

Focus, then Release

いったん願い事に集中したら、その後は願い事を手放しましょう。

ついつい雨乞いの儀式みたいに念を強くして祈願しがちだけど、肩に力が入って疲れてしまいます。

眉間にシワを寄せてウンウン言ってたら、あなたの周りの人も疲れてしまいます。

(ハズカシながら、人一倍念の強い私は自分への戒めのつもりで書いてます)

新しい変化を望んでいるならなおさら、新しいものが入ってくる余地を残しましょう。

物質世界に生きている私たちにとって、何より大切なのは日常生活。

願い事を天に向かって手放したら、眉間を緩めて日々の仕事に戻りましょう。

今あなたがいる「ここ」がステージです。

決して、まだ見ぬ「あそこ」や、過去の「どこか」にはありません。

試験に受かりますように!と願った人は、いうまでもなくお勉強しないとね。

Focus するのに役に立つこと

·願い事を書きとめる (まだの人、今からでもいいから書いて!)

私は~します」という一人称の現在形にするのはオススメです。

「私は」という言葉はとてもパワフル。宇宙に対して宣言(アファーメーション)しましょう。

好きな画家のポストカードや、お気に入りの便箋に、好きな色のペンで書くと楽しいです。

·目を閉じて、願い事が叶ったらこんな感じ?と想像する (ヴィジュアライゼーション)。

ちょうど夢を見るように、微に入り、細に入り思い描いて。

あなたのそばには誰がいますか?何色の服を着て、何を話してる?

願い事が叶った楽しい気分を味わったら、目を開けましょう。

Release するのに役に立つこと

·願い事を書いた紙を引き出しの中にしまう

願い事を意識の外に出すのに効果的です。

次の新月のときに開けて読み返しましょう。そのとき実現していなくても悲観しないで。

何か変化の芽が出てきていたら、それを信じてまた引き出しにしまいましょう。

·願い事を書いた紙をキャンドルの炎で燃やす

これは私が以前翻訳のお手伝いをしていた、ネイティブアメリカンのシャーマンの人がエッセイの中に書いていました。

立ち上る煙があなたの願いを天に届けてくれるそうです。

*火事にならないよう、くれぐれも注意!燃やすときは耐熱性の大きめ深めの容器の中で。万一のときのために、水をそばに置いてください。

さてさて、1ヵ月後、3ヵ月後、半年後、1年後、何を願ったか思い出してみて。

もちろん叶ってない願い事もあるでしょう。その場合は軌道修正が必要。

形を変えて叶っていること、きっとあるはず。

実現に向けて進行中のこと、きっとあるはず。

ヴィジュアライゼーションしたシーンの中に自分がいるのを発見すること、本当にあるかもしれない!

···用法用量お守りください♪☆

次回の新月は、2006年12月20日(水)23時Candle_2001_1、射手座にて。

|

« しし座流星群と新月に願いを | トップページ | 幸運の木星が射手座へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しし座流星群と新月に願いを | トップページ | 幸運の木星が射手座へ »