« 麹町カフェとル・クルーゼ | トップページ | ヌチドゥタカラ (命ドゥ宝) »

2006年11月 6日 (月)

marimekkoの靴下から連想

いつの間にやら、足元が冷える季節になった。

子猫を飼い始めた友人の誕生日にフィンランドのファブリックブランド、Marimekko_socksmarimekko の靴下をプレゼントした。

かわいい猫ちゃんと遊ぶときに足が冷えないようにと思って。

その後、表参道のショップで、自分用に色違いの靴下を購入。

どぎつい色彩だけど、こたつカバーを連想させるようなあったかさ、なつかしさがある。

北欧の雪景色には赤や青の明るい色彩の家々が映える。

彼らは光り輝く夏を恋焦がれる人々だ。

右側のポーチは、母が福岡にオープンしたお店で何の気なしに買ってきた。

ペタッと平らだけど収納力は抜群。旅行に重宝しそう。

アストロマップの記事にも書いたけど、占星術的に見て縁がある、開運のきっかけになる国や街がある。

私の場合、フィンランドは物事を始める力を得ることができる場所だ。

それを意識したわけじゃないけど、私の生活の中に「フィンランドもの」がいくつか存在している。

今年の春、今ちょうどビデオのレンタルを開始したかもめ食堂 (フィンランドが舞台) を観たのをきっかけに、以前の食器を一掃してiittala の食器を揃えた。

あとはフランシラ の湖底の泥パックを使ったり、衣食住の基本にフィンランドがある。

そうだ、秋の夜長にはムーミンでも読んでみよう。

アストロマップの記事にも書いた、イタリア、ピエモンテ州のトリノが恋愛運アップの地と判明したKちゃんについて少し書こう。

行動力バツグンの彼女は、ピエモンテ ワインを取り寄せてお友達とのお食事のときに飲んだらしい。

彼女は大のサッカーファンなのだけど、ワインを取り寄せたお店でサッカーファンの大先輩ともいえる女性の店員さんに出会った。

その店員さんは往年のサッカー選手プラティニを見に、ユヴェントスのホーム、トリノまで行ったことがあるそうだ。

トリノの霧を肌に染みこませたことのある人から、手づから渡されたピエモンテワイン。

Kちゃんに恋を呼び寄せる、最高の一杯になったに違いない。

ルネッサンス時代に作られたピエモンテのタロットで、彼女の恋を占うのを楽しみにしている。

Marimekko_building

|

« 麹町カフェとル・クルーゼ | トップページ | ヌチドゥタカラ (命ドゥ宝) »

コメント

靴下おそろいだね♪最近めっきり寒くなったので、いよいよ出番です。

竹筒も中の写真、アップする時期をなんだか逃したので機会があったら使ってね。Fionaちゃんの手にかかると写真もぐ~んと素敵になるしね☆

投稿: ゆきぱく | 2006年11月14日 (火) 12時33分

猫ちゃん達、元気?
呼ばないときにやって来るのがたまんないわよね~
木枯らし1号も吹いたし、おそろの靴下で猫っかわいがりしてね☆
鼓月の竹筒最中の写真は、アルバムの方にアップしました!

投稿: Fiona | 2006年11月16日 (木) 04時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麹町カフェとル・クルーゼ | トップページ | ヌチドゥタカラ (命ドゥ宝) »