« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

占星術で予想する新庄の今後

「自分に何ができるんだろう、何の才能があるんだろう」Akari

日本一から一夜明けた10月27日、日ハムの新庄剛志選手は、札幌ドームのマウンドで、17年間愛用したグラブとともに引退会見を行った。

「これからも夢を追い続け、みんなをあっと言わせることをやっていきたい」

新庄は、最高のエンターテイナーであり、常にファンを楽しませることを最優先にしてきた稀有な選手だと思う。

川を挟んでお隣の小学校に通っていた縁もあるし、新庄の今後を西洋占星術で探ってみようと思う。

☆新庄剛志さん☆
1972年1月28日 長崎県対馬市生まれ(育ったのは福岡)
*出生時間不明のため暫定的に12時とした。
*時間がはっきりしないと決まらない、ハウス、アセンダント、MC などは考慮していない。

太陽星座は水瓶座、月の星座は蟹座

太陽星座はその人が外に向けて働きかける力、月の星座は欲求を表す。

未来のシステムをつくる改革人であると同時に、周囲に気を配る、やさしく神経細やかな人だ。

2004年に日ハムに入団したとき「札幌ドームを満員にしたい」と宣言し、今年のシーズン初めには異例の事前引退宣言。

覆面を被って登場したり、数々のパフォーマンスで観客を驚かしていたとけど、当初は彼の突出振りを単なる目立ちたがりと快く思わない人も多かったはずだ。

思いつきで行動しているようにに見えて、関係者にはしっかり根回しをしていたのではないかな。
そうでないと、チームメイトをいい意味で巻き込んで大きなムーブメントを作り上げ、球場へとファンを引きつけることはできなかっただろう。

蟹座は球団の家、ホームグラウンドとも関係する。
現役最後を過ごす街に恩返しをしたいと考えたに違いない。

不況で冷え込んだ北海道の経済を、新庄の有言実行がどれだけ活性化させただろうか。

次に、顕著なアスペクトをいくつか取り上げてみる。

牡羊座の火星と天秤座の天王星のオポジション(180度)、山羊座の水星が火星、天王星とそれぞれ形成するスクウェア(90度)。

これら3つの天体で、二等辺三角形のTスクウェアという緊張のアスペクトになる。

ここからは、強靭な肉体的エネルギーを新しいメソッドを元にバランスよく使っていくことに対するこだわりが伺える。
体の動きの仕組みを学習し、日々鍛錬して職人のように技術の精緻さを追求していく特徴もある。
スポーツ選手らしいアスペクトだ。

また、水瓶座の太陽と射手座の海王星のセクスタイル(60度)のアスペクトを持っており、周りの空気を読むのに長け、みんなの夢、みんなの理想を体現するという才能がある。

太陽とのアスペクトは父親を通して学んだ社会との関わり方も表す。
新庄のお父さんは造園業を営んでいらっしゃるそうだ。庭造りは依頼主の夢やイメージを実現する仕事だから、新庄にもそういう部分が受け継がれていると考えられる。

そして、魚座の金星のノーアスペクト(ほかの10天体とメジャーアスペクトを持たない)。
芸術的感覚、価値観、愛情に関するテーマを模索していくという特徴がある。
これはアーチストに多いアスペクトだ。
ミュージシャンのさだまさし、映画監督の宮崎駿も金星がノーアスペクト。

新庄の場合、海王星が支配している魚座の金星なので、夢、イメージのニュアンスが加わり、映像関係、それもファンタジーの世界への志向が連想される。
そういえばゴレンジャーの覆面が似合っていた。

さて、新庄の今後について。
社会とのかかわりを表す、進行の太陽が出生時の金星の位置にぴったりと重なるのが、2008年6月
この時期、今までの集大成の形で映画を発表するとか、ドラマ、舞台で活躍するかもしれない。

肉体的能力を活かしたアクション映画、より良い社会への理想がちりばめられたファンタジー映画は、新庄の特性を十二分に活かすだろう。

あの千葉真一が新庄に熱烈コールしているらしいし、本人もハリウッド進出を口にしたこともあったから、ありえるかもしれない。

そして、2012年ごろから2015年に進行の太陽が天王星と火星と同じ度数に来る。

この頃、コーチなどの役割でスポーツ界に返り咲くことも考えられる。

札幌の地に「金色の花」を咲かせた新庄。

今度は一体何色の花を私たちに見せてくれるだろうか。

2006.10.31追記

ネットで検索したら、新庄の出生時間が午前9時頃と判明した。

チャートを修正し、ハウスやアセンダント MCなどの軸を確定してみると、「2008年映画発表」が現実味を帯びてきた。

・水瓶座の太陽は潜在意識に関連する12ハウスにある >> 自分を見えなくする、つまり「演技すること」につながる

・魚座の金星は自分自身に関連する1ハウスにある >> 美しい肉体周囲から愛される魅力、芸術的センス

*2006年の夏前後、出生時の金星に、経過(現在の空)の変革の天王星がぴったり重なって刺激していた。今シーズン始めから日本シリーズに至るまでの数々のパフォーマンス、自分自身を素材として新しい価値観を提示する姿勢は、このアスペクトが起爆剤になっていたようだ。

・アセンダント (外から見た印象): 魚座 >> 空想的、犠牲的、芸術的センスがある

  *魚座の支配星は海王星。前述の太陽と海王星のアスペクトを際立たせている。

・MC (社会との接点): 射手座 >> 社会正義を追求する。人々から尊敬される。運動にも関係する。

10ハウスに射手座を支配する木星が入っているので、この点が強調される。

・MCに天王星(オリジナリティ溢れる感性)、火星(肉体のエネルギー)がアスペクトしている。

バットマン、スパイダーマン、スーパーマンなど、アクションあり、勧善懲悪ありのヒーローものの映画かもしれない!

新庄さん、自分探しの旅になんか出ないで、早いとこ次の活躍場所を決めてね!

Rockflower

| | コメント (4)

2006年10月23日 (月)

メダイユを表に返す日

昨日、街中で修道女の方とすれ違った。

Medailles0610今年の4月以来ほとんど毎日身に着けていた、パリのChapelle Notre Dame de la Medaille Miraculeuse (不思議のメダイの聖堂) のメダイユ

これを友人にもらった日にも、修道女の方を見たっけ。

「願いが叶うまではメダルのマリア様のお顔の方を裏側に、願いが叶ったらマリア様を表側にして着ける」と聞き、今までそのとおりにしていた。

・・・・そして今日、感謝の思いを込めて、マリア様を表側にする。

願い事の内容は、約1年間続いた腰の痛みのこと。

幸い手術までは必要なかったし、仕事に支障はなかったけど、長時間歩くことができなかったり、痺れで眠りにつくことができないこともあった。

痛みを癒していく中で、いろんな方に助けていただいた。

この場を借りて心からお礼を申し上げます。

Wildflower_3ポジティブな副産物もあった。

治療のために始めたヴォイストレーニングでお腹の底から声を出すことも覚えたし、同じ痛みを経験したことがある人との出会いもあった。

これからは、メダイユの光を、周りの人にも放散できたらいいなと思う。

| | コメント (4)

2006年10月20日 (金)

ローズヒップジャム

例年になく満喫したこの夏の足あとが、ほっぺにチラホラ。

雀斑(そばかす) が増えている!

Cimg0600日焼け止めも塗っていたし、日傘もしていたし、野球の応援のときはUVカットの帽子もかぶっていたのに、どうして、どうして!?

そばかすって色白の人がなるっていうけど、ほぼ標準色の私。

原因は母親譲りの皮膚の薄さにあるみたい。

調子がいいときは透明感が出るんだけど、不規則な生活が続くとくすみが出てくる。

しかも普通の面の皮の厚さなら真皮の奥に潜んでるメラニンが目立ちやすい。

鏡を見てがっくりと肩を落としてばかりいられない!やれることはやりましょう。

ホワイトニング美容液をお肌に塗ることに加え、体の中から美白をということで、ローズヒップティーをまた飲み始めた。ひとところとても流行ったよね。

ローズヒップは、野イバラ (学名: Rosa mosqueta )の実の部分。Rosehip_1

ビタミンCの爆弾」って言われるくらい、ビタミンCの含有量が高い。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けるので、美白のみならず美肌全般に効果的だ。

白血球と結びついて免疫を高めるため、今の季節だと風邪の予防にもいい。

ローズヒップの難点は、お茶にしたとき抽出速度が遅いこと。

固い実だから当然だけど、ポットの蓋をして10分くらいは置かないと有効成分が水に溶け出さない。

ゲルマニウム温浴バリ式クリームバス の記事でご紹介した美容院、La Lilas Mauve粉末にしたローズヒップを購入した。

抹茶と同じく、有効成分をまるごと摂取できる。

施術の合間にいただいたローズヒップティーは、とても色濃く出ていて喉に染み渡った。

抽出後のローズヒップはハチミツを混ぜるとおいしいローズヒップジャムになる。

深川製磁 のウサギのお猪口(上写真)がジャム用にちょうどいいサイズ。

下戸な私はローズヒップジャムたっぷりが近頃の習慣だ。

| | コメント (4)

2006年10月15日 (日)

開運の街 - アストロマップ

先日、Astromap2 旅行好きのKちゃんを鑑定した際、これから旅するのにお勧めの場所をアストロマップを元に調べて伝えた。

アストロマップというのは、生年月日、生まれた時間、生まれた場所のデータをもとに作成した、星の地図だ。

太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星(!) の10個の天体とノードというポイント、キローンという小惑星のラインが縦、波状に世界地図の上を走っている。

惑星の種類、ラインの方向(アセンダント/ディセンダント、IC/MC)にも意味がある。

Kちゃんの場合、主な開運の街は以下のようになった。

恋が始まる、金運向上: アセンダント 金星ライン >> ジュネーブ、トリノ

意思が強くなる。自信UP: アセンダント 太陽ライン >> オランダ ロッテルダム

新しい仕事を始めるのに良い場所、活動的になれる: MC 火星ライン >> 広島、大分

彼女が過去に留学したり、語学を学んだり、縁が深いと思われた国はこの中に入っていないのが不思議。

ジュネーブ、トリノはラインがジャストで重なっている街だった。

鑑定の直後に別の友人から『トリノ、24時からの恋人たち』のチケットをもらったのでBunkamuraで観てきた。

薄曇色の湿気が多そうな街並みを堪能できる。

東京では上映が終わりがけだけど、キートンとか古い映画が好きな人には特に観てほしい。

ラブストーリー好きな人に「ラストはハッピーエンド?」と聞かれたら、含みのある微笑で答えたい。

イタリア、ピエモンテ州の州都トリノは2006年の冬季オリンピックが行われたことでも有名。

セリエBに降格したユヴェントスのホームでもある。

ユーヴェで長くプレイしているデル・ピエロはカラっと晴れることのないこの街をたまらなく好きだそうだ。彼はこの街で奥様と出会った。金星ラインが走っていたのかな?

アストロマップでヒットした街には、実際に訪れることがベストだけど、必ずしもそこに行く必要はない。

土地の名産品を食べる、洋服、食器など工芸品を手元に置く、そして、映画でその土地の空気に触れるだけでも何かが動き出す。

Kちゃんには、もちろん『トリノ、24時からの恋人たち』を観ることをお勧めした。

あと、カファレルのチョコレートに、ピエモンテワインも!

*鑑定をご依頼いただいた方に、ご希望があればアストロマップによる開運の街をお知らせしています。

| | コメント (0)

2006年10月13日 (金)

10月のフレンチネイル

今月はちょっと大人しめのフレンチネイルにした。

前回のカルジェルをオフして、また新たに透明のカルジェルに、爪の先はパールっぽいピンクベージュのマニキュア。

Nail061010_1最後に上から透明なカルジェルを重ねているので、マニキュアの部分もはげない。

先端部分のピンクベージュは、星座のラッキーカラー的には天秤座、水瓶座に当たるかな。

フレンチネイルは飽きがこないし、ネイルの王道だなぁと思う。

一番ベーシックなのは薄いピンクをベースに爪先部分を白く塗るものだけど、組み合わせを変えれば無限大∞だ。

ベージュ色をベースにすれば紺色のスーツにも合うし、先端に濃い色を持ってくれば革のタイトスカートに合いそう。

French とはいえ、フレンチネイルはフランス発祥ではなく、アメリカ発祥らしい。

以前ネイリストさんから、N.Y.の女性はフレンチネイルにしている人が多いって聞いた。

なぜフランス?

こちらのサイトによると、 「フランスの女性はマニキュアをほとんどせず、もともとの爪をきちんと手入れして美しくしているので、そのように自然に美しい爪に見せるためにフレンチネイルと名づけられた」ということだ。

フレンチキスも「フランスで行われている」キスではないようだ

英仏の歴史的な仲の悪さに由来する、揶揄のニュアンスがあるとも言われている。

そしてその中身は、Deepなキスなのか、挨拶程度に両頬にする軽いキスのことなのか・・・諸説あって妄想が膨らむ。

フランス人の人を掴まえて聞くか、メグライアン主演の『フレンチキス』を観なおしたらわかるかな?

まだ秋を満喫しつくしていないのに、デパートからもうクリスマスのコフレのお知らせが!(上写真)

| | コメント (2)

2006年10月 9日 (月)

インディアンサマーっていつ?

この連休中は各地で気温が25度を超える良いお天気だった。 Inokashira061009_2

夏みたいに暑い秋のことを『インディアンサマー』と呼ぶかと思っていたけど、調べてみたら、インディアンサマー=晩秋に訪れる暑い日≒小春日和だった。

小春日和の「小春」は旧暦の10月で、今の暦では11月。

その頃、晩秋の移動性高気圧でポカポカ陽気が続く気候が小春日和。

ということは、まだまだ先のことなんですね。

「セント·マーチンの夏」(イギリス)、「サン·マルタンの夏」(フランス) 「老婦人の夏」(ドイツ)、「インディアンサマー」(北アメリカ) と日本以外では夏が使われているのが面白い。

日本より緯度の高い国々では、夏の気候が比較的過ごしやすいから「夏」なんだそうだ。

しかし、ここ数年、異常気象でヨーロッパの夏は日本以上に酷暑となり、季節のことばが通用しなくなってきている。

そのうち、「サン·マルタンの春」などと言い出すかもしれない。

今日の井の頭公園は土日恒例のマーケットが出ていた。

一般の人が手作りのものや、どこからか仕入れたものを売っている。

たまにタロットカード占いとか、マッサージとかもやっている。

Inokashira_market_1 パワーストーンのネックレスのお店で自転車を停めて、しばし冷やかし。

ジリジリ背中が暑い!

日傘が必要な1日だった。

季節が逆戻りしたような数日だったけど、富士山では10月7日に初冠雪が観測された。

今日、福岡から東京に戻る飛行機の窓から、てっぺんに白いものをかぶった富士山が見えた。

煙草の煙をホワンって丸い輪っかにしたのを載せた感じ。Corn_2

赤富士から雪化粧へ衣替え中の富士山。

| | コメント (0)

2006年10月 5日 (木)

ハロウィーンに瓢箪?

Trick or Treat!

10月31日はハロウィーン。

クリスマス色に染まる直前の街に、オレンジ色のJack-o'-lanternPumpkin2 が溢れている今日この頃。

キャリアカウンセラーのglassyyちゃんから、こんなのいただいた。

無農薬栽培しているイトコさんのところで育ったのを半分に切ってお裾分けしてくれた。

瓢箪にしか見えないけど、バターナッツというイタリア生まれの南瓜。

落花生の形にも似ているから、ピーナッツかぼちゃとも呼ばれている。

Pumpkin3ひっくり返すと、こんなに鮮やかなオレンジ!

香りは果物の柿のように瑞々しい。

ひょっとして生でも食べれる!? と思ったけど、ル・クルーゼのお鍋でコトコト煮て、シチュウにしてみた。

無農薬のバターナッツちゃんに敬意を表して、今回はノンケミカルなお料理に。

スープは赤鶏のガラスープ (いつもは圧力鍋で鶏ガラスープを取るけど、今日は時間なくて市販のものを使用)。

ベシャメルソースはバター、小麦粉、牛乳、生クリームで手作り (意外と簡単)。

あと、バターナッツのお里のイタリアつながりで、パンツェッタ(ベーコン)で味にコクを。Pumpkin4_4

バターナッツのお味は・・・柔らかくて、甘くて。

粘りがあるので煮崩れていない。

幾人かの人の手を経て、私のお鍋に届いた。

家庭菜園の大地と風も一緒にいただいた気がした。

ご馳走さまでした!!

ハロウィーンはもともとはケルトの宗教行事で、日本のお盆に似た万聖節の前日のこと。

くわしくはこちらへ。

| | コメント (2)

2006年10月 2日 (月)

Everything's gonna be....

Everything's gonna be all right.Funsui060930

Everyghing's gonna be OK.

「全てうまくいくよ」という励ましの言葉。

この、"is gonna be" という部分がとても好きだ。

ニューエイジな世界では、起こってほしいことを、既に起こっているかのごとく言葉に出すことによって、あたかもその状態が顕在化しているように振舞う。そうすると結果的にそれが現実化するという考えがある。

それじゃあ、Everythig is all right.?

うーん。ほんとに?

だって、あれもやってないし、これもまだこれから。

All right なゴールと現実の差に愕然として、かえって不安になってしまうような気がする。

be going to は、will と同じく未来を表すけど、「そういうふうになりつつある」っていう動きのあるニュアンス、「そういうふうになっているんだよ」っていう恒常性も感じる。

Akibare結果はもちろん大事だけど、= all right になるまでのプロセスにさまざまな学びがあるし、人生の醍醐味や臨場感がある。

一番コアの美味しい部分をすっ飛ばしてゴールに行こうとしないで。

プロセスを大切にしていけば、必然的に望ましい現実に到達できる。

どうもこの世はそういうふうにできているらしい。

この「望ましい現実」というのは最初に目標を設定したときとは若干、形が異なっているかもしれない。

こんなのってあり?といいたくなるような、想像もしなかったギフトが届くこともある。

Everything's gonna be all right.

Behindthenet私が英語の勉強を見ている野球少年に、未来形の復習も兼ねて、明日この言葉を贈りたいと思う。

彼は大事な試合で力を発揮できなかったため、今とても萎んでいる。

おそらく今まで感じたことのないような挫折感、全てのドアが固く閉ざされているような無力感にとらわれているはず。

グランドに立つたび、バットを振るたび、ボールをキャッチするたび、野球が大好き!と心底感じられるなら、それがGOサイン。

そのまま迷わずそのプロセスを歩んでみて。

謙虚に、愚鈍に、全身全霊を込めて。

君にはそれができる。と私は信じている。

I will always be on your side, watching you from behind the green net.

| | コメント (4)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »