« 10月のフレンチネイル | トップページ | ローズヒップジャム »

2006年10月15日 (日)

開運の街 - アストロマップ

先日、Astromap2 旅行好きのKちゃんを鑑定した際、これから旅するのにお勧めの場所をアストロマップを元に調べて伝えた。

アストロマップというのは、生年月日、生まれた時間、生まれた場所のデータをもとに作成した、星の地図だ。

太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星(!) の10個の天体とノードというポイント、キローンという小惑星のラインが縦、波状に世界地図の上を走っている。

惑星の種類、ラインの方向(アセンダント/ディセンダント、IC/MC)にも意味がある。

Kちゃんの場合、主な開運の街は以下のようになった。

恋が始まる、金運向上: アセンダント 金星ライン >> ジュネーブ、トリノ

意思が強くなる。自信UP: アセンダント 太陽ライン >> オランダ ロッテルダム

新しい仕事を始めるのに良い場所、活動的になれる: MC 火星ライン >> 広島、大分

彼女が過去に留学したり、語学を学んだり、縁が深いと思われた国はこの中に入っていないのが不思議。

ジュネーブ、トリノはラインがジャストで重なっている街だった。

鑑定の直後に別の友人から『トリノ、24時からの恋人たち』のチケットをもらったのでBunkamuraで観てきた。

薄曇色の湿気が多そうな街並みを堪能できる。

東京では上映が終わりがけだけど、キートンとか古い映画が好きな人には特に観てほしい。

ラブストーリー好きな人に「ラストはハッピーエンド?」と聞かれたら、含みのある微笑で答えたい。

イタリア、ピエモンテ州の州都トリノは2006年の冬季オリンピックが行われたことでも有名。

セリエBに降格したユヴェントスのホームでもある。

ユーヴェで長くプレイしているデル・ピエロはカラっと晴れることのないこの街をたまらなく好きだそうだ。彼はこの街で奥様と出会った。金星ラインが走っていたのかな?

アストロマップでヒットした街には、実際に訪れることがベストだけど、必ずしもそこに行く必要はない。

土地の名産品を食べる、洋服、食器など工芸品を手元に置く、そして、映画でその土地の空気に触れるだけでも何かが動き出す。

Kちゃんには、もちろん『トリノ、24時からの恋人たち』を観ることをお勧めした。

あと、カファレルのチョコレートに、ピエモンテワインも!

*鑑定をご依頼いただいた方に、ご希望があればアストロマップによる開運の街をお知らせしています。

|

« 10月のフレンチネイル | トップページ | ローズヒップジャム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月のフレンチネイル | トップページ | ローズヒップジャム »