« 夢が告げること | トップページ | 映画『イルマーレ』を観て »

2006年9月24日 (日)

花風水

気持ちに余裕がないとお花は飾れない。 Hanafusui_1

ならば先に花を飾って、気持ちに余裕が出る条件を先に設定したらどうだろう。

お花を飾るには、まず、その周りを片付けないといけない。

活ける時間、お水を替える時間。 忙しくても少しの手間を割く。

お花は生のエネルギーだから、生き生きしているときはその場の空気を清浄にしてくれるけど、枯れたり、水が腐ったりすると空気を澱ませる。

色の力も大きい。

暑い夏は紫、青、白のお花で涼しげに。

これからだんだんと秋めいてくると赤やオレンジ、木の実などがほしくなる。

せっかく飾るなら吉方位に!

過日、四柱推命と気学の一宮先生と、青山骨董通りの骨董屋さん西浦緑水堂のご主人、西浦先生とのジョイントイベント、歌純会で、花風水について教えていただいた。

9方位の意味と、対応する色、活け方のポイントなど大変参考になった。

家の方位を出すには、まず間取り図に対角線を引き、真ん中を割り出す (欠けや張りの部分はカット)。

中心に方位磁石を持って立ち、正確に東西南北を確認する。

Omacha 女性の最大の関心事、恋愛、結婚、および人間関係の活性化に対応する方位は東南で、ピンク、白、赤、オレンジ。

木製などナチュラルな花器に華やかに活けるとよいそう。

東南は若い人の方角なので、35歳以上の人は年配者の方角、西が縁組の方角ということだ。

西は、Dr.コパ先生の「西に黄色」でも有名。金運の方角でもある。西は黄色、ゴールド、白、ピンクの花を、陶器の花器に活けるのがポイント。

私はピンクのダリアと千日紅、レモンリーフをテラコッタの容器に活け、東南に置いた。

一番、これは便利と思ったのが、オールマイティな「中心」に活けること。

家全体がパワフルになり、アイデアやインスピレーションが向上する。

家の真ん中が廊下になってしまう場合は、小さな台を置くなどして工夫してみて。

中心には紫やラベンダーの花を大ぶりにたっぷりと活ける。

今の季節だと、残念ながら紫の花は少ないけど、濃い紫のトルコキキョウが花屋さんにあった。

それ以外は少し青みがかった紫の、秋の七草りんどうなど。

春はライラック、藤、夏はデルフィニウム、紫陽花がボリューム感が出てぴったり。

冬は小さな実を付ける紫式部ぐらいしか思い浮かばない。

一年中花屋さんにあるのが、紫の薔薇。

不可能の代名詞の青い薔薇 (Blue Rose) は、2004年にサントリーが開発に成功したけど、写真で見る限りはまだ薄紫に見える。

Oriduru歌純会では、お花、香道、易のお師匠さんでもある、西浦先生のレッスンも楽しみ。

今回は、花つながりのお香を聞かせていただいた。

出香は「まがき」と「」の二種。

「まがき」は二包、「花」は一包、どの順で回ってくるかはわからない。

花が最初に回ってくれば、「朝顔」、花が2番目なら「昼顔」、花が最後なら「夕顔」と墨でお答えを書いて提出する。

(こういう形式のを「籬香」というそうだ)

微細な香りの違いを当てるのは本当に難しい。

香りを吸い込み、細く長く空気を吐いて嗅覚をめぐらせる。

昼顔」と書いて提出。

あ、隣の人の答えと違う!間違ったかなぁとドキドキしながら先生の解答を待った。

今回は見事当たり!「叶」だった。

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

*歌純会は次回は10月15日(日)に開催されます。

5月までの月1回、8回シリーズで基礎から易学が学べるそうです。

右上の写真は、一宮先生お手製のお土産の折鶴の箸置きです。

ご希望の方は、こちらまでメールしてください。

一宮先生からご連絡します。

|

« 夢が告げること | トップページ | 映画『イルマーレ』を観て »

コメント

ヒプノセラピーの先生のメルガマで「花買いの日」が配信されてくるのですが、日にちのみならず、時間と方位の指定もあるので実行できずにいます。買い物のついでにお花をと思っても、一家5人分の食料優先になることもしばしば。せめてもの慰めに、西に黄色い薔薇のプリザーブドフラワーと私の誕生花のサボテンをおいていますが、生花のエネルギーには到底かなわないでしょうね。

投稿: corgiville! | 2006年9月26日 (火) 09時48分

花買いの日ですか!
方位ならまだしも、時間は守れそうにないなぁ。
まずは自宅から全方位の花屋さんマップを作らなきゃですね。
プリザーブドフラワーでも造花よりはいいんじゃないですか?
生花は毎日水を換えて、茎の部分を水切りすると長持ちしますよね。
最後に小さくなったお花や枝を小さなココット皿に挿して、テーブルの上に載せるのが好きです。
今夜は秋雨が冷たく、ブルーになりがちな気持ちを花屋さん店頭で暖めて帰りました。

投稿: Fiona | 2006年9月26日 (火) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢が告げること | トップページ | 映画『イルマーレ』を観て »