« 明治記念館ビアテラス鶺鴒 | トップページ | 初浴衣 »

2006年8月13日 (日)

早実vs大阪桐蔭の終わらない夏

高校球児は甲子園に来てから成長する

早実の鉄腕、斎藤投手と、平成の怪物、大阪桐蔭の中田選手の一騎打ちは、4対0で斎藤に軍配が上がった。(空振り三振×3、左飛×1)

Ca330527_1 早実は初回から打線に火がつき、大阪桐蔭は度重なるピッチャー交代で立て直そうとしたが・・・

結局11対2と大差がつき、荒木大輔のとき以来、24年ぶりに3回戦に駒を進めた。

勝った斎藤も、負けた中田も、大きく成長した試合だったのではないだろうか。

斎藤投手は3回戦につなげる確かな自信を得、中田選手は経験値を増やし、等身大の自分を知ったのではないだろうか。

2年生中田選手には周囲に祭り上げられずに精進して、また来年の甲子園に顔を見せてほしい。

試合開始すぐは不敵な笑みを浮かべていたが、試合終了後に見せた泣き顔はどこにでもいる17歳の男の子のものだった。ちょっとほっとした。

斎藤投手には、 礼節を知る武士のような品格がある。

ガッツポーズして喜びたいようなときも、対戦相手のことを気遣ってか、控えめに笑みをもらしていたのが印象的だった。Ca330539_1

12奪三振、完投。

中田の第4打席では148kmを出した。

3年生としての意地、プライドが、ストライクが決まるたびに炸裂して、見てる方も痺れた。

今回、早実の一般応援ツァーに申し込み、初めて甲子園の門をくぐった。

憧れの! かちわり氷で火照った顔を冷やしつつ、1塁側アルプス席で声援を送った。

夕方からの試合だったし、西日を浴びない側だったので、用意したUVブロック手袋は使わずじまい。

途中からはナイターになった。

西東京大会でも出なかったホームランを船橋選手、川西選手が放ち、ボールの柵越えを肉眼で追ったのも爽快な経験だった。

慶応病院に再入院しているOBの王さんにも甲子園の歓声が届いたかな?

Ca330532_1 応援歌の「紺碧の空」を大学卒業以来久し振りに歌った。

愛校心限りなくゼロだった私は、在学中あまり歌った記憶がなく、行きの新幹線の中でカツサンドを食べながら歌詞をおさらいした。

基本的に点が入ったときに歌う歌なので、初甲子園観戦の記念に、最低1回歌えれば・・・と思っていたけど、大量得点のため、お腹いっぱいになるぐらい歌えて幸せの極み。

今は完璧に歌える! Ca330543

家人には、「なんで今頃燃えてるの?

8年ぶりに早大野球部が優勝したとき、あんたメンドくさいからって優勝パレードをパスしたでしょ!?」とあきれられた。

記念にペナントでもと試合前にお店を覗いたが、早実グッズは全て売り切れ。

大阪桐蔭は甲子園のお膝元ということもあり、チケットも全て売切れ5万人満員御礼の試合だった。

Ca330381_2 子供の頃から大好きだった甲子園に来れたのも、今年春のセンバツのお土産でもらった携帯ストラップをずっと付けてたからかな。

勉強を見てあげている中学生の野球少年が、甲子園のマウンドに立つのを見るのが次の夢だ。

プレッシャーになるから本人にはあまり言えないけど。

お土産のボールに願いを込めて渡したい。

|

« 明治記念館ビアテラス鶺鴒 | トップページ | 初浴衣 »

コメント

Fionaさんこんばんは☆

あたしも早実と大阪桐蔭の試合をかなり期待して移動中のTVで観てました!

点差にある試合になってしまいましたが、斉藤くんと中田くんの真剣勝負は見応え十分でとても感動しました☆

このあと早実がどこまで勝ち上がれるか期待しています♪

投稿: Vill-tty | 2006年8月14日 (月) 00時20分

Vill-ttyさん、コメントありがとうございます!
1回裏に2人が初めて相対したときは、場内どよめきが起きましたよ。
次は16日第一試合に対福井商戦です。
応援よろしくです♪
甲子園が終わると夏が終わりそうでやだな~

投稿: Fiona | 2006年8月14日 (月) 00時38分

興奮覚めやらずの文章から現場の熱気がリアルに伝わってきます。
甲子園はまさに夏のパワースポットですよね。
心をひとつにして戦う選手陣と応援団の情熱にTV画面を通して自分のエネルギーを投影させてしまいました。

Fionaさんの教え子さんの夢が叶うと良いですね。

投稿: Akiko | 2006年8月14日 (月) 23時41分

私の出身地の福岡では、山笠に夢中の男衆のことを、「山のぼせ」っていうらしいです。
まさしく「甲子園のぼせ」の日々を送ってます。
さっき熱闘甲子園で一回戦で大阪桐蔭に負けた、横浜のキャプテンの試合後のインタビューをビデオでもう一度観て、もらい泣きしちゃいました。
甲子園は時の運も大きく左右しますよね。
地区大会を勝ち上がるのも大変ですが、現場に行ったら、今回の横浜のように試合の組み合わせ、体調、ボールの飛ぶ方向を変えてしまう甲子園名物浜風も重要なファクターになりますね。
教え子くんは学業も野球もグングン伸び盛りで、目を細めて見守っています。

投稿: Fiona | 2006年8月15日 (火) 00時27分

はじめまして。
甲子園に行かれたのですね、うらやましいです。
私は、西東京大会の決勝(日大三戦)で、25年ぶりに早実の応援に行き、川西クン/小柳クン/檜垣クン/後藤クン/船橋クン/斎藤クン/小沢秀クン/白川クン/内藤クン、このメンバーに、すっかりハマってしまいました。みんな個性的で、魅力ありますよね。
次の福井商戦も、彼らの活躍に、期待したいです。

投稿: 相馬マルクス達也 | 2006年8月15日 (火) 00時50分

相馬マルクス達也さん、コメント&TBありがとうございます♪
私は西東京大会の決勝を見れなかったんですよ。
甲子園より凄い試合!行くべきでした。
日大三高の応援に行った知り合いは、スタジアムに入った瞬間、これは負けると思ったそうです。
なんか、早実を後押しする気が漂っていたんですって。観客の応援も大きいですよね。
16日の福井商戦では、4番の後藤選手にビシっと打ってもらいたい!
スイッチが入るとすごく打つ選手のようですが、彼もカタルシスを味わって甲子園の夏を締めくくってほしいです。

投稿: Fiona | 2006年8月15日 (火) 01時34分

この記事へのコメントは終了しました。

« 明治記念館ビアテラス鶺鴒 | トップページ | 初浴衣 »