« 永遠の夏へ-甲子園決勝 | トップページ | 佑ちゃんフィーバーと経済効果 »

2006年8月21日 (月)

早稲田実業夏の甲子園初優勝

9回表2アウト、駒大苫小牧の攻撃。

誰が企てた?こんなドラマ!

魔物か軍神(マルス)か、人々の欲望か。

060821kokokyd01226_1投げるは早実の斎藤投手、バッターボックスは駒苫の田中投手

15回延長の末引き分け再試合。2日間の死闘を締めくくるのはやはりこの2人だった。

4対1で迎えた9回表、駒苫は三木が左中間安打、中沢が2ランホームランを放ち4対3と迫った。

さすが駒苫!3連覇を狙うだけある素晴らしいチームだ。

斎藤から本塁打2本だもんね。

野球は2アウトから。

最終回に4点差を逆転サヨナラしたチームもあった今大会。

1点差は簡単に覆ってしまう。

涙でテレビの画面が滲み、2人の姿が揺らいで見える。

場内の声援は頂点に達している。

私も「さいとーぉ!」と絶叫。

斎藤は最後まで崩れなかった。

斎藤の144kmストレートを田中のバットが空振りし、4対3で試合終了。

Yusyoki 早実悲願の夏の甲子園初優勝

4112校の頂点に立った。

第1回全国高校野球選手権から参加し、88回待った優勝だ。

思えば、7月31日の西東京大会決勝。対日大三高戦。

延長11回、5対4のサヨナラ勝ち。投球数221球!

この苦しい試合を勝ち抜いた自信が、斎藤を決勝まで連れて来たんだろう。

今日は投球回9、球数118、被安打6、奪三振13、与死球0、失点3

4試合連続完投した、無尽蔵のスタミナには脱帽だ。

試合後のクールダウンを兼ねた投球中、クールな仮面を脱いで泣いていた斎藤。

本当は熱い男なんだよね。

試合後のインタビューでは、「自分たちの練習を手伝ってくれた、アルプススタンドのチームメイトに」真っ先に優勝の報告をしたいと語っていた。

恩を知る男でもある。

「第一回大会からの先輩たちの思いが降りた」とも語っていた。

24年前の荒木大輔の大ちゃんフィーバー。

それよりもすごい波がこれから斎藤を襲うだろう。

マスコミの作った偶像に埋没するでなく、かといって正面から拒否するのではなく、上手にクレバーに利用して、君は君の道を歩んでほしい。

早大OGの私は、斎藤に早稲田大学で投げてほしい気持ちもあるけど、4年間は長い。

プロに行った方がいいのかな。できたら王さんのチームに行ってほしい。

一人じゃないみんなで一つ

ピンチのときにチームメイトと円陣を組んでいるとき、この言葉を唱和しているらしい。

今日の試合では斎藤を楽にしようという仲間の援護射撃もたくさんあった。

田中投手の好ピッチングに昨日の試合では今ひとつだった打線が、今日は序盤から始動した。

船橋がセンター前タイムリーヒットで1点先制。船橋くん!地区大会から大活躍だった。

2回裏、4ボールで塁に出た内藤を、白川捕手がバントで送り1死2塁。川西がタイムリーの二塁打を放ち2点目を挙げた。

やんちゃな2年生川西くん、来年も期待してるから!

6回裏、2アウトから内藤が四球、白川捕手がタイムリー2塁打を放ち3点目。

白川は捕手として斎藤のスライダーを後ろにそらさず、攻守ともに大活躍!

7回裏、川西が死球、小柳のバントで送り1死2塁、後藤がタイムリーヒットを放って4点目を追加。

後藤主将!最後に決めたこの1点が、優勝を決定づけたと言ってもいい。

センバツのときは、4番なのにと野次も飛んだけど、この夏の大舞台で主将としての責任を果たしたね。

26年前の夏の高校野球決勝戦で早実は横浜高校の愛甲に負けて優勝を逃した。

そのとき刺さって26年間私のどこかに潜伏していた小骨をこのチームが取ってくれた。

Katsusand_1 本当にありがとう!

一人の野球少年が甲子園に行くまで

いったいどれだけの汗と涙が流されているだろう。

本人の毎日の練習はもちろん、サポートする指導者の方々、親御さんの尽力。

リトルリーグ、リトルシニアでも練習の立会い、合宿、遠征の世話など親御さんの果たす役割が大きく、並大抵の苦労ではない。

有名校に入ってもベンチ入りできるか否か、厳しい世界だ。

私の中学生の教え子も、ぜひ夢をかなえてほしい。

それが茨の道であっても、危険な魔物退治の道であっても、彼が望むなら、私も微力ながらサポートしたい。

感動の涙の向こうに・・・来年、再来年の夏のスタジアムが見える。

秋風が立っても、ひそやかに夏は続いていく。

|

« 永遠の夏へ-甲子園決勝 | トップページ | 佑ちゃんフィーバーと経済効果 »

コメント

祝!早実優勝!!!
Fionaさんの熱い熱い応援が届いたね☆
昨日再試合が決まったとき、この私でさえ甲子園まで行っちゃおうかなぁなんて思ったりしてました。
応援はライバルの駒苫だけどね(笑)
またいつかあの甲子園に行って応援に汗流す熱い夏を過ごしたいな。。。
今日はいい夢見てね☆


投稿: olive | 2006年8月21日 (月) 23時10分

Fionaさん!まずは感動の母校の優勝おめでとうございます!!

うんうん!そうそう!などとうなずきながら、Fionaさんの記事を拝読させていただきました(〃∀〃)

あたしの職場では皆が駒苫の3連覇を唱えるなか、斉藤くんの好投そして優勝を確信しながら孤軍奮闘で徹底的に早実を応援しました!

でも最後には皆で感動を分け合いました(>ω<)ただただ素晴らしい試合でした(号泣)

でも一社会人としては仕事中に号泣してはNGですよね(笑)
だってこみあげてくるものは抑えられませんもの!。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
今日だけは無礼講ということで・・・皆も賛同して下さいました(#^.^#)

決勝の応援&夏の休暇明け初日ということでめちゃめちゃ嵐な1日でしたので帰宅もかなり遅くなってしまいましたが、ようやく今から録画を観て再びどっぷり堪能しようと思います♪
また泣きま~~す(笑)
そして火曜は死亡確定です(爆)

自分の記事の編集はまた明日にでも・・・

まずはFionaさんに祝福コメントを!ということでお邪魔させていただきました☆彡

またも長文になってしまった!スイマセン。。。(滝汗)乱筆・乱文どうかご容赦下さいませ♪

投稿: Vill-tty | 2006年8月22日 (火) 01時12分

今大会、優勝が決まるまで、ただただ早実だけを観て、サポートしてきました。
その中にあって、Fionaさんを、共に戦う同志と位置付け(勝手にすみません)、Fionaさんのレポートを楽しみに拝読させていただいておりました。
大会は望みが叶って、早実の優勝!で幕を閉じましたが、今後も、こちらに立ち寄らせていただきます。
よろしければ、相馬マルクス達也の拙文にも、たまにはお付き合いくださいね。

投稿: 相馬マルクス達也 | 2006年8月22日 (火) 02時29分

> Oliveちゃん
一番私の甲子園のぼせの実害を被ったのはOliveちゃんだったかもm(_ _)m
駒苫も素晴らしいチームでした。斎藤が驚異的な回復を遂げてなければ、9回表、駒苫の4番本間くんに打たれて逆転されていたかも。
両チームには素晴らしい夏をありがとうといいたいです!

投稿: Fiona | 2006年8月22日 (火) 08時47分

>Vill-ttyさん
祝福コメントありがとうございます(*^_^*)
お休み明けのお忙しい中、決勝戦観戦、まさしく汗と涙の一日でしたね!お疲れさまでしたo(^-^)o
皆さん仲良く観戦、暖かい職場のご様子も伺えました。
昨夜は録画でじっくり堪能されたんでしょうか?
応援疲れの脱力を私たちもベッカムカプセルで癒やしたいですね(^_-)☆
さぁ、球児たちもそれぞれの日常に戻りました。
私たちも地に足をつけて現実の生活を生きなきゃですね。
でもこの夏の甲子園で撹拌されたパッションはいつでも取り出せるよう、皮膚のすぐ下に秘めておきましょう。

投稿: Fiona | 2006年8月22日 (火) 18時12分

> 相馬マルクス達也さん
コメントありがとうございます!きっと大先輩ですね(^_-)☆
私もそちらのブログからいただいた熱い思いに触発されて頑張って応援してました。
昨夜は熱闘甲子園を観ながら眠りにつきました。
同じく早大OBの家人によると、寝言で「早稲田の栄光」を歌っていたそうです(^o^;)
決勝始まるまで、この歌の存在も知らなかったのに。もちろん優勝したときのみ歌える歌ってことも。
これからも不定期ですがスポーツ関係の記事を書いていきますので、ぜひまた遊びに来てください!
もちろんそちらのブログにもお邪魔します('-^*)/

投稿: Fiona | 2006年8月22日 (火) 18時24分

最後はまさにエース2人の対決となり、象徴的な場面でしたね。三振した田中君の、結果を受け入れた柔和な笑顔が印象に残っています。今日のスポニチの裏表紙(っていうのかな一面の反対側)に、表彰式の全員記念撮影で隣り合って座り、談笑する斎藤君と田中君のクローズアップ写真が載っています。二人共とーってもいい顔!
野球に関しては素人の私ですが、投手を育成するのって大変なんだなぁと思いました。
個人的には、準々決勝の帝京vs智弁和歌山の壮絶な打撃戦も鮮烈に思い出されます。選手では、東洋大姫路の林崎君、福知山成美の駒谷君…など。今度は彼らが集結する全日本高校選抜チームの日米親善試合、観てみたいものです!

投稿: Natasha | 2006年8月22日 (火) 20時03分

斎藤君てすごいオーラ持っている気がしません?イケメンだし・・
神様は彼にいろーんなモノを与えてしまったわねっ
お兄さんがまたイケてるんだぁ♪^^

投稿: ayaya | 2006年8月22日 (火) 21時21分

>Natashaさん
残暑厳しい東京へお帰りなさい!
北海道も盛り上がってましたね!
田中君と斎藤くんの笑顔、素敵でした。
スポニチの裏一面の二人の写真、私も見ました。戦い終わって、ノーサイド。もう二人にしか通じない世界ですね☆感動しました。
今大会、私が思い出に残ったのは、甲子園で観た、大阪桐蔭の中田選手と斎藤投手の対決、あとは鹿児島の今西くんのウリャーかな。
投手の技術面の育成も大変だと思いますが、勝負師としての才覚、試合の流れを読む明晰な頭脳、論理的思考能力が必要ですね。
再試合前に斎藤投手が入った、高酸素カプセルと鍼の力にも注目だわ~

投稿: Fiona | 2006年8月22日 (火) 23時46分

>ayayaちゃん
兄ちゃんも甲子園目指してたんだよね。
今はどこかの大学で野球やってるはず。
優勝が決まった瞬間兄ちゃんは、タオルに顔を埋めて涙、涙。。・゚・(ノД`)ヽ(;Д; )もらい泣きしちゃいました。
家事全般引き受けてたお兄ちゃん。
「帰ったら何の料理を作ってあげたいですか?」の質問に、「とりあえず家事を教えます」だって。ナイスです。
早実のみんなは眉をしっかり整えてるね。高校球児が眉イジリする時代かぁ。
私のカテキョウの生徒も彼らを真似して、ゲジ眉をすっきり整えてるの。参った。

投稿: Fiona | 2006年8月22日 (火) 23時59分

度々ごめん。駒苫の田中君は、笑うと故松田優作にちょっと似ているような気が…。でも、それって阪神の藤本選手がオダギリジョーに似た瞬間が稀にあるとかいうのと同じくらい??かなと思っていたら、同意見の人達の存在を知り、何となくほくそえんでいます。

投稿: Natasha | 2006年8月24日 (木) 00時55分

>Natashaさん
むむ、骨格を細くしたら松田優作に似てる!
あの帽子をかぶせたら更に似てるかも。
田中君はすぐにプロに行くんだよね。
体がしっかりしているから大丈夫そう。
垢抜けたら人気出るんじゃないかな。
照れ笑いした顔がかわいい!
足も長いよね~

投稿: Fiona | 2006年8月24日 (木) 01時18分

この記事へのコメントは終了しました。

« 永遠の夏へ-甲子園決勝 | トップページ | 佑ちゃんフィーバーと経済効果 »