« 甲子園4強出揃う | トップページ | 早稲田実業夏の甲子園初優勝 »

2006年8月20日 (日)

永遠の夏へ-甲子園決勝

いよいよ、決勝!

Soranatsu060819

今日13時から、夏の甲子園3連覇を目指す駒大苫小牧と、悲願の優勝を目ざす早実が対戦する。

斎藤投手は2005年明治神宮野球大会準決勝での借りを田中投手に返すことができるだろうか。

昨日の準決勝(対鹿児島工戦、5対0完封)での斎藤投手のスキのないピッチングを見ていると、駒大苫小牧のひぐま打線を目覚めさせることはないとみた。

鹿児島工の代打、今吉選手を最後ストレート空振り三振に討ち取ったときは、小さくガッツポーズした。

「今吉くんを打たせちゃうと、鹿児島工全体が乗ってしまうのでどうしても抑えたかった」

斎藤投手は、勝負の勘所や行間を掴むのがうまい。

最後に斎藤投手に、「優勝しろよ」って声を掛けていた今吉選手。

ほんっと、イガグリ頭がかわいくて、性格良い子だ。

三振しても場内の暖かい拍手が沸いた選手はあまりいない。

決勝戦の両投手について···

昨日の準決勝、斎藤投手は9回を完投し、毎回奪三振で奪13K。

駒大苫小牧、田中投手は智弁和歌山を相手に(7対4) 2回途中出場で、奪11K。

この2人、投球数は偶然にも同じ113

肩の疲れ具合は互角かな?

Soraumi060818_1 Kって何?って思っていたけど、三振のことなのね。

なぜKかというのは諸説あるらしいけど、「ストライクのKu」、「アルファベットを割り振っていたらKになった」、「1ストライク、2ストライク、3ストライクと傍線を足していったらK」などなど。

この夏、野球ニワカ知識も増えてしまった。

クールな剛腕斎藤と、ウリャーと感情を露にするホットな田中。

「クールって言われるけど、勝負になったら男ですから」

対大阪桐蔭戦では危険球ギリギリ?の球を中田選手に大振りさせ、実は喧嘩先手必勝タイプ!? の斎藤投手。

マウンド上で、三つ折タオルで上品に顔を拭くところは「ゲンをかついでいる」と本人は言っていたけど、落ち着いている様子を演出しているのかも。

この前の記事 でミッフィーのタオルを使っていると書いたけど、ガセだったみたい。昨日はブルーのオヤジっぽいやつだった)

「智弁和歌山戦はこの夏一番、90点の出来だった」 という田中投手。

2人の戦いも大きな見ものだ。

昨日の試合で3ランホームランを打った主将で4番の後藤選手の下、早実チームも一丸となるだろう。

甲子園で決勝を観たい!と思ったけど、早実校友会のツァーは締め切っているし、向こうで観戦している人に聞いてもらったら、毎朝6時に並んで一般席を取っているとか。

当日始発に乗って大阪に行っても球場に入れない可能性大なので泣く泣く諦めた。

結局、国分寺の早実、小室ホールで応援することにした。

(もちろん、OBのTetsuya Komuro の寄付で建てられたホール)

また紺碧の空歌って来ます!

明日からは高校野球のぼせはしばらく封印して、クールFionaに戻るつもり。

☆決勝戦試合後に追記☆

延長15回まで1対1で決着がつかず、明日、21日午後1時から再試合となった。

決勝戦が再試合になったのは、1969年の松山商と三沢以来、37年振り。まさしく球史に残る試合となった。

Komurohall1 8回表に駒苫が本塁打で先制し、8回裏に早実が檜垣の3塁打、後藤の犠牲フライで同点に追いついた。

満員の小室ホールには紺碧の空の大合唱。私もかわいい女子高生と肩を組んで歌った。

さて、明日、甲子園の魔物はどちらに肩入れするだろうか?

Komurohall2

|

« 甲子園4強出揃う | トップページ | 早稲田実業夏の甲子園初優勝 »

コメント

Fionaさん、こんばんは~☆

今日は生中継を息を呑んで観戦してました。そして今また録画した試合を観ています(笑)

8回の駒苫のHRは正直驚きました。今日の斉藤くんはホント1点もとられないような気配がしてたので。早実がウラの攻撃ということもあってか、何度かピンチもありましたが不思議と負ける気が全然しませんでした。
それだけ斉藤くんの出来はよかったですよね!

・・・と同時に、駒苫の田中くんもあの本来の投球が戻って惜しくも打ち崩せませんでした(涙)

斉藤くんは明日で4連投になりますが(汗)必ずや今日のような素晴らしい投球ができると確信しています!あとは打線が田中くんから3点ほど獲ってくれれば優勝はカタいのでは?
選手のみなさんは大変ですが、観る側とすれば素晴らしい試合がまた観れるわけで野球が注目されることがとても喜ばしくもあります(#^.^#)
明日もFionaさんと心を共にして早実を応援させていただきます♪
長文失礼しました。

投稿: Vill-tty | 2006年8月20日 (日) 23時00分

Vill-ttyさん、ほんと昨日の試合はすごかったですね。それだけ両校の力が拮抗していたということでしょう。
私も小室ホールでNHKの中継を3時間立ち見した後、帰宅してテレビ朝日の早実偏向放送の録画をみかえしました。
37年前に延長再試合したピッチャーで、今は朝日新聞の記者をされている方が記事に書いていましたが、37年前の再試合、相手の投手もガンバれという気持ちで投げたということです。
昨日、田中投手の球は鋭くて早実もなかなか決め手となるヒットが打てませんでした。今日は代打の神田くんが出るようだったら決めてほしい。本来はスタメンになれる打撃力のある選手らしいです。
11回の表、駒苫のスクイズを止めた白川捕手、落ち着いていましたね。
今日は仕事なので合間にネット観戦です。でも心はVill-ttyさんとともにあります(^_-)☆

投稿: Fiona | 2006年8月21日 (月) 08時49分

この記事へのコメントは終了しました。

« 甲子園4強出揃う | トップページ | 早稲田実業夏の甲子園初優勝 »