« 浴衣で行きたい-神楽坂 赤城亭 | トップページ | 終わらない夏-早稲田実業甲子園へ »

2006年7月26日 (水)

カラーブリージングでアンチエイジング

最近、リーマンさんたちのシャツがカラフルで楽しい。

壮年の方でもピンクのシャツを胸張って着ていらっしゃると、「あら、意外とお似合い」なんて思い、後姿を目で追ってしまう。

(とはいえ、白いシャツを捲り上げた男性の腕に一番惹かれる)

Chisekiin_1 カラーブリージングという呼吸法がある。

目的に合わせて特定の色を呼吸とともに吸い込むというもの。

ピンクは若返りの色とされている。

ピンク映画で回春?

ではなくて、シワに悩む年配の女性が、ピンクを意識的、継続的に吸い込んでいたら、シワが伸びて若返った!んだそう。

数年前にカラーブリージングのことを知り、数回やってはみたけど、忘れてしまっていた。

ずっとやっておけば、もっと・・・いや、まだ遅くないと思おう。

手軽にカラーブリージングできる方法を考えてみた。

色をイメージするのはなかなか難しいよね。

*** ☆Fiona 流カラーブリージング☆****

・まずはお風呂上りに、ゆったりした格好で、好きな場所に座る。

・鼻からゆっくり息を吸い(お腹がふくらむ) 、口からゆっくり息を吐く (お腹がぺちゃんこに)。

・目的に合わせて色を選び、呼吸とともに吸い込む。

若返り >> ピンク >> の花が花開くところ、たわわに実った雫したたるをイメージ

頭痛、テクノストレス >> >> の中でゆっくりブランコを揺らしているところをイメージ

怒りを静める >> >> の中でかわいいイルカと泳いでいるところをイメージ

創造力を高める >> オレンジ 朝日の下でオレンジジュースを飲んでいるところをイメージ

仕事をちゃっちゃっと片付けたい >> 黄色 >> 缶詰工場でとうもろこしの実をもいでいるところをイメージ

ひらめきがほしい >> >> 澄んだ小川のそばの、スミレの花咲く小径を歩いているところをイメージ

その色に十分染まったと感じたら、お布団に入ってお休みなさい Zzz・・・

|

« 浴衣で行きたい-神楽坂 赤城亭 | トップページ | 終わらない夏-早稲田実業甲子園へ »

コメント

お風呂に入ったときにやれることは長続きできそうですね。(私もスクワット100回、これだけはもう2年以上毎日欠かさず続けてますが、入浴後体を乾かしながらだから続けられる。) カラーブリージング、若返りのピンクも捨てがたいのですが、ひとつ選ぶとしたらオレンジですね。近頃とみに「創造力なくして何の人生かしら」と強く思うようになりました。芸術的な意味だけでなく、日常生活にも創造力は欠かせません。さっそく、「朝日の下でオレンジジュースを飲む」ところ、イメージしてみます。

投稿: corgiville! | 2006年7月28日 (金) 10時44分

corgiville!さんの刺繍はもはや芸術作品ですよ。
刺繍でここまで表現できるとはと感銘を受けました。
オレンジジュースの呼吸、やってみてください☆
corgiville!さんなら、ジュースを入れるグラスにも凝りそうですね。60年代のパイレックスとか
カラーブリージングに敢えて赤は入れませんでした。赤は行動力を促進してくれますが、多すぎると怒りを増してしまうからです。溜まったものを出したいときはいいですが、同時に補色の緑も吸ってくださいね。

投稿: Fiona | 2006年7月28日 (金) 13時38分

この記事へのコメントは終了しました。

« 浴衣で行きたい-神楽坂 赤城亭 | トップページ | 終わらない夏-早稲田実業甲子園へ »