« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

眉は額縁!? - Anastasia

眉は顔の額縁

初めて顔を合わせたとき、一番最初に目に入るのは、両目とその上の眉のセットではないだろうか。

もちろん異性間では例外もあると思うけど··

First Impression

ゆっくり親交を深めることができる友人と違い、ビジネスシーンでは第一印象の比重が大きい。

1回の出会いが真剣勝負。次はないかもしれない。

人相学では、眉は家族運、性格、意欲を表す。

毛は薄いけど、なだらかなアーチは昔から褒められてきた。

あるとき、エステに行ったら、アーチの上の部分をバッサリとカットされた。

あっ上はいじらないで、という間もなく、上下の高低差のない丸くてかわいい形に。

これは私じゃない。

自分らしさを上から押さえつけられたような違和感。

もとの形に戻るまでの数ヶ月間、その違和感を感じながら生活した。

眉って大事。

そう実感しながらも、何となくはさみでカットし、眉を描きというお手入れを続けてきた。

Anastasia昨年、ビバリーヒルズからハリウッドセレブ御用達の眉専門サロン Anastasia が日本に上陸したとは聞いていたけど、予約の電話はつながらない。初回予約は3ヶ月先という大盛況ぶりに二の足を踏んでいた。

オーナーのアナスタシアさんは、ルーマニアからアメリカに亡命した苦労人。

彼女のサクセスストーリーにも眉の形が大きく影響しているのではと興味があった。

Anastasia2建築学の知識のある方で、骨相によって、High Arch, Slim High Arch,  Medium Arch, Petit Arch の4つのパターンに分類している。

私は勾配が一番大きい、High Arch (写真真ん中) だった。

運よく、1ヶ月半先の予約が取れたので行ってきた。

ワックスで余分な毛をベリっと剥がすときは、思わず声を上げたが、美しくなるためには我慢我慢。

ワックスが肌に合わず、赤みや発疹が出る人も多いらしいが(このあたりは事前のカウンセリングで念を押され、自己責任で施術を受けることに同意しなければならない)、幸いなことに私はノートラブルだった。

ハサミや毛抜きでは取りきれない部分がスッキリ初々しい肌になるから、パーンと眉が浮き出たような仕上がり。

どうでしょう!?Mayu_1

ちょっとゲジ眉かな?

維持するのも大変。次の予約は6月末。(近い日にちが空いてなかった)

これから毎朝毛抜きと格闘です。

P.S. 眉テンプレートを購入したけど、なんと4枚セットなの。

Slim High Arch,  Medium Arch, Petit Arch とサロンで診断された方、ご希望があれば差し上げます。Fionaのお近くの方はご連絡ください。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年4月27日 (木)

私の中心はどこ?

前回、のことを書いたけど、円といえば中心を連想するのが定石かな?

コンパスで円を描くとき、グサっと刺すポイント。

Hikarinowa_1

では私の中心はどこ?

Body, Mind, Soul で分けると···

Body

体は、おへその下、指2本分くらい下の、丹田 (下丹田)。

軽く足を開いて膝を緩めて立ち、反った骨盤を内側に入れ、お腹をへこませると同時に肛門を閉め上げる・・・とおのずから一点にベクトルが集中する。そこが丹田だ。

丹田は人体の重要なエネルギースポット。

フラフープをするとき(いつの時代のヒト?)、輪っかの中心になるのはこのあたりだ。

気合を入れたいとき、お腹から声を出すとき、ここを意識しよう。

丹田がしっかり意識できないと、文字通り「地に足がつかない」状態になる。

せっかくきれいなミニスカート姿で歩いていても、後ろからみると糸の切れた凧に見えるから要注意。

Mind は眉間のチャクラ(第5チャクラ。上丹田)。

第三の目とも呼ばれている。インドの女性が赤い丸の印をしているところ。

ここは意識するとき、緩めるときをコントロールすることが肝要。

短時間で決断を下さないといけないときは眉間にももう一つ目があることを思い出して!

ムズカシイことを考えたり、長時間頭脳労働をしているとき、はっと気づくと、このあたりが緊張して、険しい顔になっている。

そんなときは、指先で軽くマッサージして緩めよう。

いい具合に緩むと、天啓のようにインスピレーションの光が差し込むかも。

Soul はハートセンターというチャクラ。

ツボでいうと胸の間の壇中(両乳首を結んだ線と体の中心の正中線が交わるところ)。

中丹田とも呼ばれている。

苦しいとき、悲しいとき、つまるのもここ。

感動したとき、心が開くのもここ。

深呼吸してハートセンターを開いてみよう。

Funsui

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

聖橋の丸い輪

高校生のとき、鳩居堂で買った「聖橋」という名前の一筆箋を使っていた。

和紙のようなゴツゴツした手触りで、白一色。

今よりも渋好みだった私の、背伸びしたい気持ちをソワソワと刺激した。

大学入学とともに上京してきて、御茶ノ水にその橋があることを知った。

Hijiribashiあの便箋のように、シンプルで、モダン。

橋のアーチが神田川の水に映ると、が形成される。

円の合間を丸の内線と中央線が交差するように走る瞬間を、橋の欄干に寄りかかって写真に収めた。

東京都によると聖橋は、

北側にある国指定の史跡で江戸幕府の官学所「湯島聖堂「と、南側にある国指定の重要文化財でビザンチン風の建物「日本ハリストス正教会復活大聖堂」(通称ニコライ堂)の両聖堂

に由来するらしい。

ネイティブアメリカンは円環の思想を持っている。

彼らは、「十字架は分断するが円は全てをつなぐ。」と言う。

中沢新一さんの『アースダイバー』には縄文人も円の思想を持っていたと書いてある。

もしかしたらネイティブアメリカンはアリューシャン列島を渡って行った縄文人なのかな?

そんなことにツラツラと思いを馳せた。

親友が聖橋の思い出を語ってくれた。

携帯もポケベルも留守電もない時代。

友人と「聖橋の真ん中で、何時何分に待ち合わせよう。」と約束したと。

今から考えると、本当にのどかな待ち合わせ方法。

どちらかが遅れたり、行けなくなっても、連絡するすべがない。

会えないかもしれない。会えたらうれしい。

の上で。

待ち人が近づいてくるのを見るのはどんなに幸せなことか。

私とあなたはつながっている。

多分、太古の昔から、円という生命の輪の中で・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

お水取りその後-西北からの贈り物

これはお水取り効果!?

西北から贈り物がやって来たよ!!

満願満月お水取り-秩父 に書いたけど、4月13日に吉方位の西北にお水取りに行ってきた。

温泉で心地良いお湯を浴び、目的を果たしたことの充足感に包まれて数日経った頃。

Rieちゃんがお化粧のコンパクトに付けていた、ブルーのメダルを発見。Medailles

これは何?と聞いたら、

パリに旅行に行ったときにある教会で買い求めた、

不思議のメダイユだという。

余ってるからあげるよと言われ、ありがたく頂戴することにした。

Chapelle Notre Dame de la Medaille Miraculeuse (不思議のメダイの聖堂) (有名なところじゃなく、街角の小さな教会) にはこのメダルを求めて世界中から人々が集まってくる。

1830年、聖ヴィンセンシオ・ア・パウロ愛徳姉妹会の修道女カタリナ・ラブレの前にマリア様が現れ、メダイユを彼女に差し出した。

「これと同じものを作り、人々に広めるように。

信頼を持って身につける人は恵みが与えられるでしょう。」

これは「単なるお守りではない」

毎日祈ること、敬う心が大切とか。

もらった当日、メダルを身につけ、電車に乗ったら、なんと、修道女の方がお二人同じ車両にいらっしゃった。

偶然の一致

方位学では西北は出世やステータスのアップに関係するというけど、たしか神仏にも関係していたんじゃぁ。とふと思った。

お水取りを教えてくださった一宮歌純先生にメールで聞いたら、まさしくその通り!

「パリは日本から見たら西北だから、そのメダイユは大切にした方がいいですよ」 とのアドバイスもいただいた。

また偶然の一致!

偶然の一致(共時性)についての詳しい説明は精神分析家のユング先生にお任せするが、私の経験では、これが起きるときは心が非常にオープンになっていることが多い。

こっちに進んでOKだよ。いい波に乗ってるよっていう標識のような働きをするのだろう。

いい波を循環させたくて、メダルをくれたRieちゃんにお返しした。

Fatima_2 マリア様が降臨した地として有名なポルトガルのファティマを訪れたときに買ったポストカード立てを、聖母降臨地土産交換と称して。

マリア様と、3つの予言を告げられた3人の子供たちがモチーフだ。

私は宗教を持たない。

中高のときは浄土真宗西本願寺派の女子校で、勤行があったり、先生がお坊さんだったりしたけど、そういう環境だったというだけで特に信仰したわけじゃない。

でも旅行でヨーロッパを訪れたときに、キリスト教の教会や修道院に入ると、その中の空気がとても近しく感じられた。

ウンベルト・エーコの『薔薇の名前』で描かれていた修道士の生活を読むと、修道士がかび臭い図書室で分厚い本をめくっているシーンがやけにリアルに感じられたり。

美術館に行くと、さまざまな画家が描いた受胎告知(百合の花を手にした大天使ガブリエルがマリアに受胎を告げる) の絵の前で足を止めた。

長く生きていると、ときに明け渡すことが必要であることを学ぶ。

がむしゃらに突き進むばかりでなく、大きな存在に身を委ね、安らぎの中で休むことも大切。

大きな存在。

それは人によって神様だったり、仏様だったり、宇宙だったり、海や山などの自然だったりする。

何でもいいんです。

でも自分よりスケールが大きいものであることが必須。

あと、人間や動物などは避けた方がいいと思う。

自由意志があるから、ね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年4月17日 (月)

北欧食器-かもめ食堂

かもめ食堂の記事 にも書いたけど、最近、北欧の食器が気になる。

今までは有田の陶器市で買った食器や、そのときどき気に入った作家ものの食器を統一感なく何となく使っていた。

食器使いが上手な方は、たとえば和食器と、アジアの食器などを組み合わせてうまくコーディネートされる。

でもコンセプトなく無意識に揃えた食器をコーディネートしようにも無理があるのでは···

私がこれから食器を買うなら、Iittala_origo_2

·シンプルで料理を選ばない

·コーディネートしやすい

·何年も使い続けられる飽きのこないデザイン

·機能的で割れにくい

だなぁと思っていたら、

かもめ食堂の中で、主人公サチエが一息つくときに使うマグカップに目が留まった。

iittalaのOrigo シリーズ

多色使いの縞々がとてもかわいい!

オレンジ、ピンク、ベージュ、ブルーの4パターンある。

4パターン全部そろえて、食器棚に重ねてみたい。

スタッキングしやすくて機能性にも優れているらしいから。

しかも白い食器にも合う!

映画の中では iittala の白いコーヒーカップと、Origoシリーズの小さなボウルがシュガーボウルとして使われていた。

Origo とはラテン語で「中心」

「食事を楽しむことが暮らしの中心」がこのシリーズのコンセプトだって。

カップの中に顔を近づけると、宇宙の中心をさっと覗き見たような感覚がある。

Iittala_kamomeglass

先日久しぶりに池袋西武の中のイルムスを訪れたら、かもめ食堂とのタイアップコーナーができていた。

私のように、映画を観てこの食器に関心を持った人たちが、コーナーの前に数人張り付いて、あれこれ手に取っていた。

迷った末、オレンジの小さなボウルを購入。

この映画は2回観たけど、2回目はシーンの隅々にいたるまで道具ばっかり見ていた。

館内で一番目の動きが激しかったのは、多分私です。

Iittalaglass2_1

| | コメント (10)

2006年4月15日 (土)

美しいいただきもの

最近美しいいただきものを立て続けに頂戴した。

お水取りの後に訪問したお宅のおばあ様から一抱えの八重桜Yaezakura3_1

おばあ様の寝室の窓のすぐ外に、一本の八重桜の木がある。

少し前に、

「毎年寝ながらにしてお花見ができるの」

とお話しになったとき、

「まぁ何て素敵なんでしょう。うらやましいです。」

って私が言ったのを覚えていてくださった。

そのお気持ちにうれしさが倍増。

八重桜はソメイヨシノの後に咲く。

遅れて咲くから余計にじむ幸せ。

何重にも重なったその花びらは、歓びが重なり合って、周りに波及していく様子みたい。

Kamikazari お友達のRieさんから、韓国土産の髪飾り。

クリップの形になっていて、バイオレットのお花と蝶の飾りが付いている。

                               

                                                                           

バイオレットは、周期的に好きになる色。

大学受験勉強中は、全身紫だったこともある。

チャクラで言うと、第7チャクラ(頭頂)にあたる色だ。

第7チャクラは霊性やスピリチャリティと関係する。このチャクラが開いていると、インスピレーションが降りてくることが多いらしい。

芸術家の人はみんなここを開いて、ミューズの声を聞いているんだと思う。

受験生の私は、お勉強が足りないのを無意識に自覚していたんだろうね。

Tawaraya_soap Oliveちゃんから、京都土産の石鹸。

俵屋という老舗の旅館のオリジナル石鹸だ。

俵屋のご当主と花王石鹸の共同開発。

ベルガモット、ローズ、パチュリ、ラブダナム(シストローズとも呼ばれる。強い香りが特徴の芳香樹脂)、ムスクなどの200種類以上の香りをブレンド!

貴重な天然香料も多数含まれ、贅沢極まりない。

実は7年ほど前、粋人の先輩たちに俵屋土産でこの石鹸をいただいた。

そのときはアロマテラピーを学ぶ直前だったこともあり、香りの感度が今より低かった。

確か、「おばあちゃんの家を思い出します」なんて、お礼のメールを出したと思う。

ご本人たちは、ちょっとガッカリしたんじゃないかな?

ごめんなさい。。

でも、ね。弁解させていただくなら、防虫剤にも使われるパチュリやラブダナムの重くて深い香りが、おばあちゃんの着物箪笥や髪の毛の鬢付けを思い出させたんだと思う。

今の私なら、どんな形容をするだろう。

7年間の成長を試される気がして、開けるのがちょっと怖い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

満願満月お水取り-秩父

西北へ、いざ西北へ。

今度は逃避行じゃない。明確な意思を持って・・・

Mangannoyu_mizu_1満月前日の昨日4月13日、秩父の満願の湯までお水取りに行ってきた。

硯に向かいてでご紹介した、友人の一宮歌純先生(四柱推命、方位がご専門)によると、お水取りは、「吉方の方角に行って、そこに満ちている気(大気・霊気)を受けてくるという、方位学の最も基本的なやり方」とのこと。

最低2時間~3時間はその土地に滞在し、その土地のお水を飲む温泉に入る、湧き水をいただいてきて、自宅に持ち帰って飲むなどすると、運気をUPできるという。

年盤、月盤、日盤、時盤が揃う日がお水取りに最適で、2006年は4月13日の午前9時から11時(生まれによって時間が異なる場合もある)。

一宮先生のお見立てによると、私の吉方位は西北、次に南西。

西北はステータスが上がる!とか、目上の方の引き立てを受けるとかいう意味があるありがたい方角。

現在自宅を新築中の友人も、玄関と寝室を西北に構えたとか。

毎日ステータスの高い扉から会社に行ったら、バリバリ出世しそうじゃない!?

yahooの地図で自宅から西北に矢印を移動していくと、秩父の長瀞付近がかっきり西北に当たる。

ネットで温泉を検索していると、これまたありがたい名前の温泉を発見!

満願の湯

いがちる。

折りしも4月13日は天秤座の満月を翌日に控え、満ちていくエネルギーが最大になっている日。

最高じゃない!

この温泉の名前の由来は、すぐ付近にある秩父札所34番・水潜寺。
秩父観音霊場34ヶ所、日本百番霊場の結願寺で、巡礼者が最後にたどり着くところ。

そんなたいそうなところにいきなり行っちゃって大丈夫なのかなと思っていたら、タクシーの運転手さんが、

逆打ち」という言葉を教えてくれた。

シーズンにはお寺が混むから、敢えて最後のお寺から回る人もいるらしい。

9時から11時までの間にそこでお水を浴びないといけないから、10時ちょっとすぎに温泉に着くように早起きした。

順調に電車を乗り換えたが、大宮駅で別の方位に向かう電車に乗っちゃった!

(ホームは間違ってなかったハズんだけど、違う路線が乗り入れしていて)

3駅過ぎて気づいて大宮に戻る電車に乗り換えたけど、車両故障で15分も電車が停まったりして大幅な時間のロス。

温泉に着いたのが10時50分だった。

文字通り温泉にJump In! したのがきっかり11時だったでしょうか。

自分の悪運の強さを改めて実感した。

Mangan_roten満願の湯は全国でも珍しい強アルカリ性 PH9.5 のやわらかいお湯が自慢だ。

確かにお肌への感触が気持ち良い。

お湯のヌルヌル感は伊豆下田の観音温泉(同じくPH9.5)の方が凄かったかも。

露天風呂からは滝とつつじの花が見えた。

滝のしぶきが奏でるマイナスイオンを背にして瞼を閉じる。

はぁ。良かった。間に合って。

露天風呂の脇に飲泉もあるから、ちょびちょび飲みながらすっかり長風呂できる。Mangannoyu_insen_2

味は、えぐい渋みがあるけどおいしい。

胃腸が疲れて体が酸性に傾きがちな人はこのお湯を飲むと良いと思うよ。

温泉のお水のペットボトルも売られていた。

お水取りの効果は徐々に現れてくるらしいから、楽しみにして毎日を送ろう。

幸運は明確な意思を持って行動で掴むもの

お遊び感覚でも、乗ったもん勝ち!だと思った旅だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

耳つぼダイエット!?

毎朝電車がある駅に停まると、車窓の外に「耳つぼダイエット」の看板が見える。

ほんとに痩せるのかしら??眉唾よね・・・と思っていたのだが、思いがけず耳に鍼を打たれることになろうとは・・・・Mori1

はっきり言って、

痛い

かった。

それも人生で経験した痛いのベスト3に入るぐらい。

ほかの2つのこと?思い出したくない。考えたくない。

私の場合、残念ながらダイエット目的ではなく治療の一環。

鍼の先生は、「ぜんぜん痛くないから」って言いながら、ピアスの穴開け機みたいなものを手に近づいてきて・・・

その言葉、信じてたのに!!

最初はジワリその次に毛穴にピンポイントで極太鍼を刺されたような鋭い痛みが広がる。

(痛みには個人差、体調による感度の差があると思います。ダイエット目的の耳ツボは、鍼じゃなくてシリコンや磁石など器具を使うものもあるみたいです。器具だと痛くないよね?)

1箇所でもう脂汗ものの痛さだったのに、なんと2、3、4、5箇所も!

終わったときは涙がにじんでた。

これで終わりかと思ったら、さらに10回ワンクールなんですって。

5回目くらいから痛みが和らぐらしいけど・・・

貫通はしていないけど、表皮に埋め込み1週間はそのまま。

ここ数ヶ月は左耳だけパンキッシュに☆

耳の形は丸まった赤ちゃんの姿に似ている。だからなのか、耳にある無数のツボは人体の各部に対応している。

以前、太極拳の先生から聞いたけど、胡桃は脳味噌の形にそっくりだから、胡桃を手で揉むとボケ防止になるって!

西洋占星術でも、うつ伏せに膝から足を跳ね上げた人体を、12星座、12ハウスに割り当てている。

牡羊座は頭、射手座は腿、魚座は足の甲から爪先など。

As above, So below. (上の如く下も然り) ですね。

<追記 ~ 耳ツボから1日経って>

時間が経つにつれ、患部(腰)の痛みが激変。痛かった甲斐があったです。

(人によって合う合わないがあると思いますので、興味がある方は専門家にご相談くださいね)

鍼には優れた鎮痛作用があるんですね。

しかもいろんな意味で滞りが取れたのか、理由もなくうれしさが沸いてきてニヤニヤ。

1箇所ダイエットに効くツボに鍼を刺したんだけど、そういえば確かに、食欲が落ち着いている。

何かお腹空かないんだよといいつつ、なぜか(習慣?)お箸が進んじゃって、一緒に食事した友人も呆れ顔。

Ashi_1 ←柔らかな夕日を背にしてパチリ。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006年4月10日 (月)

動くものでCool Down!

交差点を見下ろすカフェで歩き疲れた足を休める。Ugokumono

行き交う人、車、自転車、電車で織り交ざったあわただしい風景を見下ろしていると、不思議と気持ちが落ち着いてくる。

動くものたち<->止まっている自分

その対比で、余計、時間の流れがスローダウンしたような気がしてくる。

頭の中の雑念がスーっと遠くなってゆき、呼吸もゆったりしてくる。

その実、歩く人の服装の季節が入り混じってることを面白く眺めたり、あ、あの人の頭のテッペンが・・などと余計なことも考えてしまうのだが・・・

忙しいときほど、気持ちが急いてるときほど、緑の公園のカフェより、雑踏の上のカフェで休んだらいいんじゃないかな?

止まってる自分、止まれる自分を感じたら、また歩きだそう。

Yamabuki_1 公園では山吹の花がきれいだった。

葉の緑が濃いね。

もうすぐ初夏・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

今日の美学

最近、年齢を重ねるのが楽しみになった。

それは多分にこの方のおかげ。Morningbird_2

占星術の姉弟子の Akiko さん!

大きな娘さんがいらっしゃると思えない、たおやかで美しい女性だ。

ブラックホールに沈んでいた私を慈愛の瞳で包み、背中を押してくださった。

かと思えば、音楽を愛し、HipHopで弾けるアクティブな面もお持ちだ。

どうしたら、こんなに素敵な女性になれるの?

つい先日、その疑問の一つが解けた。

今日の美学

Akikoさんは長年日記をつけていらっしゃるそうなのだが、

子育てでお忙しかった頃、毎晩その日一日を振り返って、日記の最後に、「今日の美学」

を記していたとのこと。

たとえば、早朝に眠い目をこすってお子さんを送って行ったとき、フロントガラスの向こうに見えた朝焼けの空が美しかった etc.

Akikoさんも本当に大変だった時期は、今日の美学の欄がブランクになったこともあったらしい。

でも、何年か経って読み返してみて、そのときどきのほとばしる感動、ブランクだった気持ち、まるごと愛おしくなる。

人の一生って膨大な日常の積み重ねなんだと思う。

TVドラマみたいに、ジェットコースターのような展開が毎日あるわけじゃない。

日常の一コマをどうとらえるか。

たとえば1個のグラスがあったとして、どの角度から見るかによって輝きが違ってくるように、

視点を変えると見える風景も変わってくる。

いつもなら通り過ぎてしまうような瞬間を、パっと掴むことができる。

一針一針綴るキルトのようにそんな瞬間を積み上げていきたい。

幸福の鍵は State of Mind でも書いたけど、どんな状況も天国にするココロの感度ってすごく大事。

じゃあ、視点や感度はどうやって養うの??

そんな声が聞こえてきそう。

自主トレーニングの積み重ね

これしかない。

私も発展途上だから偉そうなことはいえないけど。

こんなのどうだろう?

その1. スローに歩くお散歩 (早足はダメダメ)

その2. デジカメ写真を撮る (1つのテーマを角度を変えて何枚も、何十枚も)

その3.映画、本、音楽 何でもいいからレビューを書く (私 mixiでも書いてます)

その4. Akikoさんのような素敵な人がやってることを自分でも実践する

その5. 再び。。ブログを始める。その有効性については徒然なるままに-ブログの効用をご覧あれ。

ということで早速実践!

Rosemary3_1

私の今朝の美学は、

ベランダのローズマリーの花。

薄紫で、

とってもキレイ。

冬の間かなりほっておいたのに、春を知る花はすごい。

後ろの妖精さんが私の代わりに育ててくれたのかな?

| | コメント (4)

2006年4月 4日 (火)

もう一度歌いたい☆森昌子応援歌

Quero de novo cantar ~ もう一度歌いたい

森昌子さんの復帰会見を見て、ボサノヴァの名曲、"Tristeza"を口ずさんだ。Gate

Tristeza とはポルトガル語で「悲しみ」。

悲しみはもうサヨウナラ。

もう一度歌いたい!

という歌だ。

11年前、渋谷区松涛のお屋敷街を背にして建つ百貨店のティールームで、偶然森昌子さんが隣の席にいらした。

幼い頃テレビで観たショートカットのおきゃんな女の子は、ストレートロングヘアに清楚なブラウスとスカート。

傍らにはお買い物袋を置いて、一人でお茶を飲んでいらっしゃった。

本当におきれいだったのだけど、なぜかここに存在しないような儚げな印象だった。

私と連れはライスシャワーという黒馬で馬券を当てたとかいう呑気な話をしていたが、面白そうに横で話を聞いていらっしゃるのが伺えた。

思えば、母として妻としての役割をこなす上に、自分に合わない衣装まで着せられ、ときにはステージで本意ではない歌を歌っていらっしゃった(かもしれない)、ちょうどその頃だったか。

先週、「私には歌しかない!」と復帰会見で語る彼女の涙はキラキラして美しかった。

本当に好きなことをやり通すには、ときには圧倒的な力に立ち向かい、究極の選択をすることも要求される。

多くの人は戦いの中でなえてしまい、あきらめの溜息をつく。

昌子さん、年内に新曲発売とか。

悲しみと絶望の淵から復活した彼女の歌声に期待したい。

| | コメント (2)

2006年4月 1日 (土)

桜ふたたび・・・

夜桜を満喫した後は、やっぱり昼間の桜も。

Sakura_train

踏み切りで電車マニア?の男性が一眼レフを構えていたので、同じアングルで写真を撮ろうと決めた。

踏み切りの脇の柵に肘を乗せ、シャッターは半押し。

準備万端、電車を待つ。

カンカンカンと踏切が鳴り、背後から車輪の音が近づいてくる。

ドキドキドキ。

手振れに注意しながらシャッターを何度も切った。

電車と桜、両方とも卒業、入学、旅立ちのイメージだ。

確か今日は私の出身大学の入学式のはず。

もう10ウン年前の今日。地方から上京し、希望に燃えて大学の門をくぐった私は、あまりにも両親の気持ちに鈍感だった。Sakura_shidare

あのとき、寂しさを堪えて送り出してくれた両親の気持ちに、今の私はまっすぐに向き合えるだろうか。

当時の夢は、「新聞記者」だった。ジャーナリストを多く輩出した学部を選んだが、夢はいつしか彼方に。

そして今、ITの発達のおかげで書く場所を得た。「自分の書いたものを人に読んでもらう」という願いはだいぶ遅くなったけど、形を変えて叶ったようだ。

Sakura_oshima_3

染井吉野は花の後に葉が出るように品種改良されている。

薄ピンク一色できれいなのだが、私は葉と花が一緒に出る大島桜も大好き。

右上の写真の左側の木が大島桜だと思う。

白い花と若々しい緑の葉。

桜が散った後に訪れる緑の季節を予感させる。

| | コメント (3)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »