« We Are THE Champions! | トップページ | Fionaの由来 »

2006年3月24日 (金)

映画☆かもめ食堂☆

銀座シネスイッチで『かもめ食堂』を観た。Ryokan

フィンランドの首都ヘルシンキの食堂がこの映画の舞台。食堂のオーナーは小林聡美さん演じる日本女性だ。

デパ地下で買ったおにぎりを映画が始まる前に頬張ったはずなのに・・・

この映画を観たら、

網で焼いたアツアツのシャケが入ったおにぎりが食べたくてたまらなくなった!
あと、入れるときに呪文を唱えるとおいしくなるコーヒーも。
人においしく飲んでもらいたいというハートが大事なんだって。

もたいまさこさんが一言発っするごとに、ドっと笑いが起きた。
『やっぱり猫が好き』フリークの方はニヤリとする場面も。

白木のテーブルにiittalaの縞々(ORIGOシリーズ)のカップやシュガーボウルが映えていた。 北欧雑貨フリークも楽しめる映画だ。

幸せはひとそれぞれ。

自分のペースで見つけていけばいいんじゃないかな?
そんなことを改めて感じた。

Photo_2

P.S. 上演40分前に行ったのにもう長蛇の列で立ち見宣告を受けた。
お茶して時間つぶして次の回を見る羽目に・・・
整理券を配ってないから週末は1時間前には行った方がよいかも。
4月1日から恵比寿ガーデンシネマで上映するらしい。
初日の最終回に出演者舞台挨拶。も一回行こうかな~

|

« We Are THE Champions! | トップページ | Fionaの由来 »

コメント

観たいっ。マダム小林の、ありそでないないマイペースぶりを観たいなぁ。人それぞれ、といってもやっぱり隣の芝生が気になってしまうもの。最近、3姉妹のうち2人の組み合わせで見かけるよね☆
4/1、恵比寿の舞台挨拶、並ぶの覚悟で行きたいですぅ

投稿: ゆきぱく | 2006年3月24日 (金) 12時19分

そうなの。マダム小林inかもめ食堂は、カフェに全然お客来ないのにありえないほど泰然自若としていた。
隣の青々芝生を薄目で見ながらGoing my way だす。
舞台挨拶見に行きますか~!

投稿: Fiona | 2006年3月24日 (金) 21時36分

神楽坂のギャラリー坂で、フィンランド展をやってるのですが、今夜は、オープニングパーティ。フィンランドのヘルシンキが舞台のこの映画が話題となってました。4月1日からの恵比寿ガーデンシネマでの上映にシャケ入りオニギリ持参で行って参ります。

投稿: キイトス | 2006年3月25日 (土) 02時11分

へぇー
なにやら楽しそう、そしてほのぼのしてしまいそうな映画ですね
興味がわいてきましたぁ

投稿: ayaya | 2006年3月25日 (土) 02時15分

キイトスさん、先日カフェに伺った際、フィンランド展気になっていたんですよ。お宅のカフェの名前の"kiitos"もフィンランド語でしたね。映画の中でもいっぱい出てきました。ぜひご覧ください。

ayayaちゃん、ほのぼのしたいときはぜひ観てね! しみじみイケイケな気分になれます。

投稿: Fiona | 2006年3月25日 (土) 07時38分

Fionaさん、その素敵な写真は何処ですか?
いつもいつも綺麗ですね~

投稿: jun | 2006年3月26日 (日) 17時36分

junさん、これは私の地元にある古い旅館です。ちょうど2年前の今頃に両親と行ったときに撮った写真です。

投稿: Fiona | 2006年3月26日 (日) 19時24分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13443/1142651

この記事へのトラックバック一覧です: 映画☆かもめ食堂☆:

» 「かもめ食堂」 [AReport -もうちょっとメディア-]
「かもめ食堂」をみに行ってきました。オール・フィンランドロケ。出演しているのが小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさんと聞いただけでほんわかとのんびりとした映画だと想像できるでしょ?(^^♪実際、見終わったあとほっこりと暖かい気持ちになり、この「か...... [続きを読む]

受信: 2006年4月 1日 (土) 22時28分

» 【劇場鑑賞30】かもめ食堂(ROUKALA LOKKI) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
いらっしゃい(o゜▽゜)ゝ♪ ハラゴシラエして歩くのだ。 かもめ食堂。 それはフィンランドの ヘルシンキにありました。 [続きを読む]

受信: 2006年4月 4日 (火) 19時41分

» ナイステイスト!!「かもめ食堂」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 笑わせて泣かせる。これはチャップリン以来の映画の王道だと思うが、「かもめ食堂」(萩上直子監督・脚本)はこれをさらっとやってのけた。今年観た日本映画では「博士の愛した数式」と並ぶ傑作かもしれない。前評判を知らず、単にいつも参考にしている「MovieWalker」の「...... [続きを読む]

受信: 2006年4月 9日 (日) 12時24分

» やりたくないことを・・・かもめ食堂 [お仕事どうする?~転がる石かも。]
やりたくないことをやってないだけですよ フィンランドでかもめ食堂を営むサチエさんは、さくっとこんなことを言うの。イイよね☆ 就活の学生さんから自己分析について相談受けると、「自分がやりたいことは何か、を考えてみて」などと言ってたんだけど、「やりたいことって特に・・・」と立ち止まってしまう学生もちらほら。案外、この言葉がそんな学生を苦しめてるのかもね。 そんなとき「じゃあ、 やりたくないことを考えてみようか。」と提案していました。悪くない提案だったのかな・・と、映画を観てちょっと自己... [続きを読む]

受信: 2006年4月 9日 (日) 18時41分

» かもめ食堂 [Alice in Wonderland]
プリティ・ヘレンを観る為の時間潰しに入ったこの映画ですが・・・劇場は立ち見が出るくらいの大盛況だったし映画も最高によかったです。会社帰りの金曜日に心癒され、なんだか豊かな気持ちになって劇場を後にしました。 群ようこが本作のために書き下ろした小説を、『...... [続きを読む]

受信: 2006年4月11日 (火) 15時08分

» 『かもめ食堂』 [京の昼寝〜♪]
それはヘルシンキにある食堂でした。こころをこめた「いらっしゃいませ」とおにぎり。毎日ふつうで、おいしくて、小さいけれど堂々としていました。 ■監督・脚本 荻上直子■原作 群よう子(「かもめ食堂」幻冬舎刊)■キャスト 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、マルック・ペルトラ、ヤルッコ・ニエミ□オフィシャルサイト  『かもめ食堂』 フィンランド、ヘルシンキの街角でオー�... [続きを読む]

受信: 2006年4月17日 (月) 22時34分

» かもめ食堂 [映画評論家人生]
梅田ガーデンシネマ 私は監督の前作「バーバー吉野」をまったく評価していない。奇抜なアイデアだが、も [続きを読む]

受信: 2006年4月21日 (金) 02時28分

» 「かもめ食堂」おいしいコーヒーのおまじない [soramove]
「かもめ食堂」★★★☆ 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ主演 荻上直子監督、2005年 フィンランドのヘルシンキの街の 「かもめ食堂」が舞台。 2度満席で入れず、3度目にしてやっと 席に座る、 こんなに情熱を傾けるような映画じゃなく 「脱力系」な...... [続きを読む]

受信: 2006年4月27日 (木) 07時56分

» かもめ食堂 [シネクリシェ]
 フィンランドを舞台にした日本映画。  日本人がフィンランドのヘルシンキで和食を売りものにするかもめ食堂を開業したものの、1ヶ月しても客が寄 [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 06時00分

» 『かもめ食堂』 [アンディの日記 シネマ版]
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:]        (公式サイト) (公式ブログ) 癒し度 [:おはな:][:おはな:][:おはな:][:おはな:] 映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】荻上直子 【脚本】荻上直子 【原作】群ようこ  『かもめ食堂』(幻冬舎刊) 【出演】 小林聡美/片桐はいり/もたいまさこ/ヤルッコ・ニエミ/タリア・マルクス/マルック・ペルトラ <ストーリー>... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 21時54分

» 「いいんじゃないですかあ」かもめ食堂 [don't worry!な毎日]
 念願の念願の「かもめ食堂」を見た。 しみじみとして、ほのぼのとして、優しい映画だった。  舞台はフィンランド。首都ヘルシンキの街角で「かもめ食堂」というお店を開いている 小林聡美。この食堂の一押しはおにぎりだ。 開店して一ヶ月だが、お客さんはない。 それでも食器をふき、 店をそうじし、ガラスを磨いている彼女。  そこに何かからは分からないが何かからと、 日本そのものから逃げ出してきた片桐はいりと、 両親の介護をおえて、自由の身となって訪れた もたいまさこが加わる。 ... [続きを読む]

受信: 2006年5月25日 (木) 17時28分

» NO.155「かもめ食堂」(日本/荻上直子監督) [サーカスな日々]
たった2館で上映された「かもめ食堂」は、 女性たちの先進的な意識にシンクロした。 もともと東京と横浜の、たったふたつの単館で、この作品は上映された。多くのミニシアター系映画と同様に、評判がよければ、上映期間が延長されたり、上映館数が拡大されたりするかもしれない・・・そんな幸運は、年に数作あるかどうか、ということなのだが・・・その程度のお披露目であった。 荻上直子監督も、熱烈な邦画ファンなら「バーバー�... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 13時03分

» かもめ食堂−(映画:2006年127本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:荻上直子 原作:群ようこ 出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、ヤルッコ・ニエミ、タリア・マルクス、マルック・ペルトラ 評価:95点 公式サイト (ネタバレあります) ああ、たまらない、なんて素晴らしい映画なんだ。 幻のコー....... [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 13時54分

» 権威に弱く病院信用し過ぎ:早死にか? [メタボリックシンドロームの基本知識]
1/6に「大豆:未病:人間ドッグの盲信:早死」と書きました。すると、このブログスタート以来、最高のアクセスがありました。「アメリカでは、人間ドッグによく行く人ほど長生きしないデータある」とのある日本の大学の医学部の漢方医の話が、関心を呼んだのですかね、、、。でも、友人や知人の死に様を見ていると、権威や肩書きに弱い人は、大病院やお医者さんを信用しすぎて、あまり長生きしない傾向があります。私は、別に医学を否定しているわけではありません。病気治療では、医学が得意な部門と医学が苦手と...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 16時00分

« We Are THE Champions! | トップページ | Fionaの由来 »