« カチャーシーとタロットのシャッフル | トップページ | 水星逆行とCross-point »

2006年3月 2日 (木)

三寒四温に桜おはぎ

弥生の月になりました。

三寒四温どころか、五寒二温って言いたくなるほど寒い!

食だけでも春の声が聞きたくなり、麹町にある甘味屋おかめ で桜おはぎをいただきました。Sakuraohagi

薄ピンク色のご飯に、桜の花の塩漬けが1つ。

口の中に桜の香りがほのかに広がります。

桜の葉の塩漬けも一緒にガリガリっと。(これが通の食べ方?)

おかめは甘味のほか、おにぎりやお雑煮が美味。ときどきお昼を食べに来ますが、食後についつい、別腹と称しておはぎを注文してしまいます。

甘さ控えめのおはぎはサッカーの三浦カズさんも大好きでよく食べに来てたって。

カズさんは『おはぎ』っていうエッセイも書いてましたね。

サッカー選手とおはぎって意外な組み合わせ!

|

« カチャーシーとタロットのシャッフル | トップページ | 水星逆行とCross-point »

コメント

桜おはぎ綺麗ですね~でも私は甘いものが苦手で・・
おにぎりやお雑煮が美味しいのなら一度行ってみたいです。
Fionaさんはスタイルがいいから、甘いもの沢山食べても大丈夫ですよね。いいな~~

投稿: jun | 2006年3月 4日 (土) 18時21分

私はお酒をあまり飲まないので、甘いものには目がないんです・・・昔は洋菓子が大好きでしたが、年々和菓子が好きになってきました。和菓子の方が太らないらしいですよ~
「おかめ」は国立劇場が近いので観劇帰りに寄る方も多いみたいです。

投稿: Fiona | 2006年3月 4日 (土) 23時14分

この記事へのコメントは終了しました。

« カチャーシーとタロットのシャッフル | トップページ | 水星逆行とCross-point »