« 水星逆行とCross-point | トップページ | Just The RIGHT Shoe♪ »

2006年3月 9日 (木)

硯に向かいて

硯で墨を摺るなんて何年ぶりだろう・・・・

習い事をご一緒している一宮歌純先生と、そのお仲間の西浦先生のイベントで、墨を摺りました。

一宮先生がSuzuri今年の吉方位とお水取りのやり方をアドバイスしてくださり、 西浦先生が易香を体験させてくださいました。

この墨は易香のお香当て遊びで、答えを書くために摺りました。

ほんの少しの時間でしたが、ざわついた気持ちが鎮まり、心が内側に向かう心地良いひととき。(筆の置き方がいかにも慣れてない人でしょ!?)

太陽と太陰(月)と名づけられたお香を燻らせた香炉が7回

回ってきて(うち最初の1回は香りを覚えるための試香として太陽の香りが回ってきます)、それが太陽か太陰か答えを墨で棒線で書きます。プラスかマイナスかってことですね。

微細な香りをかぎ分けるのは至難の業。それでもなんとか6回中5回正解しました。

ご同席の中には全問正解の方も!これは「叶」と呼ぶそうです。

その後、棒線の組み合わせで易の卦を読んでいただき、今のエネルギーがどうなっているかを解説していただきました。

私は「お釜の中にふつふつとお米が炊けている状態」「急がずにあせらずに事を進めていれば成功する」とアドバイスを受けました。実生活や占星術ともシンクロしていてびっくりでした。

太陽は沈香、太陰は伽羅の香木だったそうです。どちらももう地球上にはあまりないという貴重な香木です。

一宮先生によると、今年のお水取り(吉方位に行き開運のエネルギーをもらう)は、4月13日の朝とのこと。

平日なので・・・と迷う暇なく、お休みを頂戴して吉方位へGo!することにしました。

|

« 水星逆行とCross-point | トップページ | Just The RIGHT Shoe♪ »

コメント

お世話になります。

TB感謝です!

硯に墨、懐かしいです。
一時期、写経にこっていた時期は、やっておりましたが。

やっぱり、心が落ち着きますよね。

今後もよろしくお願いします。

投稿: 「感動創造」 | 2006年3月10日 (金) 07時52分

感動創造さん、こちらこそTBありがとうございました!
中学高校が浄土真宗系の学校だったのですが、何か問題を起こすと始末書(?)が何と写経だったんですよ。。お蔭様で体験せずにすみましたが・・
今後ともよろしくお願いします♪

投稿: Fiona | 2006年3月11日 (土) 07時58分

この記事へのコメントは終了しました。

« 水星逆行とCross-point | トップページ | Just The RIGHT Shoe♪ »