« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

夜桜速報☆千鳥が淵

雪・月・花

この3つが揃うことがあるやも・・・・と思わせる極寒の千鳥が淵。

行ってまいりました。夜桜見物。Yozakura

皇居のお濠にしなだれかかる桜の大木を愛でながら遊歩道を歩く。

昼間の明るい桜はファミリーに任せて、大人の女は夜桜にものの哀れを感じるの!と威勢はよかったが・・・

あまりにも寒くって、頭の中に熱いお風呂を沸かしてしまった。

31日は西から寒さが緩むとの予報だけど、今夜、夜桜を観に行く方は念のためマフラーorショールと手袋をお忘れなく!

千鳥が淵のライトアップは22時マデ。

一昨日は皆既日食&新月だった。これから数日は糸のように細いお月様と夜桜の組み合わせを楽しめるだろう。

もしかしたらなごり雪も!

Yozakura2 九段下のカフェで熱いココアを飲みながら一息( ´ー`)...かじかんだ指先にも血の気が戻ってきた。

坂口安吾の『桜の森の満開の下』をもう一度読み返したくなった。

山賊が美しい女に振り回される・・冷やっとするお話だよ。

| | コメント (2)

2006年3月30日 (木)

幸福の鍵はState of Mind

天国も地獄も胸先三寸・・・

何を持っているとか、どんな仕事をしているとかは、もちろん幸福の重要なFactorだけど、もしかしたら修飾詞でしかないのかもしれない。Wine

「~だから幸せ」というより、心の状態、State of Mindハッピーなのが一番だと思う。

どんな状況も天国に転じることができるように心の状態を整えること。難しいけど・・・ね。

枕を濡らした夜が明けたら、行くべきところがある。やるべき仕事がある。State of Mind を強制的に切り替えさせる義務もときにはありがたい。

占いもいいかもしれないです!

| | コメント (3)

2006年3月26日 (日)

Fionaの由来

占いの仕事を始めようか、趣味のままにしておこうか・・・ 悩んだときにドーリン・バーチュー博士のエンジェルオラクルカードを1枚引いてみた。Fiona02

現れたのはFionaという名の天使。

「今あなたは天使に助けを求めたでしょ。心を開いて天の導きと援助を受け取ってください。あなたはそれに値する人ですから。」

何だか思いっきり YES~!! って言われてる気がして、プロとして占いの仕事を始めることに。これも何かのご縁と初めての名刺にFiona と印字した。

Fionaはケルト由来の名前らしい。

Fionaの海』というアイルランドの妖精伝説を下敷きにした映画もあるので、今度観てみたい。

このエンジェルカードは44枚あり、それぞれ、きれいな天使の絵とメッセージが書かれている。

前向きであったかい気持ちになる言葉ばかりなので、鑑定の冒頭、お客様の緊張をほぐすために引いていただいている。

3枚並べてその方の今を読む。偶然こそ真を体感する瞬間。

動物に関する天使のカードが出てきたとき、お客様に「何かペットを飼っていますか?」とお聞きしたところ、「いいえ」というお返事。

いぶかりながら鑑定を続けると、その方はペットグッズに関係したお仕事に携わっていらっしゃることが判明した。

今、1枚自分で引いてみたのだが、Oceanaという天使が現れた。

行動しなさい。あなたは今、居るべきときに居るべき場所にいます。

このカードを購入したとき最初に引き当てたカードだった。

| | コメント (5)

2006年3月24日 (金)

映画☆かもめ食堂☆

銀座シネスイッチで『かもめ食堂』を観た。Ryokan

フィンランドの首都ヘルシンキの食堂がこの映画の舞台。食堂のオーナーは小林聡美さん演じる日本女性だ。

デパ地下で買ったおにぎりを映画が始まる前に頬張ったはずなのに・・・

この映画を観たら、

網で焼いたアツアツのシャケが入ったおにぎりが食べたくてたまらなくなった!
あと、入れるときに呪文を唱えるとおいしくなるコーヒーも。
人においしく飲んでもらいたいというハートが大事なんだって。

もたいまさこさんが一言発っするごとに、ドっと笑いが起きた。
『やっぱり猫が好き』フリークの方はニヤリとする場面も。

白木のテーブルにiittalaの縞々(ORIGOシリーズ)のカップやシュガーボウルが映えていた。 北欧雑貨フリークも楽しめる映画だ。

幸せはひとそれぞれ。

自分のペースで見つけていけばいいんじゃないかな?
そんなことを改めて感じた。

Photo_2

P.S. 上演40分前に行ったのにもう長蛇の列で立ち見宣告を受けた。
お茶して時間つぶして次の回を見る羽目に・・・
整理券を配ってないから週末は1時間前には行った方がよいかも。
4月1日から恵比寿ガーデンシネマで上映するらしい。
初日の最終回に出演者舞台挨拶。も一回行こうかな~

| | コメント (7) | トラックバック (14)

2006年3月22日 (水)

We Are THE Champions!

王Japan おめでとう!

9回裏、キューバの攻撃が始まったときから、Queen の "We Are The Champions" (作詞作曲 F. Mercury) をガンガンにかけてコブシを振り上げながら歌っていた。

Colosseo

この高揚感!1999年、ダイエーホークス日本一の瞬間を思い出す。

ダイエーが勝つと福岡ドームではこの曲がかかり、花火が上がった。ソフトバンクになってから、このセレモニーやってるのかな?

日本初の開閉式ドームの屋根がしずしずと開き、合間から覗く星空を眺めるのが好きだった。

この歌のサビの部分の:

♪We'll keep on FIHGHTING till the end.♪

「ふぁあイティング」と裏声(もともと裏声か??)に返るフレディの声が切なくて好き!

サビに入る直前の静やかな導入部も改めてしみじみ聞いた:

♪I've had my share of sand kicked in my face but I've come through!♪

(顔に砂をかけられるようなツライ屈辱を乗り越えて、ついにやり遂げたよ!)

王さん、ダイエーホークスが弱かった頃、負け試合の後、ファンに生卵をぶつけられたこともあった。

868ホームランを打った世界一に王さんに生卵とは!

福岡に移り住まれた後は、最愛の奥様の死などお辛いこともあったと聞く。

1999年秋、日本シリーズの優勝パレード。

背伸びして垣間見た王さんの顔は澄んでいた。

太陽のように光り輝くだけのスターではない、月の光の穏やかさ、影を知る世界の王さん。

魔術師の杖を一振り、采配で選手にMagicをかけられるのは彼だけだろう。

You Are My Dear Champion, Mr. No.1 !!

| | コメント (8)

2006年3月18日 (土)

春の雨に整理整頓

一雨ごとに春になっていますね。

今日、鑑定の帰りに川沿いを歩いていたら、白い木蓮と黄色いミモザが花盛り☆Tau_2

本来ならもう少し早く咲くはずだったんですが、3月に入ってちょっと寒い日が続いたから慌てて咲いてるんでしょう。

桜の蕾もここ数日で急に膨らみ、今月22日に開花という予想が急に現実味を増してきました。

徐々に春めいていくステップを楽しみたかったのですが、今年はバタバタと春の渦に巻き込まれそうです。

私は重い冬コートを脱ぎ捨てる季節が来ると、物に囲まれているのが急にイヤになり、持ってるものを全部処分したい衝動に駆られます。

托鉢修道士アッシジの聖フランチェスコの、清貧の生活にも憧れますが、 煩悩の塊の私にはとても無理。。

ならば、不要なものを処分して、整理整頓とお掃除!しかありません。

部屋の中の様子はあなたの頭の中や心の様子を反映します。

私の場合、赤面するほど部屋と心はリンクしてます。

停滞してるな~というときは部屋もぐちゃぐちゃ。

ハっと気づいて、掃除すると、部屋の気の流れが良くなり、心の重圧感が除去されていきます。

すると不思議なもので、仕事が決まったり、新しい出会いがあったり、好循環が起きるんです。

『ガラクタ捨てれば自分が見える』の著者、カレン・キングストンによると、もう不要なもの、気に入ってないものを部屋に置いていると、それを目にするたびにエネルギーが下がっていくそう。

家の玄関の位置によってどの方角を綺麗にすると人生のどの分野が向上するとかあるんですが、まずは一番目に付くところから手を付けたらいいんじゃないでしょうか。

不要なものはただ捨てるんじゃなく、「今までありがとう」って感謝して、必要な人にあげたり、リサイクルショップに持って行くなりすると、Ecoですよね♪

| | コメント (4)

2006年3月15日 (水)

命短し恋せよ乙女★「生きる」

命短し 恋せよ乙女  赤きくちびるあせぬ間に  赤き血潮の冷えぬ間に

~「ゴンドラの唄」吉井勇作詩 中山晋平作曲

Ume1 大正時代に女優の松井須磨子が歌って大ヒットしたというこの曲を聴きたくて、黒澤明監督の『生きる』を観た。

高校時代に一度観たことがあるのだが、死期を悟った主人公が、雪の降る公園でブランコを漕ぎながらこの歌を歌うシーンが非常に印象に残っていた。

以来十数年、カメラのシャッターを押したみたいにそのシーンが私の心の引き出しに収まっていた。

曲がり角に来る度、眺めてみる一枚の写真のように・・・

宇宙の誕生から今までをメジャーで図ったら、人の一生ってナノメートル単位になるんじゃないかな? 

そう考えると人生って短い!

『生きる』の中に出てくる主人公は、市役所の市民課長。

(演じるのは黒澤作品の常連の名優、志村喬。『七人の侍』や『羅生門』にも出演しているが、目がクリっとした可愛いオジさんです。)

若い頃の血潮は役所の官僚主義とセクショナリズムにスポイルされ、今は「時間を潰しながら」眠っているように生きている。

市民が陳情に来ても、「あれは土木課」、「これは公園課へ」とハンコを押すだけ。

そんな男が胃癌になり(当時は癌=死だった)、ヤケクソになって夜の街をさまよう。

男手一つで育てた息子も嫁の言いなりで頼りにならない。

Someinotsuki_3 七転八倒する中で若い女性に、「何故君はそんなに生命力たっぷりにイキイキしてるのかね」とすがりつくように問いかけると、

「あら、私はただ食べて働いて。それだけよ。」「でも工場で子供のオモチャを作ってるときに生きがいを感じるわね」

それを聞いて、Bingo! と悟った彼は、長年保留になっていた公園建設計画を実行しようと奔走する。

死を目前にして冬眠から覚めたかのように。

ぞっとするような官僚主義の壁にぶちあたりながらも、愚鈍なまでの粘りでやっと公園は完成する。

そして雪の舞う夜、公園でブランコを漕ぎながら、永遠に目を閉じる。

「命短し 恋せよ乙女・・・」

ささやかだけど、生きた証を手にした彼は微笑みを浮かべていた。

「生きる」って、時間をやり過ごすんじゃなくって、「Do」なのね。

自らDoしてCreate するからこそ人は生きる。

自分の中の空漠感を何で埋めるか、という話になったとき、私の友人は一言。

「行動じゃない?」

全くもって同感です。

P.S. 蛇足だけど、主人公の葬式のシーンがかなり面白い。

公園のシーンで終われば、ただの美しい話だけど、世界のクロサワはそこでは終わらせない。

役所の仲間たちが、「なぜあの人はあんなに人が変わったように前向きになったか」について口々に語り合う。

揃いも揃って、長いものには巻かれろの日和見主義、ご都合主義、権威主義。

「個人の功績なんてものは役所では存在しない」、「役所っていうのは何もしないことが仕事」と胸を張る面々。

お役所って未来永劫変わらないのかしら?とむなしくもなるけど、パンドラの箱の底に残ったヒトカケラの「希望」を信じたくなるラストシーンは爽快!

| | コメント (0)

2006年3月12日 (日)

Just The RIGHT Shoe♪

右足から靴を履くと、ラッキーな一日になる゚・*:.。. .。.:*・゜

Right and RIGHT. 「右足」と「ちょうどぴったり!」を掛けた、Just The Right Shoe をデパートで見つけて衝動買い☆

商品券があったので、太っ腹な私♪Casinoshoes

Just The Right Shoeは、アメリカのRaineさんという女性彫刻家による右足だけの靴のミニチュアコレクション。

彼女の彫刻は、ウェスティンホテル東京ホテルイースト21 にも飾られている。

本物の靴の10分の1くらいの手頃な値段(履けないから当たり前か)、毎年2回新作が発表されその同数が生産中止になるというコレクター意欲をソソる戦略から、熱烈なファンが多いらしい。

私の隣でお買い物していたおば様は、10足くらいをキャッシュでお買い求め!

うーんお見事、Mrs.イメルダ!

女性の社会進出の歴史がわかる20th Century コレクションやClassic コレクション (マリーアントワネットの室内履きなども)、オリジナルコレクションでは最近流行のサンダルやブーツもショーケースに並んでいる。

一点一点名前と由来があり、目移りして決められないほど。

火星が双子座に入ったせいか、最近赤が好きになった私は "Casino" と名づけられた赤い靴を購入。「この靴を履けば、どんなカジノも制覇できる」ですって。ダイスを振った瞬間が透明なヒールに氷結していて、見ているとワクワクソワソワじっとしてられない!

丁か半か!やるときゃやるのさ、文句ある?? 的な潔い女博打師が目に浮かぶ。

Newclock1_2同時に購入したのが、旅行用の赤い目覚まし時計

長年使ってた目覚まし時計が壊れちゃったので・・・

コロコロ転がせば革の容器に収納して、即、旅に出ることができる。

新しい靴新しい時計、両方とも新しい運気と行動力が欲しいときにはお勧めのアイテム。

新しい靴は大地の気を足に充填してくれ、新しい時計は新しい時を刻み、チャンスをもたらしてくれる。

は方位的には朝日の昇る東を現し、占星術では火星とも関係がある。

活力が欲しい人はポイント的に赤い洋服や赤い石(ルビーなど)を身に着けたり、赤い小物を置いたり、赤い毛布にくるまったりしてもGood.

赤は血行を促進してくれるから、冷え性の女性にもいいよね。

今回のお買い物は気が付いてみれば・・・そういう組み合わせになってた。

決して運気アップを狙ったのではないのよ(ノ´∀`*)

| | コメント (9)

2006年3月 9日 (木)

硯に向かいて

硯で墨を摺るなんて何年ぶりだろう・・・・

習い事をご一緒している一宮歌純先生と、そのお仲間の西浦先生のイベントで、墨を摺りました。

一宮先生がSuzuri今年の吉方位とお水取りのやり方をアドバイスしてくださり、 西浦先生が易香を体験させてくださいました。

この墨は易香のお香当て遊びで、答えを書くために摺りました。

ほんの少しの時間でしたが、ざわついた気持ちが鎮まり、心が内側に向かう心地良いひととき。(筆の置き方がいかにも慣れてない人でしょ!?)

太陽と太陰(月)と名づけられたお香を燻らせた香炉が7回

回ってきて(うち最初の1回は香りを覚えるための試香として太陽の香りが回ってきます)、それが太陽か太陰か答えを墨で棒線で書きます。プラスかマイナスかってことですね。

微細な香りをかぎ分けるのは至難の業。それでもなんとか6回中5回正解しました。

ご同席の中には全問正解の方も!これは「叶」と呼ぶそうです。

その後、棒線の組み合わせで易の卦を読んでいただき、今のエネルギーがどうなっているかを解説していただきました。

私は「お釜の中にふつふつとお米が炊けている状態」「急がずにあせらずに事を進めていれば成功する」とアドバイスを受けました。実生活や占星術ともシンクロしていてびっくりでした。

太陽は沈香、太陰は伽羅の香木だったそうです。どちらももう地球上にはあまりないという貴重な香木です。

一宮先生によると、今年のお水取り(吉方位に行き開運のエネルギーをもらう)は、4月13日の朝とのこと。

平日なので・・・と迷う暇なく、お休みを頂戴して吉方位へGo!することにしました。

| | コメント (2)

2006年3月 5日 (日)

水星逆行とCross-point

3月3日から25日まで魚座にて水星が逆行しています。

Rose水星が逆行している間は水星が司るコミュニケーション、交通、商取引などに遅れが生じたり、一度やったことをやり直す必要が生じたりすると言われています。

この間に重要な契約を行う方は、細部まで漏れがないかじっくり見直しすることをお勧めします。また、電子機器を購入する方は、この期間は避けた方が良いかもしれません。故障のため返品という事態になりやすいと言われています。

各個人がそれぞれの思い込みでついうっかり!ということが生じやすくなるので、連絡の行き違いが多発するかもしれません。言ったつもりなのに相手に伝わってなかった、メールを送ったつもりだったのに送信できてなかったなどなど。

そういうときは空を見上げて、こういうこともあるよねと相手を快く許してあげましょう。

逆行ということで、過去のことを思い出すことも増えてくるかもしれません。昔のアルバムを整理したり、なんとなく疎遠になったあの人に春の花の写真を添えてメールを送ったりするにはベストなタイミングです。

そう、矢のように直線的に流れている時間が一瞬 Cross-Pointに迷い込んだかのような気分を味わう人も多いかもしれません。 昔の知り合いに交差点でバッタリ再会したり・・・

たとえ今まで縁があった人と会わなくなったとしても、いつかまたお互いの道がCrossすることもあるんだなぁと実感できるでしょう。

水星が支配している双子座、乙女座、さらに今水星が位置している魚座の方は、身の回りの出来事が失速しているように感じたり、いつものようにキビキビ行動できない自分にうんざりすることも多いかもしれません。

特に双子座の方は、2月19日から4月14日まではエネルギーと闘争の星、火星が双子座にいるため、やらなきゃならないことは山積している!もどかしいですね。

そういう双子座の私も、昨日、ガスの火を消し忘れたような気がして、仕事場に着いたとたんに一路逆戻り!皆さんも、指差し確認、忘れないようにね。

| | コメント (4)

2006年3月 2日 (木)

三寒四温に桜おはぎ

弥生の月になりました。

三寒四温どころか、五寒二温って言いたくなるほど寒い!

食だけでも春の声が聞きたくなり、麹町にある甘味屋おかめ で桜おはぎをいただきました。Sakuraohagi

薄ピンク色のご飯に、桜の花の塩漬けが1つ。

口の中に桜の香りがほのかに広がります。

桜の葉の塩漬けも一緒にガリガリっと。(これが通の食べ方?)

おかめは甘味のほか、おにぎりやお雑煮が美味。ときどきお昼を食べに来ますが、食後についつい、別腹と称しておはぎを注文してしまいます。

甘さ控えめのおはぎはサッカーの三浦カズさんも大好きでよく食べに来てたって。

カズさんは『おはぎ』っていうエッセイも書いてましたね。

サッカー選手とおはぎって意外な組み合わせ!

| | コメント (2)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »