« 五感と孤独感 | トップページ | 節分に鬼を食べる »

2006年2月 1日 (水)

オーラのある人~Tea for ONE

「オーラのある人」って、どんな人?Teafor1

少しばかり前によく使われていた表現だけど、今一つ定義がはっきりしない。平たく言えば、雰囲気のある人なんだろうけど、これぞという人にはなかなかお目にかからなかった。

今日会社の帰りに途中下車して表参道駅のEchika に立ち寄った。 まるで市場のような Marche de Metro で一人でお茶していると・・・いた!! 向かいのテーブルにオーラのある人!

50才くらいのふっつーのおじ様なんです。でもねぇ、ピーンとユニコーンの角みたいなアンテナを立てて、ビシバシ存在感を拡散していた。別に好みのタイプというわけじゃないのに、ついついその人の方を見ちゃうの。

2対2でお仕事の打ち合わせ中。テーブルに図面らしきものが広げてあったから、設計事務所とクライアントとの商談かなぁ。そのおじ様は設計士さんか、現場を良く知る営業さんのような雰囲気。

コートも脱がず、襟巻き(マフラーではない)をコートの中に巻き込み、中腰にならんばかりに商談に熱中している。時折ペンを忙しく走らせ、時には目を宙に泳がせ、理想の仕事のビジョンを何とか形にしようとしているように見えた。そう、仕事に対する誠意と熱意が内側から溢れている。その流れが私の席まで染み出してきて、ユルリと私の周り囲んだ。この年代の男性に言う言葉として適切ではない気もするけど、「美しさ」を感じました。

「一生懸命頑張ります」 口で言うのはたやすい。上っ面をかするような合格ラインの仕事はできるだろう。

有言実行で全身全霊をかけて取り組めば、あなたの中の創造のエネルギーの扉が開き、ユニコーンの角からオーラを周囲に拡散できる? かも。

Maron_1 おじ様のオーラを心地よく感じながら帰宅。Marche de Metro  内のパン屋さん、Jean François で渋皮栗のマロングラッセとチョコレートのパンをお持ち帰りしました。Tea for 1 (上の写真) のカップにお茶をなみなみと注ぎ、ホコホコした栗と苦味のあるチョコとの組み合わせにウットリ。このティーセットはポットの下にマグカップが重ねられるの。独りの時間を大切にしたい方にお勧めです。

|

« 五感と孤独感 | トップページ | 節分に鬼を食べる »

コメント

Fionaさん、また素敵なお店に行ったのですね~
私もユニコーンの角からオーラを出したいけど・・自分のブログも書かないでつい、こちらに遊びに来てしまう人間にはオーラが出ないな~(笑)

投稿: jun | 2006年2月 2日 (木) 03時16分


素敵なオーラをキャッチできたFionaさん
良かったですね。。

ひとり贅沢を味わえるのは「イイ女」の条件
ですよね・・・う~ん美味しそう。。。
五感と孤独感度がダブルアップされたのでは

シーンと静まり返ったひとり時間って
耳を澄ますとメロディが、目を閉じると綺麗な
光景が・・・過去のものか未知のものか???
ファンタジーに浸れる貴重な空間かも・・・

投稿: Akiko | 2006年2月 2日 (木) 18時31分

junさん、ご自分のブログも頑張ってください!大丈夫、オーラ出てますよ。

Akikoさん、いい音楽はイイ女を育てるんでしょうね!Akikoさんを目標に頑張ります☆

投稿: Fiona | 2006年2月 3日 (金) 00時07分

エネルギーがチャージできて、自宅でほっこりリラックス。素敵な一日だったね。
Fionaさんの優雅で素敵な雑貨の写真、いつも楽しみにしてるの。

オーラのある男性を、私は一人知っているわ。波乗りさんです。
Fionaさんが言うように、「何かに対する情熱が溢れている人」だよね。そして、「モノゴトはやるかやらないか、どっちかしない!」っていう気合に溢れてて、それがオーラに繋がるんだろうなぁ・・。

投稿: ゆきぱく | 2006年2月 3日 (金) 13時19分

ゆきぱくちゃん
やるかやらないか!かぁ。美しい!波乗りさんは、乗るか見送るか瞬時の判断が必要なんだろうね~

投稿: Fiona | 2006年2月 3日 (金) 23時04分

この記事へのコメントは終了しました。

« 五感と孤独感 | トップページ | 節分に鬼を食べる »