« Amazing Song! | トップページ | As Above, So Below »

2006年2月 8日 (水)

キイトスカフェにて本に埋もれる

お日様が背中をポカポカ押してくれる、そんな日のサボタージュに・・・Kiitos2_1

ゆきぱくちゃん のオススメ、神楽坂のキイトスカフェ に行ってまいりました。

牛込神楽坂駅からほど近い坂の途中のビル2F。窓が大きくて日差しがたくさん入りそうだから、ずる休みしたときはここに来ようとほくそ笑む。

店内にはギャラリーのように本がディスプレイされ、本棚に書籍やDVDがぎっしり。ストーブの青い炎が昼間の緊張を緩めてくれる。

そう、ここはおいしい珈琲とおいしいお食事が楽しめる、今時珍しい貸本カフェ♪

Kiitos1_2 会員登録すれば無料で本やDVD、CDをお借りして持って帰れる (本は10日間、その他のメディアは1週間)。

古本屋さんカフェとか半蔵門のライブラリーカフェArgo などは行ったことあったけど、店内閲覧のみ。気に入った本はおうちでゆっくり読み返したいという方はキイトスカフェへ。

私の会員番号は704番。「借りっぱなしで返さない人いるんじゃないですか?」と伺うと、今までたった1人だけだって。1/704 ! 世知辛い世の中でこれは奇跡的なパーセンテージかもしれない。店主さんの「文化は公共財」と捉えるオープンマインドがお客さんにも伝わり、信頼を信用でお返ししたくなるからだろう。店名の由来はフィンランド語で「ありがとう」を意味するKiitosだって。

店主オススメトップ10のDVDに、バーブラ・ストライサンドとロバートレットフォードの追憶 (1973年アメリカ) があり、ちょっとうれしくなった。「そんな古い映画知ってる人少ないよ」と驚かれたが、学生時代ニューヨークに滞在したときの思い出が詰まっている。手塚治虫の『ブッダ』や『ブラックジャック』など昔はまったなつかしい漫画も発見。

一緒に行ったRieちゃんは、村上春樹の大ファン。最近路線が変わりつつあるという彼の新作、『東京奇譚集』(新潮社) を手に取っていた。

さりげなく同じカテゴリーの本が一箇所にまとめられているのもありがたい。私が座ったテーブルの下には、版画家の山本容子さんの本が数冊積み上げられていた。

幼い頃住んでいた街に貸本バス!が巡回して来て、ワクワク・ドキドキをくれた。次は何を借りよう? 絵本? 冒険小説?伝記?それとも漫画?紙とインクの海に溺れる快感はあのとき覚えたのか。

そういえばあの貸し本バスの運転手さんはキイトスの店主さんに面影が似ていたような・・・

ぴりりと辛いドライカレー、お粥などの軽食は食後のお飲み物がついて900円。手作りの暖かさと本格的な味でおいしかった。Kiitos3

商談、勉強会、小集会、音楽会 etc. 文化スペースとしても開放されている。出版社の多い場所柄か、隣のテーブルでは編集ウーマンさんたちが打ち合わせしていた。

今日は一目ぼれしたこの本をお借りした↓ 帯には、「ラブレターは死んでも書くな」だって!そこで冷や汗(;・∀・)かいてるのはだ~れ?

|

« Amazing Song! | トップページ | As Above, So Below »

コメント

ヴォイストレーニングで次は「Amazing Grace」ですか?いい曲ですよね~と言うか心にしみる曲です!是非聴かせて下さいね。
キイトスカフェ。素敵な空間ですね。一度行ってみたいです。ストーブも最高に雰囲気出てるし。

投稿: jun | 2006年2月 8日 (水) 15時13分

キイトスカフェは、お膝に猫を抱いて本を読みたくなるところです。
一度行ってみてください。猫も人間もほっこりできますよ。

投稿: Fiona | 2006年2月 8日 (水) 23時36分

へ~ステキなお店だね!
何だか今の私には遠い憧れのような場所にも思えるけど・・。

投稿: Yuki | 2006年2月 9日 (木) 21時39分

Yukiちゃん、このカフェは朝の10時からやってるので、午前休できるときに行ってみなよ!ここでくつろいだら結局全休したりしてね。でもたまにはいいんじゃない?

投稿: Fiona | 2006年2月 9日 (木) 23時59分

先週、私も山本容子さんの画集があるテーブルに座ったよ。東京の風景画集では、ふわ~り時に高く、時に人々の間をすり抜けるような、風に漂う”何か”になった気持ちになったよ。キートスでは、窓側の丸テーブルがやっぱり落ち着くよね。そうそう、全休したくなるくらい居心地いい♪

本の感想、教えてね

今度、麹町のブックカフェ(たぶん)A/Z Cafeにも行ってみようよ。ナチュラルアートの割と近くです。

投稿: ゆきぱく | 2006年2月10日 (金) 12時21分

山本容子さんの東京の風景画集、私も見たよ。ちょっと上から見下ろすようなアングルで描かれているから、私も宙に浮いているような感じがしたよ。
キイトスの店主さんによると、上の1枚目の写真に載っているお店中央の長机が一番思い入れがあるそう。詳しくはキイトスさんのブログを見てね。
http://kiitosryo.blog46.fc2.com/blog-entry-17.html
A/Zカフェhttp://www.npv.co.jp/は前を通ったことある。本を読みながらお茶してる人が見えたんだけどブックカフェだったのね。

『詩人からの伝言』はもう亡くなった詩人さんが書いたエッセイ。詩のリズムを感じる文章は、知り合いのおじさんが耳元で語りかけてくるような臨場感がある。内容も胸に来るものあり、笑いありであっという間に読み終わっちゃった。

投稿: Fiona | 2006年2月11日 (土) 06時35分

この記事へのコメントは終了しました。

« Amazing Song! | トップページ | As Above, So Below »