« 2.14 愛のスコールが降るでしょう | トップページ | 蜜柑の花咲く丘-ネロリの香り »

2006年2月16日 (木)

甘露は塩で引き立つ

Cbs

母が小豆を煮るとき、味付けの締めくくりはひとつまみのお塩

たくさん汗をかいた夏の夕方、父は指の腹で塩をまぶして西瓜を食べる。

それもこれも甘さを引き立てるため。甘露をもっと甘露たらしめるのは塩の役目だ。

陰陽五行説では、陰陽二つの性、木火土金水という五行から万物が成り立っていると考える。味覚も酸味(木)、苦味(火)、甘味(土)、辛味(金)、塩味(水)の五味に分類される。

1月31日付けの苺の記事にも書いたけど、新鮮な果物や野菜をよく味わってみると、五味がオーケストラのように踊っていることがある。

甘いなら甘いだけ。塩辛いなら塩辛いだけ、という料理は平板で味気ない。

美味しいなぁと感動した一皿のお料理を味覚の拡大鏡で見てみると、五味が相生し、相克する様子が伺えるはず。

ちなみに塩味(水)と甘味(土)の組み合わせは、甘味が塩味を抑える相克の関係。ちょうど土が水を堰きとめるシーンが目に浮かぶ。

フランスの北海沿岸の地方、ブルターニュの特産品に、フルール・ド・セル(天然の海塩)の入ったバターがある。その有塩バターを使ったキャラメル(C.B.S) (上の写真)を考案したのがブルターニュのショコラティエ、アンリ・ルルー氏。

甘さの中に海水の塩味、苦味、エグみを含んだ味わい。これは子供にはわかるまいという複雑なおいしさ!

最近いろんなところで、塩+キャラメルを使ったお菓子が出てるけど、源流を辿るとルルーさんに行き着く。キャラメルアイスに塩がかかっていたり、伊勢丹新宿店や表参道ヒルズにお店があるジャン・ポール・エヴァンでは塩味キャラメル風味板チョコも人気。モリナガの小枝にも塩バターキャラメル味があるね。

残念ながらアンリ・ルルーさんの塩バターキャラメルは毎年1月末に伊勢丹(新宿店ほか)で開催されるチョコレートの祭典、サロン・ド・ショコラでしか今のところ買えない(?)みたい。

でも、今やブルターニュから飛び出した感のある塩バターキャラメルだから、そこここで見つけることができるはず。

Caramelcafe2_1同じくブルターニュ名物、蕎麦粉のクレープのお店、カフェ クレープリー ル ブルターニュ で販売している塩バターキャラメルはブルターニュ風のパッケージもかわいいのでお勧め!

こちらのお店には塩バターキャラメルのクレープ、塩バターキャラメルリキュール入りのコーヒー(左写真)も。

ミーハーで、食いしん坊で、恐縮です (´ヘ`;)

|

« 2.14 愛のスコールが降るでしょう | トップページ | 蜜柑の花咲く丘-ネロリの香り »

コメント

キャラメルですか~。キャラメルといえば、やっぱり「ジンギスカンキャラメル」ですね(笑)

北海道ならではの味!?

僕は、怖くて挑戦したことはないですけどね・・・・

一度ご賞味あれ!

投稿: 伸一 | 2006年2月16日 (木) 21時30分

マクロビの本にも必ず出てくるよね、陰陽五行・・まだよくわからないんだけど、、勉強しなきゃぁ。塩は確か一番陽性なんだよね。だから陰性の甘いものとあわせるのかしら。。

投稿: Yuki | 2006年2月16日 (木) 21時58分

伸一さん、また遊びに来てくれてありがとう!な、何ですか?ジンギスカン味キャラメル??お肉の出汁が効いたキャラメルでしょうか?札幌出身の友人にも聞いてみます。

Yukiちゃん、私もマクロビオテック興味はあるんだけど、なかなか自分の食生活を厳しく律することはできないので・・・・
塩味が陽性で、甘味が陰性かぁ。甘いもの好きの私は陰に傾いているってことね。

投稿: Fiona | 2006年2月16日 (木) 22時16分

味覚の五行って、人物の五行の相性とも一致するのかなぁ。甘い(土星)の人には塩味(水星)の人とか。だとるすと・・個人的好みというより、何か壮大な運命のルールみたいなのを感じるぅ。。

塩バターキャラメルって、どんな味だろ?クレープ食べたかったんだけど、想像できなくってビビって諦めちゃいました。

マクロビ入門の本として、月森紀子さんが書いた「野菜と玄米」というのがおススメです。手軽にできるお惣菜が載ってますよ!

投稿: ゆきぱく | 2006年2月17日 (金) 12時34分

ゆきぱくちゃん、本の紹介Thank you!
『野菜と玄米―肉、魚、卵なしで、体の中からきれいになる』か・・・・野菜も好きだけど、肉、魚、卵、食べないで我慢できるかなぁ。玄米だけでも取り入れてみたいけど、一緒にご飯食べる人が銀シャリ大好きだとそうもいかず・・・
陰陽五行は東洋系の占いのベースになっているので、人の相性にも関係しているよ。
木は火を生ず (相生=相性がいい)
水は火に勝つ (相剋=どちらか一方が奪う関係)など。
また、水の要素を全く持っていない人が、水の要素をたくさん持っている人と一緒にいると落ち着くとか。
人間も宇宙の一員いうことやね~

投稿: Fiona | 2006年2月18日 (土) 19時32分

この記事へのコメントは終了しました。

« 2.14 愛のスコールが降るでしょう | トップページ | 蜜柑の花咲く丘-ネロリの香り »