« As Above, So Below | トップページ | 2.14 愛のスコールが降るでしょう »

2006年2月12日 (日)

ミーハー懺悔☆表参道ヒルズOpen

昨日オープンした表参道ヒルズに行ってまいりました。

Omotehills8_1こういう商業スポットのオープン初日に行ったことってできれば隠しておきたい。。

「混んでる初日に行くなんてご苦労様だねぇ」とか、「オープン前の内覧会に行くのが通よ 」とかいろいろ言われるんじゃないかなって。(実は木曜日の夜に前を通ったんだけど内覧会のチケットを持ってなかったので、指をくわえて外から見るだけで我慢した)

でも全然気にしないの!だって私ミーハーだから! 盆踊りの太鼓が鳴ったら我慢できずに通りに飛び出す子供だったし。

中学生の頃、外タレの追っかけの真似事をした頃に養った瞬発力が、有名人遭遇の緊急時に役立つ (ササっとさりげなく握手してもらったり、お話ができる)。

昨日表参道ヒルズに着いたときはもう19時半くらいだったから昼間の喧騒は収まっていたようだけど、それでもご同類がウジャラウジャラ。

地上3階、地下3階、真ん中が吹き抜けになっている。できればエレベーターでまず3階に上がり、上から見ていくことをおススメする。周りの通路が緩やかな勾配のあるスパイラルスロープになっているんだけど、これは表参道の道にもともとあった傾斜を再現したものだって。

スロープをゆるゆると降りて行くと、神社の出店を見ながらそぞろ歩きしている気分になる。

六本木ヒルズよりも、あ、ここゆっくり見たい!っていうお店がずらり。デパートでおなじみのブランドは意外と少なく、セレクトショップとか、ほかにあまり見ないお店や有名ブランドであっても新しい展開をしているお店とか。

気になったのは、Paris のビジューを扱っているSATELLITE。天然石をいっぱい使ったアクセサリーに目を奪われる。

Omotehills1_2 路面店の martinique Le Conte  (左の写真) はメルローズがやっているセレクトショップで、 仏領のマルティニーク島をイメージしたお洋服がたくさん。ギャザーがたくさん入った白いシャツはシルクと綿のうすーい素材で、暑い日差しの下パラソルさした優雅な女性が思い浮かぶ。「マルティニークの少年っていう映画を昔観たなぁ。

食べもの系では、ダイヤモンド取引の街、ベルギー・アントワープからやってきた DEL REY Cafe & Chocolatier

こちらのカフェではフルーツを目の前でフランベしたソースを使ったデザートが楽しめる(らしい)。ヴァレンタインチョコをちょっとだけ購入して早速吟味。真っ赤なハートの中に本物のパッションフルーツジュレが入っていて美味。最近のヴァレンタインはすっかり女性が新種のチョコを楽しむシーズンになってるね。

寒いときこそアイス!食べたいという方は、GELATERIA BAR naturalBeat へ。整理券を配るくらい混んでたので今回は泣く泣く・゚・(ノ∀`)・゚・。あきらめたけど、次回はスイートヨーグルト(アイス)苺のバルサミコマリネと共に にトライしようと決意。チラシを配ってたオーナーさんらしき品の良い男性が、店内混んでるのに余裕の笑顔を振りまいていたのも好印象。

Trattoria & Pizzeria ZAZZA (ナポリ料理)ではオーナーのサルヴァトーレ クォモさんがインタビューを受けていた。広尾のお店には昔行ったことある。彼は若いのにここまでお店を広げてすごいよね。ナポリの男性はイタリアの中でも特に開放的で魅力的。旅行中に私に声かけてくれたのはナポリから来たっていう人が多かったな。

Omotehills5_1 ここにあの同潤会アパートが建っていたのかぁと感慨深い。古ぼけたアパートとケヤキの木陰の組み合わせが好きで、昔よくこの前をお散歩していた。

建て壊された後はこの前を通るとなんとなく空白感があったけど、アパートの外壁の一部を再現した建物(右写真)もあり、なつかしい気持ちになる。

貪欲な消費エネルギーを発揮したあとはこの建物の前に佇んでみてね!

|

« As Above, So Below | トップページ | 2.14 愛のスコールが降るでしょう »

コメント

行ったんだ!いいな~
気になってるんだけど、いつ行けるかなぁ・・。

私もヴィーナスフォートはオープンしてすぐに行ったよ。すごい人だったけど。

ミーハーに見えないのにね、そのギャップがいいかも。。

投稿: Yuki | 2006年2月12日 (日) 15時50分

Fiona さんトラバありがとうございます!

HPで入っているMen'sのアパレル系テナントをチェックしたんですけど、確かに大手のデパートに入ってる日本ブランドはあまり見かけませんでしたね。ABA House系列のお店は見ましたが・・・

数十年かたつと、この地が同潤会アパートの跡地だったなんて多くの人は忘れてしまうのでしょうか??

でも、よく考えてみると、同潤会アパートの前にもここには何かの建物が建っていたわけですよね??
私たちが今感じている「思い出」や「哀愁」といった感情、当時の人たちもこれと全く同じものを同潤会アパート建設時には感じていたはずです。

そう思うと「破壊」と「建設」は人間の営みの上で切っても切り離せない行為なんだと感じちゃいます。

この夏に日本に帰ったら、表参道ヒルズに行ってみようかな??

では、これからもよろしくです

投稿: 伸一 | 2006年2月12日 (日) 16時53分

Fionaさん、さっそく行くとは凄い!さすが・・・流行りものには目がないですね~褒めているんですよ。
昔、私が所属していた事務所があの同潤会アパートにありました。なので、とっても懐かしい感じがします。

投稿: jun | 2006年2月12日 (日) 18時31分

yukiちゃん、ヴィーナスフォートは未だに行ったことがない私です。今度連れて行ってね!外見はミーハーに見えないときいてホっとしたよん。

伸一さん、はじめまして! 同じテンプレートを使っていらっしゃったので親近感がわいて、トラバってみました。同じアパートの違う間取りのお部屋をのぞいたような不思議な感覚。
>「破壊」と「建設」は人間の営みの上で切っても切り離せない行為
同感です。占星術だと冥王星にその役割を割り当てています。
アリゾナに競馬留学されてるんですね。暑い中でのお勉強おつかれさまです。ネイティブアメリカンに興味があるので、アリゾナは一度訪れたいと思っています。また遊びに来てくださいね!

junさん、流行ものだけじゃなくてアンティークとかも好きですよ。
同潤会アパートに事務所があったんですか~ あのアパートに住んだり働いていた人には表参道ヒルズのオープンは感慨深いでしょうね。

投稿: Fiona | 2006年2月12日 (日) 19時47分

行ったらオススメに従って、上から順にゆる~り、スロプーを降りながらお店めぐりしてみます。ジェラートバーに興味津々。
近頃私は、きらびやかな世界と無縁なので、都心の華やかな空気を満喫しに行かなきゃ♪

投稿: ゆきぱく | 2006年2月13日 (月) 13時08分

早速オモサン・ヒルズ征服ですね。これを参考に今度行ってみまーす。

投稿: ayasama238 | 2006年2月13日 (月) 21時09分

ゆきぱくちゃん、ジェラートは麗しいメニューがたくさんあったよ。最近お仕事忙しいのかな?あなたの存在自体が十分きらびやかだから゚・*:.。. .。.:*・゜大丈夫!

ayasama、初書き込みありがとう!今回はざっと眺めただけなので、次回からジワリジワリと攻めて行きます。ayasamaもおススメのところがあったら教えてね。

投稿: Fiona | 2006年2月13日 (月) 23時07分

この記事へのコメントは終了しました。

« As Above, So Below | トップページ | 2.14 愛のスコールが降るでしょう »