« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

カチャーシーとタロットのシャッフル

沖縄にカチャーシーっていう踊りがありますよね。

Tops1_2 沖縄の方々が三線の音色に合わせて、手の平をかき回して踊っている、あれです。

私も沖縄音楽のコンサートなどでカチャーシーを見よう見まねでやってみましたが、三線のテンポが上がってくると トランス ZONEに入ってしまうかのような恍惚感があります。

カチャーシーの語源は「かき混ぜる」。Shake it up baby! です。

周りを漂っている良い気=幸せをかき混ぜて引き寄せる、循環させるっていう意味があるみたいです。

沖縄の人のおおらかさを感じますね。

タロットカード占いでは、占うテーマが決まったら、22枚または78枚のカードをかき混ぜて展開していきます。

やり方はいろいろありますが、私の場合は一つの山をサーっと崩した後、時計回りにシャッフルします。

クライアントの方のご質問を思い描きながら、手の平のエネルギーをカードに伝えるようにして。

その後クライアントさんにも同様にシャッフルしていただき、「占いの場」を呼び込みます。

日常の感覚を引きずったままだと、頭でジャッジしてしまいます。

タロットカードはカードの絵柄から兆しをインスピレーションで読み解くものなので、このかき回しの時間を通じて日常の鎧を脱ぎ去り、クライアントさんの幸せを呼び込む導管になるのです。

写真は、チョコレートケーキがお馴染みの赤坂のTops の天井です。

以前はTBS会館の地下にありましたが、現在建て替えのため同じ場所の仮店舗で営業中。

天井が高く、ドームみたいな造りになっています。3年後には建て壊されるのがもったいないほどの素敵な空間です。

大きな照明器具は多分、デンマークのヤコブセンのものだと思います。

| | コメント (4)

2006年2月24日 (金)

言の葉がもたらすパワー

2日間体調を崩して臥せっていました。Kotonoha_1

水分だけで生きていたような次第で、エネルギーも出ず、熟睡もできず、トリノでの氷上の競演も夢うつつでした。

お蔭様ですっかり回復し、ブログに向かっています。

職場の友人や、たまたま私が体調を崩したことを知った友人からお見舞いの電話やメールをいただき、心がほっこり暖かくなりました。

弱っているときは身近な人の励ましが本当に力になります。ありがとうございます。

ヴォイストレーニングのT先生は、「歌の中でブレス(息継ぎ)するとき、次の言葉がすでに生まれていることを感じてほしい」とおっしゃいます。

考えてみると、「ありがとう」「大切なんだ」「素敵だね」「大好きだよ」etc. 言葉を発する前の息つぎの中にさまざまな気持ちや感情が既に生まれています。

言葉はハートで感じたものを相手に伝えるためのもの。

魂の息吹をこめた言葉は、木々からハラハラと落ちる葉のように相手のハートにスッと落ちていきます。

日本には言葉の中に魂が宿っているとする、言霊信仰というものがあります。万葉集にも日本は「言霊の幸ふ国」と歌われ、言葉の力で幸せがもたらされる国とされています。

私は、占い師としてお客様に対するときも言葉の魂を意識しています。

もちろん占術に基づいた鑑定を情報という形でお伝えはしますが、その方の「今」に寄り添い、心からの言葉を発すること。

それが私に与えられた役目だと思うのです。

| | コメント (7)

2006年2月21日 (火)

映画ウォーク・ザ・ラインに見る同士愛

映画、『ウォーク・ザ・ライン』を観てWalktheline

親友であり、同士であり、母であり、恋人であり・・・そういうオールマイティな女性を男性は手放せないのだろうか。

今はコーンウォール公妃の称号を持つ、チャールズ皇太子の奥様、カミラさんもそういう人であるらしい。どう見ても、故ダイアナ妃の初々しさと、お世辞にもお美しいとはいえないカミラさんとを比べると、チャールズ皇太子のご趣味に首を傾げずにはおれなかった。

あの有名な電話盗聴事件でもわかるとおり、チャールズ皇太子はカミラさんにメロメロだったらしい。あるときは乗馬や狩猟などの共通の趣味を楽しめる親友、あるときは恋人、あるときは暖かく迎えてくれるお母さん。

夫にこんな女性の友人がいたら、妻は恐怖におののくだろう。

だって、家庭を経営していかねばならない妻が、夫と同志的な友情を育むのはかなり難しいから。夢を語る前に、目の前の請求書を片付け、子供を食べさせなければならない。

さて、アカデミー主演男優賞&主演女優賞受賞は必至という呼び声が高い、『ウォーク・ザ・ライン- 君に続く道』 でもそんな三角関係が描かれている。

1950年代アメリカ、エルヴィス・プレスリーと同時代に活躍した伝説のロカビリー歌手 ジョニー・キャッシュと、彼を支え続けた女性歌手、ジューン・カーターの愛の軌跡。

ジョニーには売れない時代を支えてくれた糟糠の妻とかわいい娘がいた。一方ジューンは2度の不幸な結婚を経たシングルマザー。

今でいうとW不倫だが、音楽への情熱が二人の絆を深めていく。
でもすんなりハッピーエンドにはならず・・・ 同士女の抑制の効いた愛情表現が切ない。

離れてはクロスする彼らの人生。その後どうなったかは、映画を観てのお楽しみ♪

題名になっている、"Walk the line" は、ドラッグと酒に溺れるジョニーにジューンが叩きつける言葉だ。
「まっすぐ歩きなさいよ!= しゃんとしなさいよ!」という意味だが、この場合、酔っ払って千鳥足で歩かないでよ!というニュアンスも入っていて面白い。

ジョニーを演じるのは、早世したリバー・フェニックスの弟(顔は似てもにつかないが)のホアキン・フェニックス。
ジューン役は、『キューティーブロンド』で、お馬鹿な女子大生が弁護士になるサクセスストーリを好演した、リーズ・ウィザースプーン。

歌は吹き替えなしということだけど、リーズの声は本職のカントリー歌手のように素晴らしい。

劇中、ジョニー・キャッシュには優秀なお兄さんがいる。父親は兄の方を溺愛し、弟のジョニーを疎んじていた。この辺は、ジェームズ・ディーンの『エデンの東』を髣髴させる。

そういえば、ホアキン・フェニックスの兄、リバー・フェニックスの遺作となった、『愛と呼ばれるもの』 は、テネシー州ナッシュビルが舞台で、カントリー歌手の男女の愛を描いている。ホアキンの熱演はリバー兄へのオマージュだろうか。

ラブストーリーが苦手な方も、ライブのシーンは楽しめるはずだ。全編の半分くらいが歌、歌、歌。キャラバン隊のように街から街へ移動していくツァーメンバーには、若かりし頃のエルヴィス・プレスリーの姿も。

刑務所で囚人を前にして歌うシーンは圧巻! 囚人たちが作業靴で踏み鳴らすビートをバックに力強く歌うジョニー。生録で製作したレコードは、当時、ビートルズより売れたそうだ。

映画を観終わった後、誰もいない道を顎を上げて、Walk the Line !そぞろ歩きしながら家路についた。

| | コメント (3)

2006年2月18日 (土)

蜜柑の花咲く丘-ネロリの香り

大脳辺縁系と香りの関係

小さい頃、ゴールデンウィークの青空の下、遊び疲れて一休みしているとどこからともなく、グレープのような苦くて爽やかな香りが漂ってきました。

Nerori_1そのとき吹いていた心地よい薫風、空から差し込む金色の光、その年初めて袖を通した半袖シャツの感触とともに、その香りは私の大脳辺縁系の奥深くに組み込まれていました。

大人になってから香水をつけることを覚え、さまざまな香りの雑踏に放り出されても、あの香りはどこかで記憶していました。

アロマテラピーを勉強したとき、あの香りが蜜柑(オレンジ)の花の香りだったと知りました。

オレンジの学名は Citrus aurantium。果皮、葉、花から精油が取れます。葉から取れたオイルはプチグレン、花から取れたオイルはネロリと呼ばれます。

ネロリは17世紀のイタリア、ネロラ公国公妃、アンナ・マリアが愛用したことで知られます。彼女は手袋にネロリの芳香をくゆらせました。舞踏会で殿方に手を差し伸べた瞬間、ネロリの香りが男性の鼻腔をくすぐったことでしょう。

ネロリには、鎮静、抗うつ、催淫(!)、子宮強壮、細胞再生、ホルモンバランス作用があります。女性の心と体、とお肌(小皺に悩む方に) にとってありがたい働きばかり。

鼻の嗅上皮の粘膜に溶けた匂いの物質は、嗅細胞を興奮させ、嗅神経を介して電気的インパルスとなり大脳に届きます。

そして、知的な解釈を行う大脳新皮質より先に旧脳と呼ばれる大脳辺縁系に達し、古い記憶や本能のエリアにリンクしてその匂いにまつわる感情を呼び起こします。

その後、大脳新皮質で「この香りは~という名前の香りだ」と解釈するとともに、視床下部で生理反応を起こします。

街角で好きだった人の香水を嗅いだとき、あなたの心と体に何が起こりますか?まず思い出がフラッシュバックしてきて、脈拍や涙腺に変化がありますよね?同時に、あぁ、あれはカルバンクラインの香水だったなぁとか思い出したり。

1ml 何千円という世界ですが、精油を1本だけあげると言われたら、私はまずネロリを選びます。

7才の少女の頃にポーンとタイムスリップできるから。

人生は輝きに満ちていると信じていたあの日に戻れるから。

| | コメント (5)

2006年2月16日 (木)

甘露は塩で引き立つ

Cbs

母が小豆を煮るとき、味付けの締めくくりはひとつまみのお塩

たくさん汗をかいた夏の夕方、父は指の腹で塩をまぶして西瓜を食べる。

それもこれも甘さを引き立てるため。甘露をもっと甘露たらしめるのは塩の役目だ。

陰陽五行説では、陰陽二つの性、木火土金水という五行から万物が成り立っていると考える。味覚も酸味(木)、苦味(火)、甘味(土)、辛味(金)、塩味(水)の五味に分類される。

1月31日付けの苺の記事にも書いたけど、新鮮な果物や野菜をよく味わってみると、五味がオーケストラのように踊っていることがある。

甘いなら甘いだけ。塩辛いなら塩辛いだけ、という料理は平板で味気ない。

美味しいなぁと感動した一皿のお料理を味覚の拡大鏡で見てみると、五味が相生し、相克する様子が伺えるはず。

ちなみに塩味(水)と甘味(土)の組み合わせは、甘味が塩味を抑える相克の関係。ちょうど土が水を堰きとめるシーンが目に浮かぶ。

フランスの北海沿岸の地方、ブルターニュの特産品に、フルール・ド・セル(天然の海塩)の入ったバターがある。その有塩バターを使ったキャラメル(C.B.S) (上の写真)を考案したのがブルターニュのショコラティエ、アンリ・ルルー氏。

甘さの中に海水の塩味、苦味、エグみを含んだ味わい。これは子供にはわかるまいという複雑なおいしさ!

最近いろんなところで、塩+キャラメルを使ったお菓子が出てるけど、源流を辿るとルルーさんに行き着く。キャラメルアイスに塩がかかっていたり、伊勢丹新宿店や表参道ヒルズにお店があるジャン・ポール・エヴァンでは塩味キャラメル風味板チョコも人気。モリナガの小枝にも塩バターキャラメル味があるね。

残念ながらアンリ・ルルーさんの塩バターキャラメルは毎年1月末に伊勢丹(新宿店ほか)で開催されるチョコレートの祭典、サロン・ド・ショコラでしか今のところ買えない(?)みたい。

でも、今やブルターニュから飛び出した感のある塩バターキャラメルだから、そこここで見つけることができるはず。

Caramelcafe2_1同じくブルターニュ名物、蕎麦粉のクレープのお店、カフェ クレープリー ル ブルターニュ で販売している塩バターキャラメルはブルターニュ風のパッケージもかわいいのでお勧め!

こちらのお店には塩バターキャラメルのクレープ、塩バターキャラメルリキュール入りのコーヒー(左写真)も。

ミーハーで、食いしん坊で、恐縮です (´ヘ`;)

| | コメント (5)

2006年2月14日 (火)

2.14 愛のスコールが降るでしょう

All I need is Love, Love, Love.... by John Lennon

「愛は宇宙の基本法なんだ」 from 『アミ小さな宇宙人』エンリケ バリオス著 徳間書店

ヴァレンタインの今日、山羊座にある愛の星、金星が、蠍座にある拡大と恩寵の星、木星とがきっかりとスムーズなアスペクト(60度)を取ります。Fountain

まさしく地球に愛が舞い降りてくる一日になりそうですね!

ヴァレンタイン前日の13日、お月様は獅子座で満月になりました。獅子座は創造と表現の星座です。誇り高いライオンキングのように堂々と表現し、賞賛を浴びる存在。惑星の活動のステージを表す12ハウスの中で、獅子座は第5ハウスと関連しています。第5ハウスは恋愛、趣味、子供など自らの手で生み出すものを象徴するところ。

13日の満月では、人々が内側に秘めていた愛を躊躇せず、創造的に表現したいという思いがピークに達したといえるでしょう。

さらに、14日、水瓶座 (社会志向的、理想主義的) にある太陽 (個人の意思の星) が、射手座 (発展的、楽観的)にある冥王星 (破壊と再生の星) ともスムーズなアスペクトを取っています。これは理想を元に思い切った展開が生み出され、新機軸が打ち出されることを表しています。

Caffarel_1 ヴァレンタインは男女間の愛を育む日、特に日本ではチョコレートの日になっていますが(実際、私も ayasama おススメの Caffarel のチョコ (トリノ生まれ!) を食べながらこれを書いてますが。。。)、是非、これをお読みになった皆さんは、今日一日、目が合った全ての人に愛の贈り物をしてほしいのです。あなたの立っている場所から心地よいバイブレーションが波紋のように周囲へ広がっていくはずだから。

愛とは何か・・・突き詰めて定義しようとすると哲学の話になりますし、仏教では愛欲(エッチ欲だけじゃないですよ) を煩悩の一つとして戒めていたりするので、頭がこんがらがってきますよね。

でも、超シンプルに、「あなたがいてくれて私は幸せです。こんなに助けられています。」と表現するだけでもいいのではないでしょうか。毎日一緒の両親や夫、妻には恥ずかしくてそんなこと言えないよ~という人は、愛情こめてアイコンタクトしましょう。愛コンタクト(☆∀☆)

たとえ嫌いな人にも、電車の中で袖振り合うのも他生の縁の人にでも、今日だけはハートからピンク色の暖かいものを相手にぼよよ~んとあげる気持ちで、いっちょうおながいします |‘ω‘ )ノ

| | コメント (6)

2006年2月12日 (日)

ミーハー懺悔☆表参道ヒルズOpen

昨日オープンした表参道ヒルズに行ってまいりました。

Omotehills8_1こういう商業スポットのオープン初日に行ったことってできれば隠しておきたい。。

「混んでる初日に行くなんてご苦労様だねぇ」とか、「オープン前の内覧会に行くのが通よ 」とかいろいろ言われるんじゃないかなって。(実は木曜日の夜に前を通ったんだけど内覧会のチケットを持ってなかったので、指をくわえて外から見るだけで我慢した)

でも全然気にしないの!だって私ミーハーだから! 盆踊りの太鼓が鳴ったら我慢できずに通りに飛び出す子供だったし。

中学生の頃、外タレの追っかけの真似事をした頃に養った瞬発力が、有名人遭遇の緊急時に役立つ (ササっとさりげなく握手してもらったり、お話ができる)。

昨日表参道ヒルズに着いたときはもう19時半くらいだったから昼間の喧騒は収まっていたようだけど、それでもご同類がウジャラウジャラ。

地上3階、地下3階、真ん中が吹き抜けになっている。できればエレベーターでまず3階に上がり、上から見ていくことをおススメする。周りの通路が緩やかな勾配のあるスパイラルスロープになっているんだけど、これは表参道の道にもともとあった傾斜を再現したものだって。

スロープをゆるゆると降りて行くと、神社の出店を見ながらそぞろ歩きしている気分になる。

六本木ヒルズよりも、あ、ここゆっくり見たい!っていうお店がずらり。デパートでおなじみのブランドは意外と少なく、セレクトショップとか、ほかにあまり見ないお店や有名ブランドであっても新しい展開をしているお店とか。

気になったのは、Paris のビジューを扱っているSATELLITE。天然石をいっぱい使ったアクセサリーに目を奪われる。

Omotehills1_2 路面店の martinique Le Conte  (左の写真) はメルローズがやっているセレクトショップで、 仏領のマルティニーク島をイメージしたお洋服がたくさん。ギャザーがたくさん入った白いシャツはシルクと綿のうすーい素材で、暑い日差しの下パラソルさした優雅な女性が思い浮かぶ。「マルティニークの少年っていう映画を昔観たなぁ。

食べもの系では、ダイヤモンド取引の街、ベルギー・アントワープからやってきた DEL REY Cafe & Chocolatier

こちらのカフェではフルーツを目の前でフランベしたソースを使ったデザートが楽しめる(らしい)。ヴァレンタインチョコをちょっとだけ購入して早速吟味。真っ赤なハートの中に本物のパッションフルーツジュレが入っていて美味。最近のヴァレンタインはすっかり女性が新種のチョコを楽しむシーズンになってるね。

寒いときこそアイス!食べたいという方は、GELATERIA BAR naturalBeat へ。整理券を配るくらい混んでたので今回は泣く泣く・゚・(ノ∀`)・゚・。あきらめたけど、次回はスイートヨーグルト(アイス)苺のバルサミコマリネと共に にトライしようと決意。チラシを配ってたオーナーさんらしき品の良い男性が、店内混んでるのに余裕の笑顔を振りまいていたのも好印象。

Trattoria & Pizzeria ZAZZA (ナポリ料理)ではオーナーのサルヴァトーレ クォモさんがインタビューを受けていた。広尾のお店には昔行ったことある。彼は若いのにここまでお店を広げてすごいよね。ナポリの男性はイタリアの中でも特に開放的で魅力的。旅行中に私に声かけてくれたのはナポリから来たっていう人が多かったな。

Omotehills5_1 ここにあの同潤会アパートが建っていたのかぁと感慨深い。古ぼけたアパートとケヤキの木陰の組み合わせが好きで、昔よくこの前をお散歩していた。

建て壊された後はこの前を通るとなんとなく空白感があったけど、アパートの外壁の一部を再現した建物(右写真)もあり、なつかしい気持ちになる。

貪欲な消費エネルギーを発揮したあとはこの建物の前に佇んでみてね!

| | コメント (7)

2006年2月10日 (金)

As Above, So Below

As Above, So Below (上の如く 下も然り)

西洋占星術の最初の授業で、私の師匠のryu先生 がホワイトボードに書かれた言葉だ。Lesson_1

上=宇宙=マクロコスモスの出来事が、下=地上=ミクロコスモスの出来事に反映されるという考え。遡れば古代エジプトに行き着く思想で、卑金から金を作ろうと無謀なことをやった錬金術師たちの思想の根幹にもなっている。

星々の動きから政ごとの兆しを解読し、人の一生のドラマの傾向を読む占星術もこの考えを基本にしている。

あなたが生まれた瞬間の宇宙の様子はあなたの人生の青写真そのもの。

太陽や月、火星や金星などの星たちがどの辺にあったか。東と西の地平線、中天、地球の反対側にどんな星座があったか。星と星の角度はどんなだったか。

どんな性格でどんな体型で(!)、どんな才能があり、どんな使命に向かって生きていくか。どのような両親や兄弟がいて、いつの時点でどのような人や出来事に出会うか。

それが全てギュっと濃縮され、あなたが産声を上げた部屋から見えていた空にシンボルとして映し出されていたのだ。そう考えるととてもロマンチックじゃない?

では同じ産院で同じ時間で生まれた人はみんな同じ人生を送るの?と当然疑問が生まれる。

青写真は象徴でしかない。自由意志というスパイスを元にその人自身が色づけしていく側面もある。占星術は預言書ではないから、こういう出来事が起きるかもといっても、音楽のようにピアニシモで現れるか、フォルテシモで現れるかのバリエーションがあるし、そのときのステージによってどのように現れるかも一人一人異なっている。

あなたは自分のことをとってもちっぽけで取るに足らない存在と考えているかもしれないけど、生まれた瞬間の宇宙と密接につながっている。今だってその宇宙とひっきりなしに交流している。暖かい羊水に泳いでいたあなたがお母さんの陣痛とともに生み出されたとき、初めて自力で呼吸した地上の空気。その苦しさ、心細い気持ちに、その瞬間の宇宙は寄り添っていてくれた。今のあなたの苦しさにだって時を越えて手を差し伸べているはず。

しんどいときは生まれた瞬間の宇宙の空とお話してみて。何か手がかりをくれるはずだから。ただし明確な意図をもって語りかけないと、答えは帰ってこないかもしれない。

宇宙が語る言葉はとってもシンプルだから、その言葉を理解するには翻訳が必要になってくる。

あなたのマクロコスモスとお話したくなったら、お近くの占星術師の門を叩いて。ドンドンって。(あら、こんなに近くに誰かいるね!)

P.S. 師匠のryu先生はミュージシャンでもあります。音楽と占星術を語る伊豆のラジオ番組でDJ兼アーチストとしても活動されています。

深くて暖かい声と熱いハートの持ち主です。私と誕生日が1日違いというのもご縁を感じます。

| | コメント (2)

2006年2月 8日 (水)

キイトスカフェにて本に埋もれる

お日様が背中をポカポカ押してくれる、そんな日のサボタージュに・・・Kiitos2_1

ゆきぱくちゃん のオススメ、神楽坂のキイトスカフェ に行ってまいりました。

牛込神楽坂駅からほど近い坂の途中のビル2F。窓が大きくて日差しがたくさん入りそうだから、ずる休みしたときはここに来ようとほくそ笑む。

店内にはギャラリーのように本がディスプレイされ、本棚に書籍やDVDがぎっしり。ストーブの青い炎が昼間の緊張を緩めてくれる。

そう、ここはおいしい珈琲とおいしいお食事が楽しめる、今時珍しい貸本カフェ♪

Kiitos1_2 会員登録すれば無料で本やDVD、CDをお借りして持って帰れる (本は10日間、その他のメディアは1週間)。

古本屋さんカフェとか半蔵門のライブラリーカフェArgo などは行ったことあったけど、店内閲覧のみ。気に入った本はおうちでゆっくり読み返したいという方はキイトスカフェへ。

私の会員番号は704番。「借りっぱなしで返さない人いるんじゃないですか?」と伺うと、今までたった1人だけだって。1/704 ! 世知辛い世の中でこれは奇跡的なパーセンテージかもしれない。店主さんの「文化は公共財」と捉えるオープンマインドがお客さんにも伝わり、信頼を信用でお返ししたくなるからだろう。店名の由来はフィンランド語で「ありがとう」を意味するKiitosだって。

店主オススメトップ10のDVDに、バーブラ・ストライサンドとロバートレットフォードの追憶 (1973年アメリカ) があり、ちょっとうれしくなった。「そんな古い映画知ってる人少ないよ」と驚かれたが、学生時代ニューヨークに滞在したときの思い出が詰まっている。手塚治虫の『ブッダ』や『ブラックジャック』など昔はまったなつかしい漫画も発見。

一緒に行ったRieちゃんは、村上春樹の大ファン。最近路線が変わりつつあるという彼の新作、『東京奇譚集』(新潮社) を手に取っていた。

さりげなく同じカテゴリーの本が一箇所にまとめられているのもありがたい。私が座ったテーブルの下には、版画家の山本容子さんの本が数冊積み上げられていた。

幼い頃住んでいた街に貸本バス!が巡回して来て、ワクワク・ドキドキをくれた。次は何を借りよう? 絵本? 冒険小説?伝記?それとも漫画?紙とインクの海に溺れる快感はあのとき覚えたのか。

そういえばあの貸し本バスの運転手さんはキイトスの店主さんに面影が似ていたような・・・

ぴりりと辛いドライカレー、お粥などの軽食は食後のお飲み物がついて900円。手作りの暖かさと本格的な味でおいしかった。Kiitos3

商談、勉強会、小集会、音楽会 etc. 文化スペースとしても開放されている。出版社の多い場所柄か、隣のテーブルでは編集ウーマンさんたちが打ち合わせしていた。

今日は一目ぼれしたこの本をお借りした↓ 帯には、「ラブレターは死んでも書くな」だって!そこで冷や汗(;・∀・)かいてるのはだ~れ?

| | コメント (6)

2006年2月 7日 (火)

Amazing Song!

Amazing Grace! How sweet the sound... ♪

今日のヴォイストレーニングのレッスンで、T先生が新しい曲をくれた。Chiara_1

あまりにも有名な Amazing Grace

賛美歌やゴスペルの定番だから耳にしたことがある人も多いはず。最近では故・本田美奈子さんの美声が多くの人の胸を打った。

レッスンを始めて最初に歌った、映画 歓びを歌にのせて の主題歌が「自我の目覚め」だとすると、このAmazing Grace は全てと溶け合う「歓喜」のように私には感じられた。

何ともいいようのない心地よさが胸に広がり、高音を出すたびに眉間が震える。信仰は持たない私だけど、この場に導いてくれた何かの存在(何かいる?まさかね?) とこの曲に引き会わせてくださった先生へのありがたい思いに涙(TдT)。

"How sweet the sound" のSWEET が深くってとっても好きという先生も少し涙ぐんでらした。

この曲は子宮で歌える女性にこそ歌ってほしいとのこと。

命をはぐくみ、毎月体内で小さな生と死を繰り返している女性だから、この海よりも深い愛を表現できるのかな?

Amazing Grace はもともと作者は不詳なんだけど、作曲者は John Newton というイギリス人。黒人霊歌じゃなかったんですね。Johnさんは奴隷貿易の船長をした後、船の嵐で奇跡的に助かった経験から、聖職者になったと伝えられている。

that saved a wretch like me (私のような浅ましい者も救ってくださる) というフレーズから彼の贖罪と、信仰への熱い高揚感が感じられる。くわしくはこちらへ

親鸞の歎異抄に「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」というフレーズがあるけど、それと通じるところがあるかもしれない。高校のときにこれを習ったときは、「善人さえ往生するんだから、悪人だって当然往生だよね~」という親鸞の思想に異議を唱えたものだった。

善も悪もすべて取り込む壮大な愛。Amazing Grace! (何という素晴らしい恵み!)

どこかにそれがあるんだろう。もしかしたら私たち一人ひとりの魂の中に?

この歌を歌うことでほんの一瞬それにアクセスできた気がした。

P.S. 写真はイタリア・アッシジの聖ダミアン教会のステンドグラス。聖フランチェスコの女弟子、キアラが Sister Moon とともに描かれています。彼女は信仰に生涯を捧げた人。

Amazing Grace の中にいるような恍惚の表情をしていますね。

| | コメント (3)

2006年2月 5日 (日)

徒然なるままに-ブログの効用

つれづれなるままに、日ぐらしすずりにむかひて、こころにうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。 『徒然草』 吉田兼好

ブログって現代の徒然草だよね。   Bank

「すずりにむかいて」というところを、「ブログのエディターを立ち上げ」にすると、ぴったりでしょ。

まぁ、ブログは日常の空いた時間にササっと簡単に書けるから、「日ぐらしすずりに向かう」ではないけど。

兼好さんもこんな便利なツールがあったら、漂泊の思いやまず巡った津々浦々の景色をデジカメに収め、旅籠屋で三里に灸をすえつつ徒然草をアップしていただろう。

私の場合、書いているうちに「あやしうこそものぐるほしけれ」 とはならず、(まぁ兼好さんほどに深く物事を考えてないからだけど)、ブログを書くと出るものが出たみたいにすっきりする。

生まれてこのかた無意識に貯めていたものが、やっと出て行ける場所ができたという感じ。

このブログセラピーはぜひ老若男女の皆様にお試しいただきたい。

自慢じゃないけど、紙の日記帳は今まで三日坊主の域を脱したことがない。ペンを動かすのはメンドクサイし、ファイリングが得意じゃないっていうのもあるけど。

ブログの利便性と匿名性、超私的な猥雑性を許容する空気が肌に合ってるんだと思う。

不特定多数の方に読んでいただくのを想定しているから、キーボードに打ち込む瞬間に、剥き出しの素材がある程度フィルタリングされるのが、心と頭の整理にも役立っている。

この清浄化プロセスが機能せず、モロ腐臭を放ってきたらぜひコメントに書いてください。「ちょっと自重しなさい」って。

「そう言えば、徒然草もう一回読み返してみたい」という方はこちらのサイトがオススメ 。徒然草の普遍性を感じさせる面白い訳です。各段の裏話も解説してあります。36段、113段にドキドキ冷や冷や!

超現代語訳 ツレヅレ草-ツレヅレコントロール

写真は鎌倉・由比ガ浜にあるカフェ・バー THE BANK

その名前のとおり、昔は銀行だったというレトロな建物。狭いけど、内装も当時のまま残っているのが和める。銀行の受付カウンターが今はバーカウンターになっている。

ここで鎌倉観光に疲れた足を休め徒然なるままに思いを馳せるとあなたもブログを始めたくなるかも!

| | コメント (7)

2006年2月 4日 (土)

パワーストーンも日向ぼっこ

春の初日の日差しがまぶしい。今日はお布団干し日和。

お掃除している間、Stones_1 ついでにパワーストーンも日向ぼっこ。

ひとつひとつ思い出のある石たち- -あるものは今は遠く離れた大切な友人から、あるものは旅先で自然と手が伸びて・・・

パワーストーンはたまにお水で流してきれいにしたり、こうやってお日さまや満月の光にあててパワーチャージしてあげると喜ぶ。クリアクォーツなどは太陽光が、日光に弱いアメジスト、ローズクォーツ、フローライト、パール(割れちゃうかも)は月光で。写真の鎖付きのダウジングもできるペンダントトップはアメジストだし、右手前のピンクはフローライトだから本来は月光が好きなんだけど、午前中のちょっとの時間ならいいでしょ。だってこんなに良いお天気なんだもの。

真ん中のエッグ型の石はセレスタイト(天青石)。『癒しの石』(畑澤裕子訳、濱田葉子日本語版監修/産調出版)によると、セレスタイトは、「自信を深めて楽天的に」してくれるそう。これを旅先で買ったとき、"This stone helps you to connect to YOUR Angel."と言われた。MY Angel ・・・守護天使ということだけど、みんながそれぞれ持っている楽天的なエッセンスと考えると納得できる。光に当てると吸い込まれそうなスモキーブルー。

太陽光には強い殺菌力のある紫外線が多く含まれる。天日干しにした椎茸や魚は旨みをぎゅーっと凝縮する。また、食物から摂取したカルシウムを体内でビタミンDに変え骨を強くしてくれる。日照時間の短い北欧の国々では、冬の間、季節性うつ病になる人も多いと聞く。北風と太陽のお話のように、心の鎧コートも脱がしてくれる太陽。

ベランダに干したお布団の上に寄りかかり、お日さまの香りを嗅ぐ。ちょっと鉄っぽくて、力強い香り。そのままウトウトしそうになりハッとする。

振り返ると石たちも、ハっとしてた。「寝ちゃってたよ~(;・∀・)」って。

P.S. 『癒しの石』は私が昔お世話になった豊泉真知子さん (ドイツの精油 TAOASIS の日本総代理店)がコーディネートされた本です。パワーストーンに興味が出てきた方が最初に手に取るのに最適です。石の心身への効能と手入れ法が美しい写真とともに説明されています。

| | コメント (0)

2006年2月 3日 (金)

節分に鬼を食べる

明日は春が立つ日。

その前日の今日、2月3日は節分です。

節分とは季節の変わり目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことだそうです。

現代では立春の前日が主に節分と呼ばれています。Setsubun

寒くて代謝が衰える冬は心身に毒素が溜まりやすいそうです。春を迎える前に、Clean UP しましょうという日ですね。

私は毎年節分に、東京・赤坂の塩野という和菓子屋さんの福豆を購入します。

見て見て! かわいいピンクの鬼さんと美白の女王のおたふくさんの干菓子が入ってるでしょ!

豆まきのときは鬼は外!と追い払うけど、これを食べるたび、自分の中の鬼の存在に気づき、いっそ食べて取り込んでしまおうという気になります。

(写真下の方のソラマメのきな粉がけもおいしいよ!)

占星術で冥王星は死と再生の星と言われているけど、これはいわば、陰陽、プラスとマイナスを境目なく同時に吸収していく発想につながります。

陰陽のマークは陰と陽がつながっているけど、こういう一元論的な世界観はどちらかというと東洋的発想ですよね。

Western Society では、プラスとマイナスを明確に区別する二元論的世界観に基づいています。

ビジネスの世界ではこの二元論的考えがしっくりくるのだけど、あなたの心の中はそうじゃないはず。これはこれ、それはそれという風に整理することが難しいことも多いと思います。

そういうときは、さあ、鬼を食べちゃいましょ!

そして、フキノトウの芽が雪の下ですくすく育っていることをイメージし、春の訪れを肌で感じていきましょう。

そういえば、クリスマスイブから逆行していた金星が本日順行に戻ります。ちょっと内にこもっていたあなたの愛情表現ももっとスムーズに出していくことができるでしょう。

金星が支配する牡牛座、天秤座の方々、この1ヶ月ちょっとの間、12星座の中では特にもどかしい思いをしたことも多かったでしょう。今夜は一息ついてくださいね゚・*:.。. .。.:*・゜

| | コメント (4)

2006年2月 1日 (水)

オーラのある人~Tea for ONE

「オーラのある人」って、どんな人?Teafor1

少しばかり前によく使われていた表現だけど、今一つ定義がはっきりしない。平たく言えば、雰囲気のある人なんだろうけど、これぞという人にはなかなかお目にかからなかった。

今日会社の帰りに途中下車して表参道駅のEchika に立ち寄った。 まるで市場のような Marche de Metro で一人でお茶していると・・・いた!! 向かいのテーブルにオーラのある人!

50才くらいのふっつーのおじ様なんです。でもねぇ、ピーンとユニコーンの角みたいなアンテナを立てて、ビシバシ存在感を拡散していた。別に好みのタイプというわけじゃないのに、ついついその人の方を見ちゃうの。

2対2でお仕事の打ち合わせ中。テーブルに図面らしきものが広げてあったから、設計事務所とクライアントとの商談かなぁ。そのおじ様は設計士さんか、現場を良く知る営業さんのような雰囲気。

コートも脱がず、襟巻き(マフラーではない)をコートの中に巻き込み、中腰にならんばかりに商談に熱中している。時折ペンを忙しく走らせ、時には目を宙に泳がせ、理想の仕事のビジョンを何とか形にしようとしているように見えた。そう、仕事に対する誠意と熱意が内側から溢れている。その流れが私の席まで染み出してきて、ユルリと私の周り囲んだ。この年代の男性に言う言葉として適切ではない気もするけど、「美しさ」を感じました。

「一生懸命頑張ります」 口で言うのはたやすい。上っ面をかするような合格ラインの仕事はできるだろう。

有言実行で全身全霊をかけて取り組めば、あなたの中の創造のエネルギーの扉が開き、ユニコーンの角からオーラを周囲に拡散できる? かも。

Maron_1 おじ様のオーラを心地よく感じながら帰宅。Marche de Metro  内のパン屋さん、Jean François で渋皮栗のマロングラッセとチョコレートのパンをお持ち帰りしました。Tea for 1 (上の写真) のカップにお茶をなみなみと注ぎ、ホコホコした栗と苦味のあるチョコとの組み合わせにウットリ。このティーセットはポットの下にマグカップが重ねられるの。独りの時間を大切にしたい方にお勧めです。

| | コメント (5)

五感と孤独感

五感と言えば、視覚、味覚、触覚、嗅覚、聴覚。第六感は五感を超えたインスピレーション。

あともう1つ、孤独を感じる知覚ということで、「孤独感」Chair_assigi も入れたい。

孤独だ、淋しいっていうのも五感と同じで、感じようとしなければ、そこに存在しなくなるのではないだろうか?

そう思い込んで、坂本九ちゃんの「上を向いて歩こう」を歌いながら独りぼっちの夜の苦しさを紛らわそうとしたこともある。

人間はもともと社会的な動物だから、いつも誰かとつながっていないと不安って言う人も多い。

だけど、誰とも会わない静かな夜、思い切って心の空(クウ)を覗き込むのもいいかもしれない。そこに広がる空漠たる穴は私だけのもの。ほかの誰かやほかの何かでその穴を埋めるんではなく、自分自身で満たしていきたいと思う。

孤独感の感度を上げること。それが今の私の課題。

| | コメント (2)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »