« 和栗(゚Д゚ )ウマー | トップページ | 歓びを歌にのせて その1 »

2006年1月16日 (月)

満月から一夜明け

2006年最初の満月から一晩明けた、15日早朝の西の空です。

Fullmoon0615 今回の満月は蟹座で起こりました。蟹座は月が支配している星座ですので、お月様は自分のホームグラウンドでお満ちになったというところでしょうか。

月が満ちると書いて満月。新月に立てた願いに満月で結果が出ると考えると、特に蟹座の方々は過去1ヶ月に取り組んでいたプロジェクトに関して、何らかの決着が着いたかもしれませんね。

蟹座は母性的な愛情、感情、家庭などを象徴します。蟹が堅い甲羅で自分を守っているところから、保護や内側に溜め込むという意味もあります。お子さんへの接し方を見直すなど、家族の問題を再考するには良いチャンスだったかもしれませんね。お部屋の中に溜め込んだものをどうにかしたい!と大掃除を始めた人もいるかもしれません。

満月が起こるときはその180度反対に太陽がいるのですが、今回の満月のときは山羊座の太陽とほぼ同じ度数に金星が逆行して戻って来ていました。満月と太陽金星がお互い向かい合っている状態です。太陽から5度以内の惑星の働きは、太陽の光に焼かれて弱まるとされますから、金星に象徴される事柄はあまり良い状態ではないです。金星は月とは違ってもっと五感を伴う愛情を表わします。ハグしたり撫で撫でしたり握手したり・・・スキンシップも伴います。

今回の満月からは家族や恋人や友達を大切に保護したいけど、何か躊躇するところがあって、愛情を表現できない、表現できたとしても稚拙になってしまうジレンマが連想されます。

各ご家庭でさまざまなドラマを繰り広げたであろう満月は、一夜明けて熱気をさますようにクールな輝きを帯びていました。

Fujisan_1 ちなみに同じときに撮った富士山。真っ白でした。しばらく雪がない!って騒がれてたのにね~

|

« 和栗(゚Д゚ )ウマー | トップページ | 歓びを歌にのせて その1 »

コメント

早朝の満月&富士山、スゴイ!絶景ですね。

いつもは夜空を神秘に輝かせているのに、今月は冷たい雨に身をひそめていた満月さん、よくぞフォーカスして下さいました。Fionaさんのおかげで見逃さずにすみました。

15日の「和栗」のモンブランからFionaさんの人生が・・・
黄色いカツラ→ときは流れ東京暮らし→さらに時は流れ、ニューオータニ「SATUKI]
無垢な金星が時の流れと共に洗練された味覚に成長されていく流れ?

スゥイーツは心を豊かにしてくれますよねぇ。
あの一口目を舌に乗せた瞬間のたまらない幸福感・・・ウーン、モンブラン食べた~い。。。

投稿: Akiko | 2006年1月17日 (火) 18時03分

Akikoさん、またまたコメントありがとう!
無垢な金星って私のこと??勝手にうれしく思ってます。
明日行くCafeにモンブランがあることを祈りつつ・・・
西に沈む早朝の満月もなかなかでしょ!

投稿: Fiona | 2006年1月18日 (水) 01時12分

この記事へのコメントは終了しました。

« 和栗(゚Д゚ )ウマー | トップページ | 歓びを歌にのせて その1 »